SDカード/USBメモリのフォーマットは『exFAT』がお勧め。ファイルシステムのお話し

執筆: UZUREA編集部 アイコン UZUREA編集部

この記事をSNSでシェア

今回はフラッシュメモリのフォーマットについて少し解説いたします。

フラッシュメモリのフォーマットはexFATで

2016年8月現在、主なフラッシュメモリ…USBメモリやSDカード、MicroSDカードなどの容量は4GB~256GBと大容量なものが中心となっています。

基本的には出荷時には各メーカーから、それぞれのフラッシュメモリに最適なフォーマットがなされている場合が多いですが、利用さうる機器や端末の仕様などの要因によりフォーマットをする事もあるでしょう。

次の表は、フラッシュメモリを含めた記録媒体で使われるフォーマットの種類と特徴です。

規格 ファイルのサイズ上限 容量の上限 Win Mac Android
FAT(FAT16) 2GB 2GB ×
FAT32 4GB 2TB
NTFS なし 256TB ×
HFS+
(MacOS 拡張ジャーナリング)
8EB(※1) 8EB(*1) ×
exFAT なし 16EB(*1) ○(※2)

※1:エクスビバイト。2 の60 乗バイト(100 万TB)。現時点では実用上無制限と考えてよいかと。
※2:Android端末向けにmicroSDをフォーマットする場合、最新の機種とOSであればexFATに対応しているようです。お手持ちの端末が「SDXCカードに対応」しているかどうかが一つの目安になるでしょう。SDXC非対応(=下位の規格”SDHC対応”という表記の場合)の端末も依然多く流通している為、機器のスペックの確認が出来ない場合や動作確認が手間な場合はFAT32を選択した方がよいかもしれません。

「FAT(FAT16)」ですが、かなり以前(MS-DOS 時代)のフォーマットで、今更利用することは考えられません。

「FAT32」は、一時期までフォーマットの主流でしたが、大容量USBメモリの登場で、今後は使われる機会が減っていくでしょう。その理由のひとつとしては、1ファイルのサイズ上限が4GBまでなので、それ以上の容量のファイルをコピーしようとすると、フラッシュメモリに十分な空き容量があっても保存ができません。
例えばWindows 7では、次の図のようなエラーメーッセージが表示されます。

FAT32での大容量ファイル転送 Win7エラー

「NTFS」はMicrosoft、「HFS+」はApple が、それぞれのOS のために策定したフォーマットです。それぞれ特性がありNGという訳ではないですが、WindowsとMacの両環境で使う事を考えると(お互いに読み書がまったくできない訳ではありませんが)、USBなどの外部ストレージではやや不便や面倒が伴う事があります。

以上の点を考慮し、大容量のUSB、SD、MicroSDとしったフラッシュメモリを便利に活用できる最適のフォーマット形式としては「exFAT」をお勧めいたします。

PCでフラッシュメモリをフォーマットする際の注意点

注意点1 NTFS でフォーマットをすると…

Windows でフラッシュメモリをフォーマットするとき、FAT32 またはexFAT がデフォルトになっていますが、オプションを変更してNTFS でフォーマットしてしまうと、他のOS(Mac やAndroid)で認識されなくなったり、データの取り回しに不便が発生する場合があります。

Windowsでのフォーマットについて

Windowsだけで使用する…と割り切るならOKですが、そうでなければご注意を。

注意点2 Windows XP……

もう現在はほとんど利用者はいないでしょうがWindows XP で64GB 以上のフラッシュメモリを利用する場合は注意しましょう。

Windows XP は、exFAT には対応していません。exFAT でフォーマットされているフラッシュメモリを読み込もうとすると、次のようなメッセージが表示されて、FAT32 でフォーマットすることを促されます。万一、Windows XP の誘導に従ってUSB メモリをフォーマット(=初期化)してしまうと、当然内部のデータを失うことになります。

Windows XP読み込みエラー

※補足:Windows XP で64GB 以上のUSB メモリを利用できるようにするには、Windows Update 「KB955704」が必要です。

注意点3 MacOSでのフォーマット

Mac でメモリをフォーマットしようとするときHFS+ (MacOS 拡張ジャーナリング)がデフォルトになるので、注意が必要です。そのままフォーマットしてしまうと、他のOS(Windows やAndroid)で認識されなくなります。

MacOSでのフォーマット時にも、フォーマット形式を選択できるので、この場合もexFATをお勧めいたします。

スポンサーリンク
記載内容につきまして

掲載記事に関しまして

当サイトの掲載記事は、UZUREA.NETスタッフやパートナーライターの主観によって執筆しています。内容については、実際の事象やスペック、用途と異なる場合がございます。
また記載する製品やサービスの内容が正式スペックや保証範囲の適用外となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をSNSでシェア