HEIF(.heic)ファイルとは? 開き方、変換方法を解説

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

/ 更新:

iOSの端末(iPhone/iPadなど)のカメラで撮影した写真を、パソコンに保存すると、HEIF(または.HEIC)というファイル形式で開けない事があります。

このHEIF(.HEIC)ファイルは、Adobe Photoshopなどの主要画像編集アプリケーションでも開けず、グラフィックデザイナーや本職のカメラマンでも扱いに困る場合があります。

そこでこの記事では、このHEIF(.HEIC)ファイルをできる変換する方法や、閲覧できるようにする方法フリーソフトアプリを中心にご紹介します。

HEIF/HEICファイルとは? 基本情報と読み方

HEIFはHigh Efficiency Image Formatの略。 .heicはHEIFファイルの=拡張子のひとつです。 いずれもMPEG(Moving Picture Experts Group)が策定した画像形式で、ISO/IEC 23008-12で定義されています(詳細 外部リンク)。

読み方を調べてみると、HEIFが『ヒーフ(大多数)』『ヘイフ(希少)』、HEICは『ヘイク』が多いようです。 もちろんそのまま『エイチ・イー・アイ・エフ』、『エイチ・イー・アイ・シー』と読むのも間違いではないでしょう。

なお関連する動画形式にHEVC(High Efficiency Video Coding)というものも存在しますが、こちらはそのまま『エイチ・イー・ブイ・シー』だそうです。

iOS端末ではiOS 11からこの形式に対応し、標準カメラアプリで撮影した写真などがこのHEIFファイルで保存される設定になります。

従来のJPEGと比べ、半分程度のファイル容量でデータを保存できるというメリットがあります。 反面、Windows10などでも基本機能ではこのファイルに対応しておらず、代表的な画像編集ソフト……Adobe PhotoSopなどでも開けないと、ファイルを取り扱う環境としての対応状況はイマイチ……という状況です(2021年10月現在)。

また、iOS 11以前の端末ではやはりこのHEIF/HEICファイルは開けず、MacでもOS 10.13(High Sierra)より前のバージョンでは開く事ができません。

iOSカメラの保存データ形式をJPEGにする方法

下記の手順でiPhoneのカメラアプリで撮影した写真データを扱いやすいJPEGに変更する事ができます。

【設定】 > 【カメラ】 > 【フォーマット】 > 【互換性優先】 と選択。(逆に【高効率】にするとHEICファイルになる)

【設定】 > 【カメラ】 > 【フォーマット】 > 【互換性優先】 と選択する事で写真はJPEGファイルで保存される。
1枚目~2枚目の時間が大幅に違う点には気にしないでほしい、いろいろあったのです……
【設定】 > 【カメラ】 > 【フォーマット】 > 【互換性優先】 と設定する事で写真はJPEGファイルで保存される

※この設定変更をした後に撮影した写真はJPEGで保存されますが、すでに撮影済みの過去の写真データは変換されません

iOSから写真をパソコンに移す時に自動変換する方法

【設定】 > 【写真】 > MACまたはPCに転送の項目を 【自動】とする事で、iTunesなどでのデータ転送時に自動的にJPEGファイルに変換されます。

【設定】 > 【写真】 > MACまたはPCに転送の項目を 【自動】にする

ただし、Lightning⇔USBケーブルなどで接続し、iPhoneのフォルダを直接参照して写真を取得する場合は、変換されません。

HEIF/HEICファイルをパソコンで変換する方法3選

ファイルの形式や技術情報といった細かい事は置いておいて、いまはとにかくファイルを変換して開きたい! という場合は下記の方法をお試しください。

Webサービス『HEIC変換フリーソフト』でJPEGファイルに変換

Apowersoftというソフトウェア会社が提供している、『HEIC変換フリーソフト』を利用するのが一番手っ取り早いでしょう。 これは、『ソフト』という名称ですが、Webブラウザでアクセスしてインターネット経由で利用するWebサービスです。

Apowersoft HEIC→JPG変換フリーソフト スクリーンショット
Apowersoft HEIC変換フリーソフト スクリーンショット

このサービスではファイルを一括でJPEGに変換する事も可能ですが、JPEG画像の画質やExifデータは変換前のHEIF(.HEIC)データに準拠します。

なお、データの変換を実行した後にはデスクトップ版の利用を提案されますが、このデスクトップ版は有料ライセンスを購入しないと、JPEGに変換した画像にウォーターマーク(透かしロゴ)が入ってしまいます。 ライセンス価格は下記のとおり。

  • ライフタイム(永久ライセンス)版:4,690円
  • 1年間ライセンス(自動更新サブスクリプション):2,590円

Webサービス『HEIC to JPG Converter』でJPEG/PNGに変換

同様に、『cloudconvert.com』というWebサービスを利用して変換する事もできます。

cloudconvert
HEIC to JPG Converter スクリーンショット
cloudconvert
HEIC to JPG Converter スクリーンショット

なお、『cloudconvert.com』はHEIC/HEIFファイルに限らず、色々なファイルの変換ができる便利なWebサービスです。 他のファイル形式でも何か困ったら、とりあえずここで変換を試してみるのも良いでしょう。

無料で利用できるうえ、GIFやPNGなどほかの画像形式にも保存できますが、1日25ファイルまでという回数制限と、1度に4ファイルづつしか処理しないという制限もあります。

1時間あたりの変換数を増やしたり、制限を解除すためには、有料のライセンス契約が必要です。 制限数によって価格が異なるので詳細は、プライスページで確認してください。

Windows/Mac用 フリーソフト『iMazing HEIC Converter』でJPEG/PNGに変換

無料で、かつデスクトップ環境でHEIF/HEICファイルを変換したいという場合はこの『iMazing HEIC Converter』がお勧めです。 このソフトは無料で使えるうえJPEGのほか、PNGファイルへの変換も可能。 画像品質や、EXIFデータの除去なども設定可能です。 Windows、Mac両対応というのもうれしい所ですね。

iMazing HEIC Converter Webサイト
iMazing HEIC Converter Webサイト
iMazing HEIC Converter 起動画面
下部に、同社による別ソフトの広告が入るのは我慢しましょう

使い方は簡単……

  • 『iMazing HEIC Converter』の画面上にHEIF/HEICファイルをドラッグアンドドロップ
    (または、上部のFileメニューからディレクトリやファイルを選択)
  • Format(ファイル形式):JPEGまたはPNG
  • Keep EXIF data(撮影情報を保持するか)のチェック(消す場合はチェックをOFFに)
  • Quality(画像品質):変換後のJPEG画像品質 100が最高品質 (PNGデータでは品質は無効になる)

の設定を選んで、画面右下の【Convert】 をクリックすると、保存先指定画面が表示され、設定後に変換が行われます。

変換せずWindowsでHEIF/HEICファイルを扱えるようにする方法

拡張機能『Microsoft HEIF画像拡張機能』(Windows10以降)

Microsoft HEIF Image Extension
Microsoft HEIF Image Extension

使用しているOSがWindows10以降であれば、拡張機能『Microsoft HEIF 画像拡張機能』『HEVC ビデオ拡張機能』をインストールする事で、OS上でHEIF/HEICファイルを利用する事ができます。詳細は下記リンク先で確認ください。

この方法を実施後はWindows標準のフォトビューワーペイントでHEIF/HEICファイルが開けるようになります。

『CopyTrans HEIC』(Windows10の他、8/7も対応)

CopyTrans HEIC for Windows』も無料で利用でき、Windowosにインストールすると、変換なしでHEIF/HEICファイルを扱えるようになります。

この方法の利点としてはWindows8や7などにも対応しているという点。 Windowsのバージョン10以前の環境でHEIF/HEICファイルを変換せずに扱いたいという事であればこの拡張機能を使うのが必須となりそうです。

 CopyTrans HEIC for Windows
CopyTrans HEIC for Windows

なお、無料利用にあたっては『個人利用』が原則となります。 法人での利用の場合はメールでライセンスについて問い合わせる必要があるようです。

また、この拡張機能を利用する場合、インストール時に前述の『Microsoft HEIF Image Extension』を削除する必要があるようです。 機能として干渉するというのがその理由ですが、気になる方慎重に判断しましょう。

『CopyTrans HEIC』インストール時にPCに『Microsoft HEIF Image Extension』がインストールされている場合、その削除が必要になる
『CopyTrans HEIC』インストール時にPCに『Microsoft HEIF Image Extension』がインストールされている場合、その削除が必要になる

インストール完了後は、Windowsフォトビューワーなどで、HEICファイルが開けるようになります。

Android端末でHEICファイルを変換する方法

AndroidスマートフォンでHEICファイルを変換し閲覧できるようにするには、専用のアプリ『』を利用するのが簡単でしょう。 ふたつのHEICコンバート(変換)アプリをご紹介しておきます。

Luma  .heic→jpg  コンバーター
Luma
.heic→jpg
コンバーター

Luma .heic→jpg コンバーター』はその名のとおりAndroid用のHEICファイル変換アプリです。 インターフェースが日本語化されていませんので、使いにくいというレビューもあるようです。

Total Media Converter
Total Media Converter

Total Media Converter』もHEICファイルを変換できるAndroidアプリです。 こちらも英語のみですが、HEIC以外のファイルも扱う事ができます。

あとがき

当記事では、HEIF/HEICファイルの取り扱いについて、解説しました。

高価なプロフェッショナル用ソフトウェアであるPhotoshopやCamera Rawなどはデフォルトで対応してほしいとも思えますが、保存方式のライセンスなども関係している……という話もありますので、なにか大人の事情で難しいのかもしれません。

ちなみに時々見かける 『ファイル名の拡張子を .heicから.jpeg(.jpg)に書き換えればOK』という対応方法は正しくはないようです。 確かにHEIF/HEICファイルのコーデックをすでに導入済みの端末(本部で紹介した『HEIF画像拡張機能』や、最新のMacOS)であれば、その方法で表示する事ができるかもしれませんが、あくまでOSなり開いたソフトウェアが融通を利かせて開いてくれただけであって、本質的な対応方法とはなりません。

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記事を気に入ったらハートマークで応援してください

この記事の執筆は……

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

UZUREA.NET 編集部アカウント。 webデザイン会社altstackのメンバー、及び契約ライターによる匿名寄稿を含みます。


page top