『diskunion in the PORTER Gallery1 2019』開催! Technics『SL-1200MK7』の展示やコラボグッズも

執筆: UZUREA News アイコン UZUREA News

この記事をSNSでシェア

2019年4月6日から5月7日にかけて、表参道にある吉田カバン(株式会社 吉田)の直営店『PORTER OMOTESANDO』にて『diskunion in the PORTER Gallery 1』が開催され、 Technics SL-1200MK7の先行展示や、各種コラボグッズの販売を行う予定です。

スポンサーリンク

diskunion in the PORTER Gallery 1 概要

『diskunion in the PORTER Gallery 1』はディスクユニオンと吉田カバンがコラボ開催するイベント。2017年から開催されており、2019年は3度目となります。

diskunion in the PORTER Gallery 1

同イベントは毎年4月の第3土曜日に世界同時開催されるレコードの祭典『レコードストア デイ(RECORD STORE DAY※)』にあわせて開催され、限定アイテムなどが並ぶ予定。

また、ロック、ジャズ、ソウル、邦楽などのジャンルのレコード/7インチ 中古レコードを店内で視聴することも可能です。加えて、イベント限定のコラボレーションアイテムや話題のターンテーブルSL-1200 MK7の先行展示、そしてDJプレイなども楽しむことができます。

レコードストア デイ(RECORD STORE DAY)

2008年4月19日にキックオフし、以降、毎年4月の第3土曜日に開催されており、現在ではアメリカをはじめ世界23カ国で数百を数えるレコードショップが参加を表明しています。数多くのアーティストが一体となり、貴重なRSD限定盤のアナログレコードやグッズなどのリリースを行っているほか、世界各地で様々なイベントが開催されています。

RECORD STORE DAY JAPAN – HOME より

なお、2019年はイースター(復活祭)や、パスオーバー(過越)と日程が重なるため、世界的に1週間早まり、4月第2土曜日の開催となった模様です。
(2019年4月4日 RECORD STORE DAY JAPAN 事務局 よりの情報提供)

2019年限定のコラボ EPキャリングバッグ

ディスクユニオンと、吉田カバンとのコラボグッズ、2019年の限定アイテムは、吉田カバンの展開するブランド『PORTER』のタグと、アーティスト井口弘史氏のグラフィックをプリントしたスペシャルモデルのEP(レコード)キャリングバッグ。

diskunion×HIROSHIIGUCHI×PORTER7インチEPキャリングバッグ_裏

diskunion×HIROSHIIGUCHI×PORTER7インチEPキャリングバッグ_裏

表はおなじみ、ディスクユニオンロゴ。

diskunion×HIROSHIIGUCHI×PORTER7インチEPキャリングバッグ_表

diskunion×HIROSHIIGUCHI×PORTER7インチEPキャリングバッグ_表

  • diskunion×HIROSHI IGUCHI×PORTER 7インチEP キャリングバッグ
  • 販売価格:14,000円 (税抜)

スリップマット

diskunion×花井祐介_スリップマット

花井祐介 x RECORD STORE DAY 2019 スリップマット

マムアンちゃん x RECORD STORE DAY 2019

マムアンちゃん x RECORD STORE DAY 2019 スリップマット

  • 12インチ スリップマット 1,350円(税抜)
  • 7インチ スリップマット 1,200円(税抜)

Tシャツ

花井祐介 Tシャツ

花井祐介 Tシャツ

マムアンちゃん Tシャツ

マムアンちゃん Tシャツ

diskunion x Interbreed

diskunion x Interbreed

Technics(テクニクス) SL-1200 MK7 先行展示

2019年5月発売予定のテクニクスの最新モデル『SL-1200 MK7』が発売前先行展示されます。

長年、クラブDJ達に支持され続けている、DD(ダイレクトドライブ)方式のターンテーブルでレコードDJのスタンダードとも言うべきテクニクス SL-1200シリーズ。 先日11年ぶりの新モデル『SL-1200 MK7』が発売される事が発表になった際には大きな反響をよびました。

Technics(テクニクス)SL-1200MK7

Technics(テクニクス)SL-1200MK7

Technics SL-1200 Mk7 Turntable – #NAMM2019 – First-Look Review

テクニクスオフィシャルサイトの製品情報ページでは、1970年発売の世界初のターンテブルSP=10や、限定モデルなども掲載されています。

その完成度の高さと耐用年数の長さのせいで新製品が発売されない……という逸話まである、SL-1200を新品として購入できるのは『SL-1200 MK7』だけ。DJやクラブ業界だけに留まらず、2019年の注目製品のひとつです。

DJによるインストアイベント

下記3日の日程で、TECHNICSの最新モデル『SL-1200 MK7』とJBL製スピーカーという設備で、DJプレイを楽しむこともできます(参加無料)。

  • 4/6(Sat) 15:00~16:30 DJ NORI
  • 4/13(Sat) 14:00~17:00 井口弘史・笹沼位吉(SLY MONGOOSE)
  • 5/3(Fri) 14:00~15:30 DJ MINOYAMA
DJ NORI

DJ NORI

井口弘史

井口弘史

笹沼位吉(SLY MONGOOSE)

笹沼位吉(SLY MONGOOSE)

DJ MINOYAMA

DJ MINOYAMA

レコードやターンテーブルに興味はあるものの、なかなかクラブに行く機会がないという人や、実際にDJがどんなことをしているのか間近で見てみたいという人、そして新作ターンテーブルの音を聞いてみたいという人などは、ぜひ時間を合わせて足を運んでみてください。

イベントへのアクセス・開催情報

  • イベント名:diskunion in the PORTER Gallery1
  • 開催日程:2019年 4月6日(Sat)~5月7日(Tue) 12:00~20:00
  • 開催場所:PORTER OMOTESANDO the PORTER Gallery 1
  • 所在地:東京都渋谷区神宮前5-6-8
  • TEL:03-5464-1766

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらハートタッチして評価できます
1 Star
※SNSと連携していない、当サイトだけの評価ボタンです。お気軽に!
Loading...

この記事をSNSでシェア