ヘルプマーク、マタニティマーク、その他の援助を必要とする事を示すマークについて

執筆: UZUREA編集部 アイコン UZUREA編集部

この記事をSNSでシェア

ヘルプマーク、マタニティマーク、障害者マークなどの一覧
ヘルプマーク、マタニティマーク、障害者マークなどの一覧

ヘルプマーク』をご存知でしょうか? 当事者以外には分かりにくい身体の内部障害や、病気、初期の妊娠状態などを、視覚化することを目的として利用・配布されているマークです。

また、妊娠を知らせるための『マタニティマーク』や、心臓疾患など他の障害を示すマークやシンボルが、さまざまな団体によって定められ、利用されていますが、まだあまり知られていないものや、見かける事はあってもそれが何を意味するのかあまり認知されていないものなども多くあります。

そこで当記事では特に『援助や配慮が必用な方』が所持し、視覚化・明示化するためのマークやシンボルを中心にまとめました。

スポンサーリンク

ヘルプマーク/ヘルプカード

冒頭でも紹介した『ヘルプマーク』は、東京都福祉保健局がらの提唱で広まった『他者からは分かりにくい身体の内部障害や、病気、初期の妊娠状態などを、周囲の方に知らせる 』 ことを目的として利用・配布されているマークです。

 ヘルプカー/ヘルプマーク
ヘルプカー/ヘルプマーク

東京都から始まったこのマークとマークの配布ですが、2017年7月にJIS(案内用図記号)として登録され、東京都以外の都道府県でも配布を開始。 SNSなどでも注目を集め、2018年3月末までに約219,000個が配布されているそうです。

所持を想定している対象者は、義足や人工関節を使用している方、内部障害難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていて、その所持・携帯を希望する方とされていますが、具体的にどの身体機能が……と厳密な基準を設けられているわけではありません。

ヘルプカード普及促進動画

配布・導入している都道府県も多く、実際にリュックなどにつけている方も増えてきたことから、認知度は特に高くなってきています。 このマークを見かけた際には具体的にどういった事を意識し、行うべきか、という点については『助け合いのしるし ヘルプマーク Webサイト』内に、記載されています。

Q.マークを身につけた方がいたら、どうすればいいですか?

電車・バスの中で、席をお譲りください。
外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。 また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスを受けることがあります。

駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。
交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。
視覚障害者や聴覚障害者等の状況把握が難しい方、肢体不自由者等の自力での迅速な避難が困難な方がいます。

助け合いのしるし ヘルプマーク 『ヘルプマークとは』ページより

ヘルプマーク 所管先・関連情報

ヘルプマーク 特徴など

  • ヘルプカード実寸: 85mm±0.5mm × 53mm±0.5mm × 2mm±0.1mm(縦×横×厚み)
  • 都営地下鉄、都営バスなどの優先席での標示などに使用されている
  • 東京では、都営地下鉄各駅、都営バス各営業所、都立病院 などで発行・配布
  • 東京以外では、各道府県の自治体で発行・配布を実施

マタニティマーク

妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするためのマークとして厚生労働省や、健やか親子21(第二次)事務局が公表し、利用・認知の推進をおこなっているマークです。

マタニティマーク
マタニティマーク

妊娠の中期~後期はもちろんですが、妊娠初期も健康を維持するためにもとても大切な時期ながら、外見からはなかなか見分けがつかないため『電車で席に座れない』『たばこの煙が気になる』といった苦労があります。 そんな妊婦さん達の妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保の為に制定されたマークです。

ヘルプマーク同様、テレビ・ネットで話題になることも多いマークですので、知っている人も多いマークなのではないでしょうか。

マタニティマーク 所管先・関連情報

マタニティマーク 特徴など

白杖(はくじょう)

厳密には『マーク』ではありませんが、『白杖』は、長く政令で定められている視覚障害者が携帯する歩行補助道具であり、 援助、配慮、場合によっては誘導が必用である事を示すシンボルでもあります。

白杖  白い杖。 一部が赤く塗装されているものも含まれる
白杖 白い杖または黄色の杖。 一部が赤く塗装されているものも含まれる

白杖とは、全体が白(または黄色)で、一部に赤い部分を含む杖。

稀に白杖は『全盲』の方だけが使用する……という間違った認識をされている事が多いようですが、実際には”道路の通行に著(いちじる)しい支障がある程度の肢体不自由視覚障害聴覚障害及び平衡機能障害”と定められており、視野が欠けていたり、視力が弱いといった方や、聴覚(聞こえ)に障害がある方や、高齢者も所持します。

歩行の補助としては、杖を使った歩行訓練を実施できる施設などもありますが、歩行に支障がある障害などが有る事を周囲へ周知する目的として所持する事もあります。 道路交通法では、交差点や横断程などで、白杖を所持した方による申し出や、補助が必用と認められる場合は、『誘導、合図、適切な措置』によって、安全に歩行ができるよう努めるよう推進しています。

また、白杖を所持している方の歩行や通行を妨げるような行為や、前述のような視覚障害や歩行に支障や障害が無い者が所持する事も禁止されています。

白杖についての関連情報

ハート・プラス・マーク

ハート・プラス・マークも心臓疾患などの内部障害・内臓疾患など外見からは分かりにくい方の為、その存在を視覚的に示し、理解と協力を広げるために作られたマークです。 『特定非営利活動法人ハート・プラスの会』が推進しています。

 ハート・プラス・マーク
ハート・プラス・マーク

心臓疾患を中心に、見た目だけでは分からない内蔵疾患を視覚化する為のマークとの事で、ヘルプマークとも関連する部分もありますが、やはり覚えておきたい所です。

内部障害者も 車椅子マーク(国際シンボルマーク)のようなマークがあったらいいな……。そんな思いがカタチになり「ハート・プラス」は誕生しました。 ハート・プラスマークは身体内部を意味する「ハートマーク」に、思いやりの心を「プラス」したものです。

ハート・プラスの会 公式Webサイトより

ハート・プラス・マーク 所管先・関連情報

ハート・プラス・マーク 特徴など

  • 2003年に発足、2009年にNPO法人設立された『ハート・プラスの会』が提唱する、内部障害・内蔵疾患の存在を視覚化するためのマーク
  • 事務局で作成しているカードの実寸:名刺サイズ 60mm×95mm/B6サイズカード 192mm×136mm
  • 特定非営利活動法人ハート・プラスの会の公式HPからデータをダウンロードし、各自で作成
  • プリント作成が困難な場合には、特定非営利活動法人ハート・プラスの会から発行してもらうことも可能(切手を貼った返信用封筒の送付が必要)

自働車運転用 聴覚障害者標識/聴覚障害者マーク

普通自動車の免許を持つ人の中で、聴覚障害があることを理由に免許に条件を付けされている人が運転をする際に車に取り付け・表示する事が義務付けられているマーク(表示しない場合、道路交通法違反に)で、耳の形をモチーフとして蝶にも見えるようにデザインされたもの。

聴覚障害者標識/聴覚障害者マーク
聴覚障害者標識/聴覚障害者マーク

『初心者マーク』や『高齢者マーク』同様自働車を運転する際に車に取り付けるマークです。 他の車両は、このマークを付けている車に対して下記の様に配慮・保護するよう定められているようです。 運転免許試験会場などで販売されています。

初心者マークと同様に、周囲の運転者はこの標識を掲示した車両を保護する義務を有し、幅寄せ・割り込み(やむを得ない場合は除く)などの行為を行なってはならない。

Wikipedia 聴覚障害者標識 より

聴覚障害者マーク 所管先・関連情報

自働車運転用 身体障害者標識/身体障害者マーク

普通自動車の免許を持つ人の中で、肢体不自由があることを理由に免許に条件を付けされている人が表示するマークです。 なお、このマークは”表示するように努めてください(罰則はありません)”とされています。

身体障害者標識/身体障害者マーク
身体障害者標識/身体障害者マーク

聴覚障害者マーク同様、免許取得の際に学習するため、多くの人が認知しているマークですね。

身体障害者マーク 所管先・関連情報

耳マーク

聞こえが不自由なことを表すと同時に、聞こえない人・聞こえにくい人への配慮を表すマーク。

耳マーク

一般社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会が管理しているマーク。 『耳が不自由であることを自己表示するためのマーク』としての利用や、マークを社会一般に認知してもらい、理解が求められるようにと、グッズを作成、販売しています。

耳マーク 関連情報

聴覚過敏保護用シンボルマーク

とあるSNS上の投稿が話題になり、聴覚過敏対策の保護具・遮音具や、それらを用いている事を示すマークとして、株式会社石井マークが独自にデザインし公開しているマーク。

聴覚過敏保護用シンボルマーク
聴覚過敏保護用シンボルマーク

現在の所公共の団体や、特定の活動などによって利用されているものではありませんが、Twitterで一時期話題になった後、多くのメディアによって取り上げられ、拡散・周知されたので、ご存知の方も多いかもしれません。

同社のwebサイト上にて自由に利用してい良いという形で公開されています。

(2017年10月現在において)公的に周知あるいは規格化された統一のマークではなく、特定のメッセージと共に表示して「聴覚過敏の保護用」であることを伝えやすく強調し、同時にその意味を広く周知することを目的に設計したシンボルマークです。

株式会社石井マーク 聴覚過敏保護シンボルマーク_無償公開データ ページより

聴覚過敏保護用シンボルマーク 関連情報

介護中マーク

静岡県内の役所、役場などで製作・配布されているマークで、『介護をする側』の方達に使ってほしいという意図で考案された介護実施中である事を示すマークです。

静岡県公安 介護マーク
静岡県公安 介護マーク

出自は静岡県から考案されたマークですが、今後要介護者の増加にあわせて、介護に携わる方達の増加・負担も増える事を想定すると需要も増してくるマークでしょう。 現在は厚生労働省が、各自治体を通じてこの『介護マーク』の普及を図っているそうです。

■サービスエリアや駅などのトイレで、介護者が付き添う際、周囲から冷ややかな目でみられて困る。
■男性介護者が店頭で女性用の下着を購入する際、いつも困っている。
(中略)
介護中であることを周囲に理解してもらえれば……
⇒こんな時にぜひ介護マークをご活用ください!

静岡県公式ホームページ/介護マーク 紹介ページより

介護マーク 所管先・関連情報

介護マーク 特徴など

  • 主に静岡県内の市役所・区役所・町役場、静岡県内の地域包括支援センターで配布
  • 茨城県、栃木県、新潟県、長野県、岐阜県、愛知県、鳥取県、佐賀県の一部市町村でも作成・配布が実施されている

まとめ 紹介マーク一覧

ヘルプマークや、マタニティマークといった、昨今少しづつ認識されつつあるシンボルマークを中心に、第三者からは認識しにくい障害を持つ方や、援助・補助・配慮が必用な方が携帯・提示するマークやシンボルについてご紹介しました。

ヘルプマーク/ヘルプカード ヘルプカード(左) ヘルプマーク(右) 他者からは分かりにくい身体の内部障害や、病気、初期の妊娠状態などを、周囲の方に知らせる
マタニティマーク 妊産婦である事を示す
白杖(はくじょう) 視覚障害、肢体不自由、聴覚障害、平衡機能障害などを示す 
ハート・プラス・マーク ハート・プラス・マーク 心臓疾患などの内部障害・内臓疾患など外見からは分かりにくい障害を示す
自働車運転用
聴覚障害者標識/聴覚障害者マーク
自働車運転時 聴覚障害が有る事を示す
自働車運転用
身体障害者標識/身体障害者マーク
自働車運転時 身体障害者が有る事を示す
耳マーク 耳が不自由であることを示す
聴覚過敏保護用シンボルマーク 聴覚過敏対策の保護具・遮音具や、それらを用いている事を示す
介護マーク 介護を実施中である事を示す

当記事は、定期的に情報の追記・修正などを行いますので、もし記載内容に不足、追記希望などあれば、当サイトのお問い合わせフォームや、当記事のコメント欄にてお知らせください。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらハートタッチして評価できます
1 Star
※SNSと連携していない、当サイトだけの評価ボタンです。お気軽に!
読み込み中...

この記事をSNSでシェア