松竹 映画『ザ・ドリフターズ 全員集合!!』シリーズ 配信記念 全話レビュー!
松竹 映画『ザ・ドリフターズ 全員集合!!』シリーズ 配信記念 全話レビュー!

松竹映画『ザ・ドリフターズ 全員集合!!』シリーズ 全話レビュー

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

/ 更新:

+1

2020年末にAmazonプライムビデオの、プライム会員向け無料視聴作品として、ザ・ドリフターズの松竹系映画『全員集合!!』シリーズ16作品が公開されました。 このシリーズは、知る人の多いテレビの人気シリーズ『8時だョ! 全員集合』よりも前に、劇場映画として制作・公開された作品だそうで、2020年11月現在DVD化はされていないようです。

そこで当記事ではこの松竹系映画『ザ・ドリフターズ 全員集合!!』について、各作品を一挙にレビューしてみたいと思います。

松竹映画『ザ・ドリフターズ 全員集合!!』各作品レビュー

作品名(公開年) レビュー スタッフ
ドリフターズ以外のキャスト

なにはなくとも全員集合!!
(第1作 1967年)

ストーリーは、駅長(三木のり平)を主役に据え、その家族(娘 中尾ミエ/妻 丹阿弥谷津子)を中心に展開していきます。 

ドリフの面々は草津のローカル駅の駅員(加藤茶、仲本工事、他)と、新興バス会社の社長と社員(いかりや長介、荒井注、他)と別れて、いがみ合う関係の役どころ。 高木ブーはその町にある旅館の番頭役と、さらにちょい役。

これぞ昭和の喜劇……という雰囲気を味わえる、よくまとまった映画だと思いますが、ドリフらしいコントやお約束を期待するとちょっと肩透かしになるかも。

なにはなくとも 全員若い!! (編集M)

おすすめ度(最大5):★★☆ (2.5)

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:渡邊祐介、田坂啓
  • 三木のり平
  • 中尾ミエ
  • 丹阿弥谷津子

やればやれるぜ全員集合!!
(第2作 1968年)

地方出身、同郷という設定のドリフメンバーは、東京で共に立身出世を目指します。 

真っ当に努力をして働いたのに、結局報われず、一発逆転狙いの末に失敗、果てには投獄(笑)。

でも最後はハッピーエンドへとつながる爽快な映画。

やっぱりドリフメンバーの若さに目が行くが、特に中本工事はこの頃からずっと風貌が変わらない気が……。

エンディングでは、ドリフの面々が楽器を持って『ビバ・ノンノン』を演奏する。

気軽に楽しめるライトな映画、観ながらみんなでワイワイ話すのも良さそう。(編集M)

おすすめ度(最大5):★★★☆(3.5)

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:森崎東、渡邊祐介
  • 松尾嘉代
  • 木の実ナナ

ミヨちゃんのためなら全員集合!!
(第3作 1969年)

つぶれかけの漢方薬工場で、加藤茶をこき使う、いかりや長介。 ほかの3人は過去に工場を逃げ出した従業員という役柄。 

悪臭問題をダシに立ち退きを迫られる工場。 そんな中で、ハナ肇倍賞美津子(ミヨちゃん役)の兄弟と共に、街の顔役達の悪事を暴いて……といった流れ。

若かりしハナ肇の格好良さが印象的。 また左とん平が、この作品の後もしばらく出演しています。

まったりとした良い話だけどややちょっと退屈かも。

度々出てくるセリフ「これでいいのか? これでいいのだ……。」は当時流行ってたのか?(編集M)

おすすめ度(最大5):★★☆ (2.5)

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:渡邊祐介、田坂啓
  • ハナ肇
  • 倍賞美津子
  • 左とん平

いい湯だな全員集合!!
(第4作 1969年)

冒頭、ドリフの5人が銀行強盗の冤罪で逮捕されます。

真犯人は直ぐに判明するも、警察は誤認逮捕責任を取るのが嫌で、わざと牢屋の鍵を開けて5人を逃走させる……(笑)。 

その後一行は、世間の目を避けて暮らしつつ、ゆすり、たかりのチンケな暮らしをしつつ、自分たちをハードボイルドを自称。 果てには、殺し屋(もちろん自称)となって地方のヤクザ者と抗争誘拐と目まぐるしい。

とはいえ、ダーティな雰囲気は少なく、よく知るドリフのコントを見ているような賑やかな展開で楽しめる。

この作品からドリフのヒット曲がタイトルや主題歌に使われるようになったそうで、作中でもドラム缶風呂に入ったり、温泉宿で働いたり。 みんな知ってる『い~い湯だな♪』ではじまるOPもテンションも上がる。

この作品は1969年7月23日に公開されたようで、この後同年10月にTV番組『8時だョ!全員集合』が放送開始し、ドリフターズは一層人気を高めていきます。

いろいろな面で絶好調に至る彼らの姿を楽しめるという意味でも、なにかひとつだけ観てみたい!というなら、この作品が良いのではないでしょうか。(編集M)

おすすめ度(最大5):★★★★☆(4.5)

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:森崎東、渡邊祐介
  • 生田悦子
  • 早瀬久美
  • 木暮実千代
  • 左とん平

ズンドコズンドコ全員集合!!
(第5作 1970年)

オープニングでいきなり赤ふんどし・半裸のメンバーが船にのって登場(笑)。

そのインパクトとは裏腹にメンバーの中でも特にいかりや長介が人としてダメな役柄で、”かわいげ”も無い。 やはりダーティな世界をベースにした話だが、前作とちがってゲラゲラと笑えるような雰囲気は少ない。

エンディングでも赤ふんどしのドリフメンバーが船の上で歌っていて、最終的にはなんとなく笑えるが……。

最初にこれを見てしまうと、他の作品への期待値が大きく下がってしまうかも。(編集M)

おすすめ度(最大5):★★ (2)

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:渡邊祐介、田坂啓
  • 中尾ミエ
  • 野川由美子
  • 左とん平
  • 佐山俊二
  • 宍戸錠
  • 藤田まこと
  • 堺正章

誰かさんと誰かさんが全員集合!!
(第6作 1970年)

茨城県水戸市が舞台。

いかりや長介の舞台解説モノローグで始まる本作は『ドリフ大爆笑』のコント前説を連想します。  

物語とはあまり関係なく唐突に始まる『いかりや長介 ゴリラ怪人改造手術』シーン。 脳の代わりにカリフラワー、腸がウインナーになってたりするものの、ちょっとグロい。

映画スタッフさん本気出しすぎでは。

終盤のカーチェイス後に、トンネル内で爆発→タイヤが転がってきて→みんな真っ黒……と、ドリフのお約束的なオチに。

みんな大怪我してる中、岩下志麻だけはほとんど怪我してないのは、何なのか(笑)。(編集M)

おすすめ度(最大5):★★★(3)

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:渡邊祐介、田坂啓
  • 倍賞美津子
  • 森次晃嗣
  • 岩下志麻
  • 柳澤愼一
  • 左とん平

ツンツン節だよ全員集合!!
(第7作 1971年)

手配師のいかりや長介が地方から連れてきた4人を東京でこき使い、裏切られたり、失敗したり……こちらもドタバタと目まぐるしい作品。

三輪自動車で登場する手配師=長さんの第1声は「おぃっす!」。

口ひげのある若かりし谷敬もいい感じ。 金融会社のチンピラ達の中にまだ正式メンバー前の志村けんも発見(26:43~)。

8時だよ!全員集合よろしく、長さんが黄色いメガホンを持って、ポコポコと加藤茶を叩くシーンも。

『男はつらいよ』の佐藤蛾次郎(原公役)も出演していたりします。 ……ちなみに、次の第8作から第16作までは『男はつらいよ』との同時上映だったそうな。

ドリフターズ関連の小ネタにニヤニヤしながら、安心して楽しめる作品かと。(編集M)

おすすめ度(最大5):★★★☆(3.5)

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:田坂啓、渡邊祐介
  • 谷啓
  • 倍賞美津子
  • 小松方正
  • 左とん平
  • 若水ヤエ子

春だドリフだ全員集合!!
(第8作 1971年)

落語をテーマに、ヒロインが政治家の『2号』にされるのを、舞妓に扮したドリフが阻止するという、なかなかカオスな設定の第8作。

落語の覚えが悪い加藤茶に、容赦のない暴力、食事抜き体罰が襲いかかります。これを笑いとして提供するできるのは、当時ならでは。 とはいえ、この世のものとは思えないゲロみたいなお茶で逆襲をする加藤茶。 (ちゃんと吐き出さずに飲み込む いかりや長介。食べ物を粗末にはしない)

いかりや長介が、息をするように嘘を付く『嘘のリボ払い』は本作でも炸裂。 彼はなぜこうもウソを付くのか…(そしてなぜ周りも騙されるのか)。

最終的にいかりや長介がどんな酷い目に遭うのか気になり、冒頭で登場した小柳ルミ子の存在をだんだん忘れていく……(ヤマダマイ)

おすすめ度(最大5):★★★(3)

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:田坂啓、渡邊祐介
  • 長山藍子
  • 新藤恵美
  • 石山健二郎
  • 左とん平
  • 小柳ルミ子
  • 5代目柳家小さん
  • ゴールデン・ハーフ

祭りだお化けだ全員集合!!
(第9作 1972年)

オープニングは『お祭りマンボ(美空ひばり)』の替え歌で 「そ~れそれそれ、死んじまえ~♪」と煽られたいかりや長介が「面白え…殺せるもんなら殺してみな」というセリフの直後にフグを食べて死ぬという、怒涛の展開からスタート。

死んだいかりや長介は、おばけになり、ドリフの面々をこき使うのかと思いきや?

浅草の料亭を舞台に、これまでの作品にはない伏線回収や、奥深い人間ドラマを楽しむことができます。

柳家小さん、入船亭扇橋、柳家小ゑんと、前作以上に落語家が出演しているのも浅草が舞台なゆえか。

貸した恩を月日単位で時給計算する長さん。 恩をコインロッカーの使用料金=100円で算出するあたりは下手なホラーより恐ろしい。

『飯抜きの罰』がお約束だったこれまでに対し、本作ではまずい(という設定の)料亭飯をドリフのメンバーがたらふく喰わされるというシーンも。

冒頭のフグ料理も含めて、「実際には美味しいんだろうなぁ、役得だなぁ」などと邪推したり(笑)。 (ヤマダマイ)

おすすめ度(最大5):★★★★(4)

  • 監督:渡辺祐介
  • 脚本:田坂啓、渡辺祐介
  • 仁科明子
  • 林美智子
  • ハナ肇
  • 犬塚弘
  • 藤岡琢也
  • 5代目柳家小さん
  • 9代目入船亭扇橋
  • 柳家小ゑん
  • 谷村昌彦

舞妓はんだよ全員集合!!
(第10作 1972年)

新撰組の池田屋事件をベースにした本作。

いかりや長介は近藤勇の孫を名乗る近藤長介を演じ、他のドリフメンバーも池田屋事件に関係する子孫。

冒頭からナメられるいかりや長介と、腹一杯飯を食う加藤茶が見られる。

本作でも加藤茶がひたすらメンバー全員に虐げられるという構図ですが、新選組の子孫なので、(独自に解釈された)『新選組ご法度』をすべて破った加藤茶への拷問がまあまあグロい。足が洗濯板になったり。

また、舞妓さんがテーマになためか、ちょっとアダルトな展開・演出も印象的。(ヤマダマイ)

おすすめ度(最大5):★★★(3)

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:田坂啓、渡邊祐介
  • 吉沢京子
  • 光本幸子
  • 大信田礼子
  • 西川きよし
  • 天地真理
  • 菊池剣友会

チョットだけョ全員集合!!
(第11作 1973年)

いかりや長介が扮する、貧乏人からお金は取らない(けど、飯時に往診にきてごはんを食べていく)医者が主人公。 ……とはいえこの医者、患者が「殺す気か!」と逃げだすレベルのヤブ医者……その名も薮井長介(やぶい ちょうすけ)。 助手は中本工事。看護婦(解説まま)に高木ブー。 そこに荒井注と、加藤茶も転がり込む。

そんな愉快な仲間たちが繰り広げるドタバタ医療コメディ。

ヒロインの相手役には、寺尾 聰が出演。こちらはしっかりとした医者な上に、好青年。 モテないわけがないステータスを振りかざし、いいところを持っていくのはお約束。

第6弾『誰かさんと誰かさんが全員集合!!』でも登場した腸ウインナーの手術シーンも再来。 好評だったのか? お気に入りなのか。そして薮井病院にある、妙に偉そうな椅子は何なのか……笑。

下品なシーンもありますが、気にならないならわりと楽しめるかと。(ヤマダマイ)

おすすめ度(最大5):★★★★(4)

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:田坂啓、渡邊祐介
  • 益田喜頓
  • 左とん平
  • 小鹿ミキ
  • 寺尾聡
  • 天地真理
  • キャッシー

大事件だよ全員集合!!
(第12作 1973年)

シリーズ中で荒井注が出演している最後の作品。

やたらと『CIA』やら『探偵』というキーワードが登場しますが、ほとんどサイコ寄りの殺し屋として表現されています。空想とはいえ殺したドリフの面々を、いかりやが文字通り『ミンチ』にしてしまう……笑っていいのか悪いのか。

ドリフのコントを除けば、企業の暗い陰謀、それに加担させられる男のジレンマなど、『ミッション』をテーマにした演出も多数。

ラストは結構ハラハラドキドキします!

ゲストでは若かりし頃のアグネスチャンが歌を披露。 が、その後いかりや長介の容姿を死ぬほどディスる笑。

次作からレギュラー出演する志村けんが、不用品回収車を運転するだけの役を演じている。(ヤマダマイ)

おすすめ度(最大5):★★★(3)

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:渡邊祐介、田坂啓、森崎東
  • 松坂慶子
  • 伴淳三郎
  • 長谷川明男
  • 藤村有弘
  • 石山健二郎
  • アグネス・チャン

超能力だよ全員集合!!
(第13作 1974年)

ドリフの正式メンバーとして志村けんが参加した作品。 

超能力とは名ばかり、インチキ占い師の陰謀を描いた作品。

作詞家を夢見て上京した加藤茶が、工事現場の事故に巻き込まれ記憶をなくし、その以前に書いていた詩をいかりや長介が勝手に未来予知した預言書だと勘違い……というストーリー。

しかし敵役の占い師が加藤茶の実家の土地を狙い、記憶喪失した加藤茶を人質にとって土地と引き換えにするなど、展開は次第にカオスに。

敵役の占い師は、占いはインチキながら、催眠術はちゃんとできる。もう催眠術師を名乗りましょうよ。

加藤茶が、自分の似顔絵を見て吐き捨てるセリフ「ゴキブリが溺れたような目をしやがって!」は、今シリーズ屈指の迷言では。(ヤマダマイ)

おすすめ度(最大5):★★★(3)

  • 監督:渡邊祐介
  • 脚本:田坂啓、渡邊祐介
  • 長山藍子
  • 夏八木勲
  • 榊原るみ
  • 秋谷陽子
  • 楠トシエ
  • フィンガー5

ザ・ドリフターズの極楽はどこだ!!
(第14作 1974年)

これまでのシリーズとは一線を画し、ドラマ要素に力が入った作品。 脚本下飯坂菊馬氏に依るところでしょうか。

妻に先立たれ、男手ひとつで2人の子ども(うち一人は加藤茶)を育てるいかりや長介の哀愁。時代からの孤立、戦争を知らない若者とのディスコミュニケーションなどなど……。

いかりや長介の孤独を描き出すシーンの演出もなかなか秀逸で、まさかこのシリーズで胸を締め付けられるような気持ちになるとは。

コメディとドラマのバランスが良い作品。

奇天烈なギャグが影をひそめる一方、天地真理による歌唱シーンや、加藤茶のドラムソロなど華やかな見せ場もあり、昭和映画らしさを楽しめる。

これまでさんざん暴言を吐いてきたこのシリーズですが、加藤茶による「これからの日本ではね、バカとか畜生とかっていう言葉を使っちゃいけなくなったんだぞ!知ってんのか!」なんてセリフも。

『全員集合』がタイトルから無くなったりと、作品的にも時代的にもターニングポイントだったのでしょうか。

シリーズ通して、一番のおすすめ作品。(ヤマダマイ)

おすすめ度(最大5):★★★★★(5)

  • 監督:渡辺祐介
  • 脚本:下飯坂菊馬、渡辺祐介
  • ホーン・ユキ
  • ひろみどり
  • 篠ヒロコ
  • アン・ルイス
  • 玉川良一
  • 天地真理
  • キャンディーズ

ザ・ドリフターズのカモだ!!御用だ!!
(第15作 1975年)

良作のドラマ仕立てだった前作と変わって、再びドタバタコメディに戻った第15作目。

とはいえ、いかりや長介が刑事役を務め、闇取引や極道を描くなど大人向けのストーリー、演出が目立つようになりました(過去イチでポロリもあるよ)。

本作の悪役は昼は式場経営夜は極道というWワークをこなしています。それゆえ、裏取引の場が遊園地だったり、人相の悪い男が取引のために単身で観覧車から降りてくるシーンも。どんな気持ち乗っていたんだろう。

『踊る大捜査線』の20年前にいかりや長介がこの映画で刑事役を演じていると思うと、いろいろと感慨深いものが。

ラストはドリフメンバーのコスプレ大会で締め。

前作でコメディ要素が物足りないと感じた人は満足できるラストでしょうか。 個人的には前作のようなストーリーを期待したのですが。(ヤマダマイ)

おすすめ度(最大5):★★★(3)

  • 監督:瀬川昌治
  • 脚本:加瀬高之、下飯坂菊馬、瀬川昌治
  • 伊東四朗
  • 悠木千帆
  • 犬塚弘
  • 園佳也子
  • ビーバー
  • 倍賞美津子

正義だ!味方だ! 全員集合!!
(第16作 1975年)

劇場版 全員集合!!の最終回

『正義の味方だ!』と、ヒーローもの風のタイトル。

その実は、伊勢の町を牛耳ろうとする暴力団を、ジャーナリズムの力で追い払う……という、文字にするとかなり社会派な作品に聞こえますが……さて。

職業を編集者と偽った(本当はチンドン屋)いかりや長介が、下町の女将から「暴力団を追い払ってほしい」という相談を受け、ミニコミ誌で敵の実態を世の暴いてやろう、という事に。

ところが「せっかくだから(ミニコミ誌に)劇画も入れてよ」などと面倒くさい追加要望まで押し付けられます。

シリーズの第13作で記憶喪失前に書いた詩で騒ぎを起こした加藤茶でしたが、本作では酩酊状態で描いた『イラスト』が騒動のタネに。 

二転三転するストーリーは相変わらずですが、ラストは「え、これで終わり?」というくらいサラッとしています。

作中に登場する『ゴリレンジャー』は石ノ森章太郎によるデザインだとか。(ヤマダマイ)

おすすめ度(最大5):★★★(3.5)

  • 監督:瀬川昌治
  • 脚本:加瀬高之、瀬川昌治
  • 榊原るみ
  • 金子信雄
  • 浦辺粂子
  • ミヤコ蝶々
  • 園佳也子
  • キャンディーズ

まとめ

ザ・ドリフターズは、TV番組『8時だョ!全員集合』や、『ドリフ大爆笑』が有名ですが、1967年~1975年までの間に合計21作品もの主演映画が製作・公開されています。 そのうち、松竹映画の16作品をレビューしてみましたが、豪華なキャストの出演に驚いたり、予想外に出来の良い作品もあったりと新たな発見がありました。

また、元々は音楽バンドでりヒット曲も多いドリフらしく、ミュージカル調のシーンも多く、オープニング&エンディングテーマも本人たによる楽曲が収められています。 主演、主題歌、挿入歌までこなして、8年間で21作品というのは、今考えるとかなりすさまじい仕事ぶりです。

昔の作品なので、昨今の感覚だと結構きわどいセリフや描写もありますが、当時の世相や”笑い”の変化を感じる事ができます。 細かい事を考えないで往年のドリフターズメンバーの活躍と、昭和映画の大らかさを楽しむ……くらいの心持ちで観ていただくと良いのではないかと。

残りの映画5作品(東宝)の公開もされる日が来るのを願いながら、ご紹介を終えたいと思います。

¥440 (2021/01/18 16:14:51時点 Amazon調べ-詳細)
¥406 (2021/01/18 16:16:55時点 Amazon調べ-詳細)
松竹 映画『ザ・ドリフターズ 全員集合!!』シリーズ 配信記念 全話レビュー!

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記を気に入ったらハートマークで応援してください

+1

page top