Amazonオリジナル映画『JOLT ジョルト』レビュー! 下ネタありのアクションコメディ

Amazonオリジナル映画『JOLT ジョルト』レビュー! 下ネタありのアクションコメディ

評価:3.5 

キシマ アイコン

キシマ

当記事では2022年2月に配信が開始されたAmazonオリジナル映画『JOLT ジョルト』のあらすじと感想を紹介します。 記事内では結末についてのネタバレをしていますので、知りたくないという方はご視聴後にお読みください。

また、記事の後半では『JOLT ジョルト』に関連したおすすめ作品を2つピックアップしてご紹介しています。近いジャンルやテーマの作品も楽しみたい! という方の参考になれば幸いです。

アマプラオリジナル映画『JOLT ジョルト』
作品紹介&レビュー 下ネタありのアクションコメディ

JOLT – Official Trailer | Prime Video
タイトル JOLT ジョルト
配信日 2022年2月4日
監督 ターニャ・ウェクスラー
キャスト ケイト・ベッキンセイル,ジェイ・コートニー, スタンリー・トゥッチ,ボビー・カナヴェイルスーザン・サランドン
制作国 アメリカ

主演を務めたのは映画『ミラクル・ニール!』『トータル・リコール』『ヴァン・ヘルシング』にも出演したケイト・ベッキンセイル。本作では48歳とは思えないゴリゴリのアクションを見せてくれます。

脇役として映画『プラダを着た悪魔』『キングスマン』『バーレスク』のスタンリー・トゥッチが出演。本作でも他作品のように主人公をサポートする役を演じています。

『JOLT ジョルト』 あらすじ

リンディは怒りが爆発すると超人的なパワーを発揮してしまう特殊能力の持ち主。『間欠性爆発性障害』との診断が下された彼女の力を利用すべく、秘密組織や軍は色々と手を尽くしますが、納得のいく結果は得られず。

その後リンディは電気ショックベストで怒りを制御する術を覚えますが、自分の悪口を耳にしたり虐げられた人を見るだけでついイライラしてしまい、電気ショックのボタンを連打する日々を送ることに。

そんな彼女をありのまま受け入れるインテリ系男が現れ、リンディは人生で最も幸福な時間を過ごします。しかし恋した男は何者かに銃殺されてしまい、リンディは警察や主治医が止めるのも聞かず、復讐を誓うのでした……。

ネタバレあり レビュー

意外と面白かった!!ストーリーのテンポが良くサクサク進むため、ストレスなく視聴することが出来ました。殺された男の証拠品を警察署から盗み、スマホのロックを解除、FBIがマークする武器商人にたどり着くまで10分もかかりません。間延びしそうな展開をギュっと簡潔にまとめているため、「時間をかけずに映画を楽しみたい」というニーズを満たしてくれます。

勘のいい視聴者ならすぐにピンとくるかもしれませんが、実は殺されたインテリ系男が黒幕でした。金で自分の死を偽装し、リンディの超人パワーを利用してある組織を壊滅させる計画だったのです。孤独な人生にようやく光がさしたと浮かれていたリンディは、真相を知って茫然自失。

ラスト、インテリ系男を殺したリンディの前に不思議な老貴婦人が現れ、続編を示唆するセリフを吐いて物語は幕を閉じます。まだ発表はされていませんが、本作の人気によっては続編が製作されるかもしれません。

ケイト・ベッキンセールによるアクションは、拳でゴリゴリ押していくような脳筋タイプ。地下のファイトクラブでは、巨漢の乳首ピアスをねじ切り、ピアスの切っ先で男の玉を引き裂き、その後には力の限り顔面を殴り続けます。

スタイリッシュなアクションではなく、泥臭いとでも言うか……好みが別れるところかもしれません。

病院内を逃走するシーンもバタバタしていますし、カーチェイスもスピード感に乏しく、お世辞にもカッコイイとは言えないのです。しかしそれが本作の魅力に見えるから不思議です。

ギャグシーンも多く、下ネタもたっぷり。真面目な復讐劇に期待すると肩を落としてしまうかもしれませんが、コメディアクションだと思って視聴すれば大いに楽しめるでしょう。

本作は鑑賞後「面白かった~」とため息をついても、翌々日には見たことを忘れてしまうようなライトなエンタメ映画です。ストレスなくぼーっと鑑賞できるアクション映画を探している人におすすめです!

総合評価

ストーリー ★★★(3)
よくある復讐物語。ツッコミどころは多い。
アクション ★★★★(4)
関節技を決めたりとにかく殴ったり、シンプルなアクションが良い。
音楽 ★★★(3)
可もなく不可もなく。
構成 ★★★(3)
総合評価 ★★★☆(3.5)
90分でサクッと鑑賞できるエンタメ映画。
JOLT ジョルトのレビュー
(最大星5つ/0.5刻み/10段階評価)

JOLT ジョルトに関連したおすすめ映画

映画『ゴーンガール』

映画『ゴーン・ガール』予告編
映画『ゴーン・ガール』予告編

結婚5周年の記念日、リビングに大量の血痕を残し妻が失踪。警察はアリバイのない夫に嫌疑をかけますが、やがて事件は思いもよらな展開に……。

『JOLT ジョルト』では主人公の女性が暴力に頼よって復讐を果たそうとしますが、『ゴーンガール』では謀略によって復讐を成し遂げようとします。妻はどこに消えたのか、夫の秘密とはなにか、ラストにはゾっとすること間違いなし!おもしろいサスペンスを探している人におすすめです。(劇中セクシーなシーンがあるので茶の間を凍らせたくない人はご注意ください)

コロンビアーナ

映画『コロンビアーナ』本編映像
映画『コロンビアーナ』本編映像

『コロンビアーナ』は、『ニキータ』『レオン』のリュック・ベッソン監督が送るアクション映画です。マフィアに両親を殺された少女が暗殺者になり、復讐を果たしていくというストーリーです。

突っ込みどころのある展開にモヤモヤする人もいるかもしれませんが、強い意思をもって復讐を果たそうとする主人公の性格には好感が持てますし、映えを意識したアクションシーンも見ごたえがあります。特にサメを使った殺しのシーンが素敵。復讐×アクションが好きな人はぜひチェックしてください!

関連リンク

Amazonオリジナル映画『JOLT ジョルト』レビュー! 下ネタありのアクションコメディ

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記事を気に入ったらハートマークで応援してください

この記事の執筆は……

キシマ アイコン

キシマ

沖縄生まれ、東京住みの新卒フリーライター。映画、ゲーム、アプリといったエンタメ系記事からキャッシュレスなどのお金系記事、美容系の記事までなんでも執筆しています。
ダースベイダーマニアです。


page top