Twitterの『●●さんのツイートをさらに表示』を消してツイートの閲覧や検索する方法

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

/ 更新:

2021年の夏ごろからWebブラウザでTwitterにログインしていない状態で、Tweetを見たり、検索しようとすると、

  • ●●さんのツイートをさらに表示
  • 「いま」起きていることを見つけよう

といったアラートが画面に表示されるようになりました。

当記事では、この問題を表示させずにTwitter投稿を閲覧したり、検索する方法について解説しています。

○○さんのツイートをさらに表示』『「いま」起きていることを見つけよう』を回避してTwitterを閲覧・検索する方法

2021年の8月中旬ごろから、ログインしていない状態でTwitterの各ページをWebブラウザで見ていると、全てのページで下記のようなアラートが表示され『ログイン』、または『アカウント作成』を促されるようになってしましました。

○○さんのツイートをさらに表示』、の頃は白い領域の左上にある『×(ばつ)』を押すと一度は消えるものの、そこからさらにTweetを追ったり画像を開こうとすると再度表示されました。

その後、ダイアログは『○○(表示名)さんのツイートをさらに表示』というテキストに変わったのですが、今度はさらに×ボタンすらなくなってしまいました。

なお、英語版だと”Don’t miss what’s happening”
なお、英語版だと
”Don’t miss what’s happening”

Twitterアカウントをもっていなくても、Twitter内での検索や、有名人などのTweetを見てみたいという方も多いはずです。 またニュース記事内にTwitterが貼られている事も多いので、普段使わない端末でTweetを見てみたいという事もあるでしょう。

この現象の原因は……?

詳細は後まわしにして、この現象は

  • デスクトップPCの
  • Chrome系Webブラウザで
  • Twitterアカウントにログインしていない状態で

発生します。

※なお特定ユーザーの『メディア』や『いいね』については、もっと以前からログインしないと見られませんでしたし、このページの解説方法でも解決しません。ログインして見るしかありません。

簡単な対策1 『Chrome以外のブラウザを使う』

対策として一番簡単なのは

など、Chrome(Chromium系)以外のWebブラウザを使用する事でしょう。

2022年6月14日現在追記 この方法はEdgeも使えなくなりました。Firefoxのみ対応を確認。

これらのブラウザなら(今のところ)、ログインしていなくても『○○(表示名)さんのツイートをさらに表示』が表示されても、×ボタンが表示され、何度も消すことができます。Twitter『検索』もできます。MacであればSafariでも良いかもしれません。

複数のWebブラウザをインストールしておくことは簡単ですし、メインブラウザにしろ! という主張の激しいEdgeに、この時だけ活躍してもらっても良いでしょう。

メインとは違うWebブラウザを使うクセをつけておけば、うっかりメインTwitterアカウントで不適切Tweetをしてしまったりといった事故も減りますよ。 おすすめです。

簡単な対策2 『シークレットウインドウで閲覧する』

他のブラウザを使いたくないという場合は、Chromeの『シークレットウインドウ』で閲覧する方法も良いでしょう。

シークレットウインドウの起動方法は…… Windowsであればキーボードショートカットで『Ctrl+Shift+N』と操作するか、

  1. ウインドウ右上のメニューボタン
  2. 新しいシークレットウインドウ
1.ウインドウ右上のメニューボタン
2.新しいシークレットウインドウ
と操作しシークレットウインドウで閲覧する
1.ウインドウ右上のメニューボタン
2.新しいシークレットウインドウ
と操作しシークレットウインドウで閲覧する

と操作します。

このウインドウでTwitterを閲覧続けていれば、ログインしないでもFirefoxやEdgeと同じように『○○(表示名)さんのツイートをさらに表示』を×ボタンで、何度も消すことができます

一次的な対策

Chromeで、どうしてもプライベートウインドウも使いたくない、という場合はWebブラウザのCookieを削除するという方法もあります。 Cookie削除後、しばらくは 『「いま」起きていることを見つけよう』 は表示されないようになるようです。

全てのCookieを削除してもいいですが、少し手間をかけてTwitterだけのクッキーを削除する方法を画像で紹介しておきます。

  • Chromeの『設定』を開いて
  • (1)左側『プライバシーとセキュリティ』
  • (2)『Cookieと他サイトのデータ』と選択
  • ページ下部にスクロールし(3)『すべてのCookieとサイトデータを表示』を選択
  • 右上の(4)検索欄に twitter と入力し
  • 表示された全てを(5)ゴミ箱アイコンで削除

ログインしないでTwitter検索をとりあえずしたい時

タイムラインをスクロールすると、どうしてもアラートが出てきてしまいますが、自身速報やニュースなど最新の情報だけ検索したいという場合は

という方法もあります。

Twitterはクローズド(非公開)SNSになろうとしているのか?

一部では『Twitterがクローズドサービス(ログイン=アカウントを持っていないと見られないようになる)になってしまった』なんて悲鳴も上がっています。

Gooogle Chromeで
[設定]>[プライバシーとセキュリティ]>
[Cookie と他のサイトデータ]>[Cookie を使用できないサイト]
からTwitterを登録する事でCookieをブロックしてみるが
Gooogle Chromeの場合
[設定]>[プライバシーとセキュリティ]>
[Cookie と他のサイトデータ]>[Cookie を使用できないサイト]

で特定のサイトのCookieだけをブロックする事もできる
ただし、ログインして使用する際にはブロック解除する必要がある

実際のところ、Twitterがそういった意図でこの仕様にしたのかどうかはわかりませんが、FacebookやInstagramと同じ方向へ進むもうとしているのだとしたら、それが良い事なのかは意見が分かれそうです。

まとめ

実は最近になって、クライアントと、知人から聞かれたので、問題解決方法としてご紹介しておきます。また誰かに聞かれたらめんどくさいので、このページのURLを伝えるだけで済まそうという魂胆です。皆さまも良かったらご活用ください。

余計なダイアログに邪魔される現象にイライラしている……という方は、このページで紹介した方法で回避してみてください。

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記事を気に入ったらハートマークで応援してください

この記事の執筆は……

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

UZUREA.NET 編集部アカウント。 webデザイン会社altstackのメンバー、及び契約ライターによる匿名寄稿を含みます。


page top