Microsoft『5KV-00006』エルゴノミクスキーボードのパームレストを張り替えてみた

Microsoft『5KV-00006』エルゴノミクスキーボードのパームレストを張り替えてみた

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

/ 更新:

長年仕事でつかっているマイクロソフトのエルゴノミクスキーボード。 6年以上使い続けてもはや身体の一部のような感覚な入力機器なのですが……パームレスト(手首を置く部分)の生地がボロボロになってきたのですこし悩ましいのでした。

長年の酷使にも関わらず壊れる様子もなく、買い替えるは少しもったいない上に愛着まで感じてしまっているので、折角なので自力で分解し補修・張り替えをしてみました。

Microsoft『5KV-00006』エルゴノミクスキーボードのパームレストを張り替えてみた

Amazonで買ったエルゴノミクスキーボード。 購入履歴をみるとなんと6年以上使い続けていました。

2015年8月24日に購入して使続けていた……『5KV-00006』
2015年8月24日に購入して使続けていた『5KV-00006』

これだけ長く使っていながら、キートップの文字はかすれてきていますがどこかが壊れるような事もなく、しっかりと機能し続けてくれています。 稼働期間を考えればコストパフォーマンスは良いですよね。

6年以上活躍したMicrosoft『5KV-00006』エルゴノミクスキーボードがこちら
6年以上活躍したエルゴノミクスキーボードがこちら

uzurea.netではクリーナーのレビュー時にも活躍してくれました。

そんな年季の入った相棒とも言えるキーボードですが、一点、パームレストがかなり汚くなってしまっているのが気になっていました。

手首を置く部分……パームレストの布に皺がはいっていたり、左手前の部分が破れたり。 白い点々は何回拭いても取れないので、どうやら汚れではなく生地がすり減って下地(?)の部分が見えてきているみたいです。

左手前の生地の劣化が特に激しいMicrosoft『5KV-00006』
左手前の生地の劣化が特に激しい

買い替えてもいいけど、折角なので(分解してみたいという興味もあって)ダメ元でこれを自分で張り替えてリフォーム? リプレース? に挑戦してみました。

情報収集と下準備

と、その前に事前準備です。 ひとまず、インターネットで他に 『5KV-00006』 (キーボードの型番)を分解した人がいないか検索してみると……英語の記事ですが、居ました居ました。

本製品は本来USB無線で接続するワイヤレスキーキーボードなのですが、その『USBドングル(子機)を紛失したのでもう1台買うのがもったいないから有線接続出来るようにしちゃった』……というツワモノです。

そこまでの改造をするつもりも、技術力もありませんが、分解過程は参考になりそうです。 先人の記録があると心強いですね、感謝。

Amazonで張り替えるための生地と、テープ用意

つづいて張り替えるための生地を用意します。 あまり高いものにしてもしょうがないので、Amazonで程よいものを見繕います。

決め手は、薄さと価格。

素材:PVC50% ポリウレタン50% 柔らかい素材です。厚み: 約0.7mm前後

Amazon 商品説明より

800円以下という価格。そしてあまり分厚くて貼れなかったりしても良くありませんし、大量に購入しても処分にこまりますので、ちょうど良いかな、と。

それともうひとつ用意したのが、この布を貼り付けるためのテープ。 これも薄くて粘着力の強いものが良いかなと思ったのですが、なるべく出費はおさえたいので所持品からちょど良さそうなものを……と物色したところ、救急箱に医療用サージカルテープ(3M トランスポア)があったのでこれを使いました(笑)

これは結果として、しっかり張り付いてくれて、柔軟性があって薄さもちょうどいい。しかも手で簡単、かつ綺麗に切れるので作業も楽。びっくりするくらい今回の用途にぴったりでした。

分解、そして張り替え

数日で購入した合皮も到着。 開けてみるとすこし有機溶剤のニオイがキツくて少し後悔しましたが、これは作業後数日で消えました。 作りたてほやほやの製品が到着したのかもしれませんね。

作業の工程は、先人にならって写真を掲載しておきましょう。

作業の結果……

以上の作業の結果、ほぼイメージ通りにリニューアルする事ができました。

所要時間は3時間ほど。 最初の取り外しの時のチカラ加減と、合皮シートのカットと取り付けに時間がかかりましたが、それほど高度な作業はありませんでした。

合皮の質感もほどよいザラザラ感で、綺麗だった頃の元生地と比べても高級感が増したような気もします。 手間はかかりましたが予想以上にいい仕上がりで、結構幸せな気持ちになりました。

まとめ

以上、DIYで『Microsoft 5KV-00006』エルゴノミクスキーボードのパームレストを張り替え作業をおこなった工程を紹介しました。はじめは失敗したら潔く買い替えよう……くらいの気持ちで臨みましたが、結果には大満足。作業後2か月ほど使い続けていますが、今のところ合皮も特に痛むことなく使い続けています。

後悔している点があって、せっかく分解したのだからキートップを取り外して洗浄すればよかったな、と。 表面からウェットティッシュなどで拭けばある程度綺麗にはなるのですが、こんな機会は滅多にないですからね。

最後に使った工具を記載しておきます、もし同じように『5KV-00006』を分解しようとしている人の参考になれば……です。

  • 精密ドライバー(プラス)
  • デザインナイフ
  • ハサミ
  • パームレスト取り外しに使ったピック(スマホのオープナーセットなどに入ってるものを使ったが、ギターピック
    などでも)
  • マイナスドライバー(同じくレスト取り外しに、ただし本体を傷めないよう注意を)
  • サージカルテープ 3M トランスポア(正直、これの便利さにかなり救われた)
  • 作業台に敷くカッティングマットA4サイズを使ったが、A3サイズがあればなお良し(または段ボールで代用も)
Microsoft『5KV-00006』エルゴノミクスキーボードのパームレストを張り替えてみた

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記事を気に入ったらハートマークで応援してください

この記事の執筆は……

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

UZUREA.NET 編集部アカウント。 webデザイン会社altstackのメンバー、及び契約ライターによる匿名寄稿を含みます。


page top