Amazonが突然、英語(他の言語)になってしまった場合の対処方法
Amazonが突然、英語(他の言語)になってしまった場合の対処方法

Amazonが英語や他言語表示になった時 日本語への戻し方

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

/ 更新:

Amazonで買い物をしようとした際、何故か英語(または他の言語)で表示されるようになってしまった……という方向けの解決策です。 パソコンでの表示と、スマートフォンのWebブラウザ(SafariやChromeなど)での表示、そしてAmazonのスマートフォンアプリでの対処方法に分けて解説します。

※日本のAmazon.co.jpを英語や中国語、その他の言語で利用したいという人にも応用できます。

Amazonが英語や日本語以外で表示される場合の対処法

英語版のAmazonを見た後や、海外サイトのリンクを踏んだ後などに日本語のアマゾン(Amazon.co.jp)まで日本語以外の言語で表示されてしまう場合があるようです。 以下に日本語表示への修正方法を機器別に掲載いたします。

なお、このページに掲載の言語設定を行うと、自身のアマゾンアカウントのメールアドレスに、『言語設定の変更』(英語に変更した場合は 『Updated Language Settings』)という題名のメールが届きます。 操作をした覚えがないのに、頻繁にこのメールが届く場合は不正アクセスなどの可能性もありますので、パスワードを変更し二段階認証を設定するなどしてセキュリティ設定を高めておきましょう。

パソコンでの表示言語修正方法

一番簡単で楽なのが、言語設定(Language Settings)ページに直接アクセスして設定を直す方法。

①『日本語 – JP』 を選択後 『変更(Save Change)』を選択で適用されます

言語によって表示は変りますが、上記の画像のような画面になるので、選択肢の一番上『日本語 – JP』 を選択後 『変更(Save Change)』を選択で日本語に戻ります。

その他にもアマゾン全ページのフッター(ページ最下部)にある言語設定からも変更可能です。

全ページのフッター(ページ最下部)にある言語設定からも変更が可能

スマートフォン Amazon公式アプリでの表示言語修正方法

アプリは、Web版よりもデザインが定期的に変わるのですが、基本的にはドロワーメニュー(『≡』みたいなボタン)の中から設定可能画面へ推移できます。

  1. ドロワー右下の”≡”というボタン)をタップし
  2. 表示されるメニューの下の方、Setting(設定) をタップ
    ※国旗がついているので見つけやすいです
  3. Country & Language (国と言語)をタップ
  4. Language: 欄が英語など他言語に代わってしまっているので、ここをタップ
  5. 日本語をタップ
  6. 前の画面に戻って、 言語: 日本語 と直っているのを確認したら、必ず『完了』をタップ
  7. 以上で修正完了

スマートフォン Webブラウザ版での表示言語修正方法

まず一番簡単なのは、PC版と同様下記リンクから直接アクセスする方法。

※スマートフォンでこの記事にアクセスしていて、上記のボタンをクリックしてもアプリが起動してしまう……という場合は、上記のボタンを長押しして『新しいタブで開く』とすると、そのままWebブラウザでアクセスできます。

他にも、スマホのWebブラウザ版も、PC版同様フッターに言語設定があるのですが……、大抵の場合無限スクロール(データ読み込み)仕様になっているので、フッターまでたどり着きません。 不便ですよね、無限スクロール。

という事で、下記の流れで設定変更する事になります。(上記リンクのほうが楽ですが)

  1. 画面上部にある自身のアカウント名をタップ(ログインしてなければログインします)
  2. 下部の 『Help & Setting (ヘルプと設定)』 をタップ
  3. 日本語 – JP』 を選択して 『Save Change(変更する)』をタップ
  4. 以上で修正完了です

まとめ

なぜ急に英語になってしまうのか……? 海外版のAmazonを閲覧した後や、うっかりフッターの多言語設定を押してしまったなど……、さまざまな要因があるようで特定はなかなかできません。 ひとまず、あせらずこのページで解説した内容を参考に日本語表示にもどしてみてください。

この記事の内容は、日本国内で買い物をする他言語圏の人がAmazon.co.jpの表示言語を変更したい、という際にも役に立つと思います。

Amazonが突然、英語(他の言語)になってしまった場合の対処方法

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記事を気に入ったらハートマークで応援してください

この記事の執筆は……

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

UZUREA.NET 編集部アカウント。 webデザイン会社altstackのメンバー、及び契約ライターによる匿名寄稿を含みます。


page top