Oi(オイ)について。 ~ Oi! & Street Punk 私的体験記 後編 ~

執筆: 流石の三太郎 アイコン 流石の三太郎

この記事をSNSでシェア

前回に引き続き、筆者の体験を元にOiについてご紹介を進めていきたいと思いますが、未読の方はまず前編をお読みいただければ幸いです。

今回は筆者『流石の三太郎』の私的な体験をを交え、Oiというジャンルについて触れていきたいと思います。 筆者はPunk(パンク)、Har...

    そんなこんなで、Oiの洗礼を受けて以来、再び界隈のライブへ通うようになります。

    スポンサーリンク

    Dropkick Murphys のラスティックなサウンド

    2001年(※)にはアメリカのボストンから来日しライブを行った『Dropkick Murphys(ドロップキック・マーフィーズ)』を見る機会がありました

    ※2001年(11月7日年 渋谷On AIR EAST)のライブ
    参考リンク smashingmag.comより

    それまで聴いた事の無いPunk/Oiのスタイル……バンジョーなどの民族楽器を使ったラスティックなサウンド……にぶっとばされたのでした。

    彼ら自体は、Oiに限らず様々なスタイルをとり込んだバンドではありますが、同来日ライブで印象的だったのが、会場に居た頭を坊主に剃り込んだブーツ姿の白人オーディエンス達。

    筆者はこの時までこの手のファッション(スキンヘッズ、スキンズ等)をした相手に漠然と感じていた『レイシストで危険なヤツら』という固定概念がこの時崩れます。彼らはとにかくピースフルで優しく、かつ楽しいヤツらで日本のオーディエンスと共にライブを目いっぱい楽しんでいました。

    SHARP思想

    後に筆者は『S.H.A.R.P. (※)』と呼ばれる、人種差別を嫌うスキンヘッズ達が居る事を知ります。彼らのスローガンは『アンチレイシズム』。彼らもOi PUNKを形成する一つの柱だったのです。

    ※SHARP=Skin Heads Against Racial Prejudice  LOGO

    元来、英国の労働者階級達による、モッズ、ルードボーイ、ジャマイカン、スカ、ソウルミュージックなどの文化へのリスペクトをもって誕生したOiの土壌が、政治的情勢や差別主義者達による曲解、そして当時のメディアによる報道で、スキンズ=差別主義者というレッテルを貼られてしまった事に対する意思表示としての運動。

    Wikipedia(英語版) より引用

    最先端で生き続けるOi、Punk

    日本のOiといえば 『COBRA』

    同時にその日のオープニングアクトだった三人組の『COBRA(コブラ)』にもやられまして、ジャパニーズOiはCOBRAを軸にずっと聞き続けています。

    活発な活動を続ける ANGER FLARES

    そして、残念ながらCOBRAの活動が少なくなったここ数年は、東京の『ANGER FLARES(アンガーフレアーズ)』を軸に聞いています。

    ANGER FLARESは海外ツアーも行っており、そのエネルギッシュに活動は海外のOi、Punkオーディエンス達にも高い評価を得ているようです。

    先日、同バンドのライブを見に行った折にもフロアには外国人のブートボーイズが沢山来ていました。海外の知人から『次にANGER FLARESがUKに来るのはいつなんだ!?』とメールで聞かれたこともありました。

    その他にも『JUNIOR』、『The ERECTiONS』、大ベテラン『捕虜収容所』、『SA』、札幌の『Oi!Valcans』、千葉の『RAISE A FLAG』、京都の『COCKNEY COCKS』などその他、沢山のバンドが、日本でも活動をつづけています。

    COCKNEY REJECTS も現役!

    最近ですと前編で触れた『ホリデイズ・イン・ライジング・サン』の当事者達『COCKNEY REJECTS』も、今年初め(2018年1月)に8年ぶりに来日し、壮絶なライブを見せてくれました。
    (もちろん今回は対バンを殴るという事はありませんでした)。

    同日のライブがYoutubeに上がっていたのでその有志を是非確認しておいてください。

    BOOZE & GROLY

    昨今もOi/Punk周辺の豪華なバンド達が来日を続けています。

    2017年にはイギリスから若手『BOOZE & GROLY』が来日。シンガロングが気持ちいい良曲が豊富。

    MADNESS(マッドネス)

    ストリートパンク、という括りでは、UK スカバンドの大御所『MADNESS』も来ました。

    COCK SPARRER(コックスパーラー)

    1972年活動開始という、伝説のバンド『COCK SPARRER(コックスパーラー)』も昨年(2017年)にアルバムをリリース、現在も尚活動しています。

    A.C.A.B

    他にも海外から名前が聞こえてくるバンドとして、マレーシアの『A.C.A.B』。

    ムスリムに忠実であることと、アンチドラッグを掲げるマレーシアンOiです。

    Klasse Kriminale

    イタリアの『Klasse Kriminale』もお勧め。

    男女混声の自由な雰囲気の心地いい楽曲が豊富。

    The Oppressed!

    UKのThe Oppressed!も現役。

    彼らは前述した『S.H.A.R.P. 』を掲げたアンチファシズムのOiバンドとしても有名です。

    まとめ

    以上、取りとめも無くOi(Street Punk)を軸に色々とご紹介させていただきました。

    1970年代に始まったこの潮流は、2018年の現在でもまだ多くのバンドとして生き続け、『UK SUBS』『THE BUSINESS(※ボーカリスト、ミッキー・フィッツ死去で2016年に活動休止。残念)』、『LAST RESORT』、『HARD SKIN(SNUFFやLEATHERFACEと仲の良い元Wat Tylerのメンバーがいる)』、アメリカの『RANCID』、『The Old Firm Casuals』、フランスの『LION’S LAW』など、本物の現役Oi/Punk バンドが来日しています。

    この手のアーティストが、様々な国内プロモーターやバンドの尽力により、国内で、しかも3000円前後で見られるというのは、ちょっとしたモンです。

    2018年に東京で聴くOi/Punkライブの空気は、昨今の日本で筆者が感じてる、

    『どうにもならない退屈な日本。でもやるんだよ!』

    な空気にぴったりな訳です。

    最後に、重ねてお伝えしておきたいのは、現在のOiは筆者の観測する範囲では、排他主義やレイシズムとはほぼ無縁に思えます。

    YouTube動画のコメント欄は人種や国籍を超えて「Oi! From ○○(国名)」という記述がそこかしこに溢れるのを目にすると、筆者も衝動に駆られ「Oi! Oi! From Japan」とコメントを書き加えます。

    彼らも筆者もインターネットという新しいインフラを通じて、Oiに触れ、微笑み、肩を組み、時にニッコリと笑っているのです。(了)

    スポンサーリンク
    記載内容につきまして

    掲載記事に関しまして

    当サイトの掲載記事は、UZUREA.NETスタッフやパートナーライターの主観によって執筆しています。内容については、実際の事象やスペック、用途と異なる場合がございます。
    また記載する製品やサービスの内容が正式スペックや保証範囲の適用外となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

    この記事をSNSでシェア