少女漫画家 三原順の描いた絵本『かくれちゃったのだぁれだ 新装版』発売 | uzurea.net

少女漫画家 三原順の描いた絵本『かくれちゃったのだぁれだ 新装版』発売

少女漫画家 三原順の描いた絵本『かくれちゃったのだぁれだ 新装版』発売
少女漫画家 三原順の描いた絵本『かくれちゃったのだぁれだ 新装版』復刊ドットコムより発売

執筆: UZUREA News アイコン UZUREA News

この記事をSNSでシェア

1973年に別冊マーガレット『ぼくらのお見合い』でデビューした漫画家 三原順氏。

その後1975年から1981年まで花とゆめで執筆した『はみだしっ子』シリーズが熱狂的な支持層を獲得。 以降も『セルフマーダー・シリーズ』、『X Day』、『ムーン・ライティング』等の名作、傑作を描きながらも、1995年3月20日病気のため42歳で死去しました。

この度、同氏が唯一『絵本』として描き、発売された『かくれちゃったのだぁれだ』が、復刊ドットコムより新装版として復刊 発売される事が決定しました。

スポンサーリンク

三原順による絵本『かくれちゃったのだぁれだ』

絶版や品切れ本をユーザーからの投票で復刊させる読者参加型のリクエストサイト『復刊ドットコム』。 同サイトは1999年に『株式会社ブッキング』として設立され、以後多くのユーザー達のリクエストに応え、様々な書籍を復刊してきました。

そんな同サービスが、はじめて復刊した書籍が三原順氏の『かくれちゃったのだぁれだ』だそうです。

かくれちゃったのだぁれだ 新装版
かくれちゃったのだぁれだ 新装版

この度、復刊ドットコムが2019年10月に創業20年を迎えるにあたって、過去に復刊をしつつも、今なお多くのリクエストが続くこの絵本を、オリジナル豪華特典付 新装版として復刊・再販する事が発表されました。

『かくれちゃったのだぁれだ 新装版』概要

『かくれちゃったのだぁれだ』は1984年に白泉社からチェリッシュ絵本館シリーズとして刊行された作品で、美食家にして空想家のトマスと、友人D・Dの騒動を描いた同氏の作品『ムーン・ライティング』シリーズのひとつ。

D・Dの子供時代、村に住む少年たちの宇宙を描くノスタルジック・メルヘン。 全編オールカラーで展開され、三原順氏の多彩なカラーリングを堪能できる一冊です。

当時、三原作品としては珍しい『絵本』での出版だったこともあり、現在でも本書を探しているファンの方が大変多い作品で、今回の新装復刊では、復刊ドットコムでの購入限定特典として、元の本にも同梱されていたB5判カラーカードの復刻。 また、原画から版を起こした複製原画、解説をセットにした豪華特典付きで販売予定。

『かくれちゃったのだぁれだ 新装版』 復刊ドットコムからの購入限定特典

  1. 底本に同梱されていたB5判カラーカード付属
  2. 原画から起こした特製複製原画と、解説をセットにしたオリジナル豪華特典付き
  3. オリジナル解説 (詳細調整中)

*復刊ドットコム以外での購入、および通常版には上記特典は含まれません。

かくれちゃったのだぁれだ 新装版 書籍概要

  • かくれちゃったのだぁれだ 新装版
  • 著者 :三原順
  • 出版社: 復刊ドットコム
  • 判型:A4
  • 頁数:32 頁
  • 予価 2,750円(税込)本体価格 2,500 円 + 消費税10%
  • 配送時期:2019/10/下旬

三原順 プロフィール

三原順 (みはら じゅん) マンガ家。 本名・鈴木順子。

1952年10月7日札幌に生まれる。 1973年、『別冊マーガレット』掲載の『ぼくらのお見合い』でデビュー。 1975年から1981年にわたり『花とゆめ』で連載された『はみだしっ子』シリーズによって熱狂的支持層を獲得。以降もセルフマーダー・シリーズ、『X Day』、『ムーン・ライティング』シリーズ等の名作・傑作で読者に感銘を与え続ける。

1995年3月20日、病気のため42歳で死去。

復刊ドットコム 三原順 関連製品

(c)三原順 2019
協力:米沢嘉博記念図書館、白泉社

関連リンク

スポンサーリンク
少女漫画家 三原順の描いた絵本『かくれちゃったのだぁれだ 新装版』発売

この記事が気に入ったら『いいね!』または『フォロー』で最新情報をチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク