書籍『安彦良和 マイ・バック・ページズ』発売決定 30時間超インタビュー/『南蛮西遊記 序章』 オールカラー掲載
書籍『安彦良和 マイ・バック・ページズ』発売決定 30時間超インタビュー/『南蛮西遊記 序章』 オールカラー掲載

書籍『安彦良和 マイ・バック・ページズ』発売決定 30時間超インタビュー/『南蛮西遊記 序章』 オールカラー掲載

UZUREA News アイコン

UZUREA News

/ 更新:

2+

アニメ『機動戦士ガンダム』の作画監督、キャラクターデザインなどで知られる、漫画家・アニメーターの安彦良和(やすひこ よしかず)氏。太田出版より刊行される書籍『安彦良和 マイ・バック・ページズ』は、同氏への30時間を超える超ロングインタビューで語り下ろした一冊。

2020年11月25日発売予定で、価格は2,420円(税込)

安彦良和 マイ・バック・ページズ

アニメ『機動戦士ガンダム』『クラッシャージョウ』『巨神ゴーグ』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』、漫画『アリオン』『虹色のトロツキー』『天の血脈』『乾と巽-ザバイカル戦記-』などで知られる、漫画家・アニメーター安彦良和。 本書は、そんな同氏が過去に手掛けてきた”全仕事”を30時間を超える超ロングインタビューを掲載。

雑誌『CONTINUE』(太田出版)Vol.54(2018年7月)Vol.62(2019年11月)に掲載された同名連載を元に、聞き手を務めた石井誠が執筆を担当した完全描き下ろし新刊。 “マイ・バック・ページズ=歩んできた長き道のり”をたどるべく、安彦良和氏自身が「こんなことまで聞かれるの?」とまで語った、超ロングインタビューを掲載。 全544ページのボリュームで安彦良和氏の世界を振り返る事ができる一冊です。

長い取材という意味では、今まで受けた取材の中で、これが一番長かった。こんなことまで聞かれるの? という部分も含めて丹念に聞いていただけたので、こちらも随分思い出せるところがありました。

(安彦良和/本文より)

収録コミック 南蛮西遊記 序章 について

また『南蛮西遊記 序章)』 がフルカラー24ページ(初単行本化)で収録される事がアナウンスされています。

編集部補足:2002年に発売されたワールドカップ特別書籍『adidasMANGA FEVER(アディダス・マンガ・フィーバー)』に掲載された、『BATEREN 南蛮西遊記序章』 だと思われます。

¥351 (2020/12/03 10:37:47時点 Amazon調べ-詳細)

安彦良和 マイ・バック・ページズ 収録内容

  • 表紙:安彦良和(描き下ろしイラスト)
  • まえがき:石井誠
  1. 漫画家への憧れとアニメーターへの道
    • 影響を受けたふたりの漫画家
    • 上京、そしてアニメーターへ
    • 虫プロの倒産と創映社との出会い
  2. 『機動戦士ガンダム』とアニメーターとしての隆盛
    • 『宇宙戦艦ヤマト』への参加と西崎義展との出会い
    • 人気アニメーターとして認められた『勇者ライディーン』と『超電磁ロボ コン・バトラーV』
    • 念願の原作者デビューとなった『わんぱく大昔クムクム』
    • 『ろぼっ子ビートン』、『火事と子馬』迷走していた時期の作品たち
    • 『機動戦士ガンダム』の始動とアニメ業界の変化
    • 急病による『ガンダム』の制作からの離脱
    • 念願の漫画家デビューとなった『アリオン』
    • やり残しの思いをぶつけた、劇場版『機動戦士ガンダム』
    • 初監督作品『クラッシャージョウ』始動
  3. アニメ界の潮流の変化とアニメからの引き際
    • 自由な作品となるはずだった『巨神ゴーグ』
    • 後ろ向きな気持ちしか無かった劇場版『アリオン』
    • 漫画家としての新たな試みを行った『クルドの星』
    • 本格的な引退を意識した『ヴイナス戦記』の始動
    • 初の原作付き作品のアニメ化となった『風と木の詩』
    • 自社制作で挑んだ劇場版『ヴイナス戦記』での苦悩
    • 『ヴイナス戦記』の“封印”の真実
  4. 漫画家、小説家としての新たなるスタート
    1. スポーツ漫画に挑戦した未完作『Cコート』
    2. ライトノベル小説への挑戦と離脱
    3. 幻となったOVA『蒼い人の伝説 ルウは風の中で』
    4. 小説家として描いた作品への思い
    5. 専業漫画家への第一歩となった『ナムジ 大國主』
    6. 『虹色のトロツキー』から始まった、もうひとつのライフワーク
    7. 大作の狭間に描かれた『安東 ANTON』と『三河物語』
    8. アニメ業界から退いたからこそできたこと
  5. キリスト教を題材とした西洋史とオールカラー作品への挑戦
    • 英雄的活躍の裏の妖しさに惹かれたジャンヌ・ダルクという題材
    • しっかりとしたテーマ性を持ってイエス・キリストを描く
    • エンターテインメント性を重視したオールカラーコミックス『マラヤ』
    • ローマ帝国の暴君から現代的なテーマを読み取る『我が名はネロ』
    • 俯瞰すると見える西洋史シリーズの繋がり
  6. 漫画家としての新たなステップへ
    • 自由民権運動への流れを描く近代史シリーズ『王道の狗』
    • ご当地ものと時事性を重ねた『韃靼タイフーン』
    • 古事記をテーマにした3つ目の作品『蚤の王』
    • 最後の西洋史シリーズ『アレクサンドロス』
  7. 再び“ガンダム”と向き合った『THE ORIGIN』への道のり
    • 苦々しい思いで関わった、ふたつのガンダム作品
    • 最初は断っていた『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の執筆
    • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』で変えたかった要素とは?
    • 厚みを増し、さらなる解釈が加わって描かれるキャラクターたち
    • 作品のテーマは「人はわかりあえない」
  8. 古代史、近代史、時代劇での新たなる挑戦
    • 天草四郎と隠れキリシタンを題材とした『麗島夢譚』
    • 古代史シリーズと近代史シリーズが交錯する『天の血脈』
    • 古代史のメジャーな英雄「ヤマトタケル」を描く挑戦
    • 狭間に描かれた、『勝海舟』、『チェ・ゲバラ』、『箱馬橇』という3つの短編
  9. アニメーションの現場への帰還、最後の長期連載
    • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のアニメ化にかけた思い
    • 抜けていた“大正時代”を埋める作品、『乾と巽-ザバイカル戦記-』
    • 今まで、そしてこれからの仕事との距離感
  • 漫画:南蛮西遊記 序章(オールカラー24ページ/初単行本化)
  • あとがき:安彦良和

書籍情報

著者 安彦良和 石井誠
出版社 太田出版
判型 四六判
頁数 544 頁
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784778317294
発売予定日 2020年11月25日
予価 2,420円(税込) (本体価格 2,200 円 + 消費税10%)

関連リンク

安彦良和さんの描画風景
安彦良和さんの描画風景
「機動戦士ガンダム」生みの親の1人 安彦良和氏語る 宇宙移民、大日本帝国とナチズムの共通点
「機動戦士ガンダム」生みの親の1人 安彦良和氏語る
書籍『安彦良和 マイ・バック・ページズ』発売決定 30時間超インタビュー/『南蛮西遊記 序章』 オールカラー掲載

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記を気に入ったらハートマークで応援してください

2+

page top