Yahoo!ショッピング 『ライト出店』終了、既存の店舗はプロフェッショナルに移行 - uzurea.net

Yahoo!ショッピング 『ライト出店』終了、既存の店舗はプロフェッショナルに移行

執筆: UZUREA編集部 アイコン UZUREA編集部

Yahoo!ショッピングでは、これまで比較的簡単な手続・審査で利用できる『ライト出店』と、本格的なネットショップを運営する層向けの『プロフェッショナル出店』の2種類のプランが提供されていました。

所が、昨年(2018年11月28日に)『ライト』の出店者へ、同プランの終了と『プロフェッショナル出店』に移行を促す旨の案内がありました。(案内へのリンク

Yahoo!ショッピング ライトとは

Yahoo!ショッピングのライトプランは、ECサイトやネット販売に不慣れな層などにもわかりやすく簡略化されたシステム『ストアクリエイター』を使って店舗を運営します。

※プロフェッショナルプランは『ストアクリエイター PRO』とよばれるシステムで運営

実際のところは……

とはいえ、ライト出店をしている店舗の中には、基本利用料『無料』という事で試しに申し込んでみたけどよくわからない、と出店後に開店まで至らなかったり、開店こそしてみたものほとんど運営されている様子がない……という店舗も多くあった様です。

また、ライト出店の『ストアクリエイター』上では、ショップのデザインは数点のテンプレートの中からしか選択できず、ニュースレター配信が出来なかったり、クーポンの配布も出来ず、ポイント付与率も商品毎に設定できなかったり、PRオプションが利用できなかったりと、売上アップをするための王道施策が打てませんでした。

Yahoo!ショッピング ライト出店プラン管理画面『ストアクリエイター』

Yahoo!ショッピング ライト出店プラン管理画面『ストアクリエイター』

また、売上が安定してきた所でプロフェッショナルでの出店に変更したい……と思ってもデータ移行は出来ず、あらためて『プロフェッショナル』の出店申請をし、審査を受ける必要がありました。また、出店審査OKとなってもライト出店時にユーザーから投稿された店舗評価などは引き継げませんでした。

上記のような理由もあってか、ネット上では『ライト出店プラン』の評判はあまり良くなく、昨今は活発に利用されていなかったのではないかと予想します。

今後のYahoo!ショッピング ライト出店は

2018年11月28日の『ライト』出店終了のアナウンス以後、Yahoo!ショッピングの出店受付TOPページから『ライト出店申し込み』のリンクなどは取り除かれています。

ライト出店を受け付けていた頃のYahoo!ショッピング『出店トップ』画面

ライト出店を受け付けていた頃のYahoo!ショッピング『出店トップ』

ライト出店終了のアナウンス後の『出店トップ』画面 Yahoo!ショッピング

ライト出店終了のアナウンス後の『出店トップ』

2019年1月現在、既存のライト出店運営者へは『2019年5月下旬に休店、6月末日に閉店』となる旨と、『プロフェッショナル出店』への移行を促すメール連絡が各出店者に送信されています。

案内によると、今回の『ライト出店』終了にあたっては、移行申請後の審査に合格すれば、さらに『データ引継希望』を申請する事ができるようです。

出店者様にご利用をいただいておりますYahoo!ショッピング 「ライト出店ストア」は、2019年5月下旬に休店、6月末日に閉店とさせていただきます。 それに伴い、「ライト出店」に関する出店者様との契約につきましては、ショッピングストア利用約款第47条第1項の定めに基づき、2019年6月末日をもって一律、解約となります。

Yahoo!ショッピング 法人・個人事業主の出店者様は、出店方法を 『プロフェッショナル出店』へ移行いただきますようご案内申し上げます。

Yahoo!ショッピング 出店者様向けお知らせ 『法人・個人事業主「ライト出店」の出店者様へ出店移行詳細のご案内』 より

これの『引継ぎ』がどの程度可能なのかは現在のところ公開されていませんが、店舗や商品のレビューや、顧客データなどが保持された形で移行できるのであれば、これまでライト出店プランのみで頑張ってきた運営者にとっては良いニュースかもしれません。

まとめ

Yahoo!ショッピングは、出店店舗数に関してはAmazon、楽天などを抜く50万以上の登録店舗があるそうです。

反面、年間流通総額に関しては、Amazon、楽天に対して下回る状況で(楽天の1/3程という情報も)、実際には運営されていない店舗が多数あるのではないかと想定されています。

また、Yahoo!ショッピングの出店審査はここ数年かなり厳しいようです。また、出店審査がNGだった場合も、その理由は絶対に開示されずテンプレートメールで案合されるため、やりきれない思いをしている方も多いのではないでしょうか。

今回のライト出店廃止によって、結果的に、Yahoo!ショッピングのシステム負荷やリソースの軽減と、今後も主力システムとして日々改良アップデートされていくであろう『ストアクリエイターPRO』への注力がなされて行く事で、少しでもYahoo!ショッピングの出店間口が広がるのであれば良いのですが。

複雑な気持ちもありますが、Yahoo!ショッピングが規模縮小……という訳ではありませんので、前向きな方針転換として受け入れたいと思います。

ライト出店からプロフェッショナルへの移行手順や、申請、作業の手順などについては下記ページに詳しく記載されており、随時更新されている様なので、関係者の方は必ずチェックする事をお勧めいたします。


もしこの記事が役にたったら、シェアをお願いします。

この記事のタイトルとアドレスをコピーする


Page top