WordPress用広告管理プラグイン比較 アドセンス・アフィリエイト広告の運用に
WordPress用広告管理プラグイン比較 アドセンス・アフィリエイト広告の運用に

WordPress広告管理プラグイン比較 アドセンス・アフィリエイト広告運用を効率化

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

/ 更新:

当記事の内容および記事中のリンクには、広告目的や当サイトが収益を得るためのものが含まれており、これらの収益によってuzurea.netは運営されています。

当記事ではWordPress用の『広告管理プラグイン』を数件比較・検討し、実際に導入したものについて解説しています。

WordPressでWebサイトを運用しつつ、Googleアドセンスやアフィリエイトなどのバナー広告を運用するのに便利な、Web管理者/運用者向けの記事です。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

WordPress用広告管理プラグイン 必要な機能

まず、今回必要とした機能(要件)は以下のようなもの。

  1. 画像バナーやリンクするURLだけでなく、解析用の広告コード(HTML、JavaScriptなど)を柔軟に入力・設定できる
  2. ひとつの広告表示エリアに対して、複数の広告をランダムに表示出来る
  3. 広告の表示回数(IMP=インプレッション)を記録してくれる
  4. 広告のクリック数(CT)を記録してくれる
  5. 広告の掲載開始日と終了日を設定できる
  6. ショートコード、テーマ用関数で、設置箇所を任意に設定出来る
  7. 無料〜10,000円位までの価格で利用できる

上記の内容で、いくつかのプラグインを実際に導入、テストまで行い比較検討しました。

プラグイン『AdRotate』

前述の必要要件を満たして、実際に導入・利用したのがこの『AdRotate(アド・ローテート)』。 WordPressプラグインディレクトリに登録されている正式名称は『AdRotate – Ad manager & AdSense Ads』。

WPプラグイン AdRotate – Ad manager & AdSense Ads
AdRotate – Ad manager & AdSense Ads
1.広告コードの入力 JavaScript、htmlなど自由に入力できる
2.複数広告ランダム表示 グループ化し、グループに登録した広告をランダム表示可能
3.インプレッションを記録 計測可能
(Googl AdsのようなJavaScriptを介して表示するものは不可)
4.クリック数(CT)を記録 計測可能
(Googl AdsのようなJavaScriptを介して表示するものは不可)
5.掲載開始日と終了日を設定 日・時・分単位で設定可能
6.設置箇所を任意に設定 ショートコード、テーマ用コード
7.価格
  • 無料で上記要件は対応
  • 有料版は、€39.00/1サイト(※)で上位機能が追加
  • ※日本円で5、000円前後。1年間のアップデート&サポート対応。
評価 ★★★★☆(4.5/5)

当記事の執筆時点(2021年4月)プラグインのインターフェースは日本語翻訳されておらず、日本語で紹介している記事も少なめですが、無料版でも利用できる統計機能や、グループ機能の設定項目、クリック上限/インプレッション上限の設定、かゆいところに手が届く全般設定の気の利いた項目などなど……純粋な機能で比較してみると非常に優秀なプラグインだと感じました。

今回必要な機能は無料版で利用出来る範囲内で満たしていますが、上位有料版も提供されており、価格は€39.00(日本円で¥5,000前後)。

AdRotateの画面例

プラグイン『Ads by datafeedr.com』

こちらは完全無料の広告管理プラグイン『Ads by datafeedr.com(Ads バイ・データフィーダードットコム)』。

WooCommerce対応のアフィリエイトプラグインなども(多分こちらが本業)提供する『datafeedr.com』が公開、提供している広告管理プラグイン。

WPプラグイン Ads by datafeedr.com
Ads by datafeedr.com
1.広告コードの入力 JavaScript、htmlなど自由に入力できる
2.複数広告ランダム表示 グループ化し、グループに登録した広告をランダム表示可能
3.インプレッションを記録 計測可能
(Googl AdsのようなJavaScriptを介して表示するものは不可)
4.クリック数(CT)を記録 不可
5.掲載開始日と終了日を設定 日単位で可能
6.設置箇所を任意に設定 ショートコード、テーマ用コード
7.価格 無料版のみ
評価 ★★★☆(3.5/5)

実は今回の選定以前に導入・利用し、ある程度満足していました。 ところが、あるときMySQLのエラーが頻発しているのに気づき、試行錯誤の末このプラグインを無効にしたところ改善したため利用を停止しました。 (実行環境独自の問題である可能性もあるので、このプラグインが悪いとは言いきれません)

クリック数の計測には非対応、日本語UIにも未対応ですが、機能全般がWordPress(カスタム)投稿のUIを踏襲しているので、使い方を感覚的に理解しやすいプラグイン。 日本国内で、このプラグインを解説しているページも多く、利用者が多そうです。

Ads by datafeedr.comの画面例

プラグイン『Advanced Ads』

この『Advanced Ads – Ad Manager & AdSense(アドバンスドAds・Adマネージャー・アンド・アドセンス)』も優秀なプラグインです。

無料の範囲ではクリック数の計測に非対応ですが、有料版アドオンを利用するとGoogleアドセンスと連動したクリック数の計測の他、クライアント向けのダッシュボード、広告スペースをオンラインで販売する機能など……豊富なアドオンが提供されています。

WPプラグイン Advanced Ads  Ad Manager & AdSense
Advanced Ads – Ad Manager & AdSense
1.広告コードの入力 JavaScript、htmlなど自由に入力できる。 PHPコードも入力可能。
2.複数広告ランダム表示 グループ化し、グループに登録した広告をランダム表示可能。 広告別に重要度を設定し、表示バランスの調整も可能。
3.インプレッションを記録 無料版不可。
有料版で計測可能
4.クリック数(CT)を記録 無料版不可。
有料版で計測可能
5.掲載開始日と終了日を設定 掲載から何日間表示……といった設定が可能
6.設置箇所を任意に設定 ショートコード、テーマ用コード、そのほかカテゴリ、投稿タイプなど表示条件を設定可能
7.価格
  • 無料版のみ提供
  • Pro版が€49/1サイト(6,400円前後)でPro版が利用可能
  • ほかにも機能別にアドオンを提供
  • 全てを利用可能にするAll Access版は€89.00/1サイト(11,500円前後)

各種アドオンはライセンス契約をすると1年毎に自動課金されます。この支払はいつでもストップでき、その後も有料版機能は利用できますが、最終支払日から1年を過ぎるとアップデートやサポート対象外となります。

評価 ★★★☆(3.5/5)

日本語化も万全ではありませんが、一部対応しています。

表示エリアのレイアウトをプラグインから設定できたり、広告をスライダーで切り替えたりと、かなり多機能なのですが、無料でできる範囲の機能としては(今回の選定基準では)やや不足で、有料アドオンは使いそうもない機能が多く、帯に短しタスキに長し……という事で採用には至りませんでした。

この手のオールインワンなプラグインを利用すると、WordPressのアップデートや、プラグインのアップデートの際にいろいろと弊害が出る場合があるので……というのは、好みの問題かもしれませんが、デザインや表示の調整に関してはテーマ、テンプレートで管理していたほうが安心する、というサイト運営者さんの方が多いのではないでしょうか。

Advanced Adsの画面例

Advanced Ads 広告の投稿・管理画面。レイアウトや条件など細かく指定できる。
広告の投稿・管理画面。レイアウトや条件など細かく指定できる。

プラグイン『Ads Pro Plugin』

今回、envato marketで販売されているプラグイン『Ads Pro Plugin Multi-Purpose WordPress Advertising Manager』も候補として挙がりました。

WPプラグイン Ads Pro Plugin Multi-Purpose WordPress Advertising Manager
Ads Pro Plugin Multi-Purpose WordPress Advertising Manager

解説を読んでいると、必要そうな機能が実装されていて、かつ$57(6,200円前後)の買い切りライセンス。 8000件以上購入されていて、海外のメディアでは結構レビューが掲載されています。

機能は豊富そうなのですが管理画面のオンラインデモが無い……。 提供されているのは解説ページ(https://adspro.scripteo.info)のみ。 テスト導入にも至りませんでしたので、「こんなプラグインがあるよ」というご紹介のみにとどめておきます。

まとめ

ということで、今回導入したのは『AdRotate』でした。 相対的にみても、無料で利用できる機能の充実具合と、有料版のコストパフォーマンスが良いと感じました。

シンプルで最低限の機能であれば『AdRotate』。 多機能な有料アドオンを活用したいという場合は『Ads Pro Plugin』も選定対象としてもよいのではないでしょうか。

WordPress用広告管理プラグイン比較 アドセンス・アフィリエイト広告の運用に

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記事を気に入ったらハートマークで応援してください

この記事の執筆は……

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

UZUREA.NET 編集部アカウント。運営会社スタッフ及び契約ライターによる匿名寄稿を含みます。

関連する記事

Adobe Fontsで使用できる日本語フォント680件 一覧&絞り込みツール 2023年11月更新

Adobe Fontsで使用できる日本語フォント680件 一覧&絞り込みツール 2023年11月更新

SOUNDPEATS『Air4 Pro』レビュー ノイズキャンセル搭載ワイヤレスイヤホン 低音重視ながら透明感も【製品提供記事】

SOUNDPEATS『Air4 Pro』レビュー ノイズキャンセル搭載ワイヤレスイヤホン 低音重視ながら透明感も【製品提供記事】

Yahoo!タグマネージャー(YTM)が2024年6月30日をもってサービス提供終了

Yahoo!タグマネージャー(YTM)が2024年6月30日をもってサービス提供終了

Amazon Kindle『翔泳社ゴールデンウイークセール』開催 2023年5月12日(金)まで 対象書籍一覧も掲載

Amazon Kindle『翔泳社ゴールデンウイークセール』開催 2023年5月12日(金)まで 対象書籍一覧も掲載

SOUNDPEATS『Capsule3 Pro』ノイズキャンセル搭載 Hi-Res Audio認証ワイヤレスイヤホンレビュー 【製品提供記事】

SOUNDPEATS『Capsule3 Pro』ノイズキャンセル搭載 Hi-Res Audio認証ワイヤレスイヤホンレビュー 【製品提供記事】

シーケンサー型DAW『ACID Pro 11』発売 期間限定38%offセールも

シーケンサー型DAW『ACID Pro 11』発売 期間限定38%offセールも

wajunの39,800円ノートPC『Pro-8』を買ってみた。レビュー&ベンチマークテスト

wajunの39,800円ノートPC『Pro-8』を買ってみた。レビュー&ベンチマークテスト

DTM シーケンサー型DAW『ACID』最新版発売『バージョン 10』発売

DTM シーケンサー型DAW『ACID』最新版発売『バージョン 10』発売

Wacom MobileStudio Pro 13(2019年モデル 第2世代)が2019年12月12日発売決定

Wacom MobileStudio Pro 13(2019年モデル 第2世代)が2019年12月12日発売決定

『GOM Mix Pro』 本格的動画編集ができるお買い得ソフト【製品提供記事】

『GOM Mix Pro』 本格的動画編集ができるお買い得ソフト【製品提供記事】

Wacom MobileStudio Pro 16 (第2世代) 2019年10月18日(金)発売。13インチモデルも後日発売。

Wacom MobileStudio Pro 16 (第2世代) 2019年10月18日(金)発売。13インチモデルも後日発売。

iPhone/iPad 画面サイズ、解像度、アスペクト比一覧 初代~歴代端末を網羅

iPhone/iPad 画面サイズ、解像度、アスペクト比一覧 初代~歴代端末を網羅


page top