Music BAR『亀戸 IN THE AIR(イン・ジ・エア)』: お酒と音楽を楽しめる都内のお店
Music BAR『亀戸 IN THE AIR(イン・ジ・エア)』: お酒と音楽を楽しめる都内のお店

Music BAR『亀戸 IN THE AIR(イン・ジ・エア)』 お酒と音楽を楽しめる都内のお店

流石の三太郎 アイコン

流石の三太郎

/ 更新:

これまで当サイトで紹介してきた、音楽とお酒が楽しめる粋なBARシリーズ。 今回は東京は下町 亀戸にあるお店『亀戸 IN THE AIR』のご紹介です。

昨今、若者向けの遊び場所や文化、経済の中心地は東京の西側の街が中心となっているような気がします。 実際にクラブBAR、そして飲食店やエンターテインメントなども、渋谷、新宿、原宿を中心にあつまっています。

一方で、江戸時代中期以降の庶民向け興行や芸能・エンターテイメント、遊び場は上野や浅草といった東京の東側……下町とよばれるエリアも元気であったようで、今後はそんな下町をもう少しクローズアップしていきたい……というのが筆者が昨今感じる”何か”なのであります。

亀戸 IN THE AIR(イン・ジ・エア)

さて今回紹介するのは、そんな下町と呼べる地域、JR亀戸駅から徒歩5分のところにあるDJ/Live Music BAR『IN THE AIR』

DJ/Live Music BAR『IN THE AIR』入口
DJ/Live Music BAR『IN THE AIR』入口

同店の店長はノブ(NOBU)さん。 パーティでは自らDJも行い、兄妹2のバンド『夕陽ヶ丘』を主宰するなど、現役のアーティストでもあります。 結果として、2019年12月にオープンしたお店は、すでにかなりの音楽好きが集まるような磁場が形成されているようです。

店内にはアーティストのポスターが多数

お店に入ると様々なポスターの展示に目を奪われます。 高倉健、忌野清志郎、尾崎豊、佐藤伸治(フィッシュマンズ)、坂井泉水(ZARD)、カート・コベイン(NIRVANA)、リバー・フェニックス、ビースティーボーイズ、ボブ・マーリー、スミスのモリッシーとマー……。

ポスターの下に書かれているのは、彼らの名前(亡くなっている場合享年)。 各才能達に敬意を表するようなチョイスのようです。 もしかするとIN THE AIRというお店の名前とも関連しているのでしょうか。

昨今の時世に沿って、入店時のアルコール消毒や、マスク着用、換気時間をもうけるなどコロナ対策も万全でした。

開催するパーティの様子は……

筆者はこのお店の常連さんのご縁で『US コミュニケーションナイト』というアメリカ合衆国産の音楽縛りの選曲を楽しむという企画にDJとして出演させてもらったのがご縁の始まり。 その日は、10名近いDJ達がロック、ファンク、R&B、ソウルヒップホップなど、思い思いの楽曲を持ち寄り、初対面に近い皆が音楽の話題を軸に盛り上がり仲良くなっていく。 ……という、クラブ、ミュージックBARの理想のような空間でした。

亀戸 IN THE AIR パーティの様子
亀戸 IN THE AIR パーティの様子

DJブースは物理的なセッティングの良さもそうですが、ブースとお客さんとの心の距離が近く、心地よくDJができるお店だと感じました。

亀戸 IN THE AIR DJ ブース
亀戸 IN THE AIR DJ ブース

イベントは平日も含めてほぼ毎日開催されていて、バータイムのチャージは800円。各種ドリンクは600円より。 焼酎(レモンサワー)好きな筆者といたしましては、ドリンクの『なか』に使われる焼酎がSAZAN(アサヒビール社)なのが嬉しかったです。悪酔いしにくく、レモンサワーに向いている焼酎です。

亀戸 IN THE AIR DJ 
バータイムのメニュー
亀戸 IN THE AIR DJ
バータイムのメニュー

2回目に遊びに行った時はHIP-HOPパーティが開催されていました。Rock BARな内装のIN THE AIRですが、実際には多彩なジャンルの音楽が聞ける場所なのが伝わってきました。 このパーティに招待してくれた知人DJは、普段テクノ中心にDJをしているのですが、その晩は始めてIN THE AIRでヒップホップDJに挑戦するようで、その目は輝いていました。

というわけで、亀戸界隈に在住の方はもちろん、東京の東側でぶらっと寄りたくなるような粋なBARをお探しの方におすすめしたい 『亀戸 IN THE AIR』のご紹介でした。

(文・流石の三太郎)

亀戸 IN THE AIR(イン・ジ・エア) 店舗情報

亀戸 IN THE AIRへのアクセス、その他各種詳細情報は公式サイトなどもご確認ください。

Music BAR『亀戸 IN THE AIR(イン・ジ・エア)』: お酒と音楽を楽しめる都内のお店

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記事を気に入ったらハートマークで応援してください

この記事の執筆は……

流石の三太郎 アイコン

流石の三太郎

埼玉県大宮市生まれのライター/コラムニスト。2001年執筆活動開始。おっさん。サブカルチャー(庶民文化全般)ジャンル分け不可能かつ、しっちゃかめっちゃか多岐に渡り、 主に雑誌を中心に執筆。

『昭和50年男』『実話 BUNKA タブー』『TV .Bros』『スーパー写真塾』『実話マッドマックス』『バースト』『Tattoo バースト』『ホイップ』『bounce』『CD ジャーナル』『サイゾー』『R-ZONE』などで執筆。音楽、笑い、テレビ、AMラジオ、アンダーグラウンド・クラブカルチャーなどが守備範囲。

プロフィール画像は江戸時代の絵師にして、洒落本の編集者の山東京伝。(Wikipedia CC0)


page top