荻野真『孔雀王 <漫画原稿再生叢書>』発売 生原稿を原寸サイズで再現するシリーズ第7弾 | uzurea.net

荻野真『孔雀王 <漫画原稿再生叢書>』発売 生原稿を原寸サイズで再現するシリーズ第7弾

荻野真『孔雀王 <漫画原稿再生叢書>』発売 生原稿を原寸サイズで再現するシリーズ第7弾
荻野真『孔雀王 <漫画原稿再生叢書>』発売 生原稿を原寸サイズで再現するシリーズ第7弾

執筆: UZUREA News アイコン UZUREA News

日本マンガ史を代表する名作マンガを、生原稿原寸サイズで、のど側が曲がることないようにコデックス装(特殊製本)で書籍化していく復刊ドットコムの『漫画原稿再生叢書(まんがげんこう さいせいそうしょ)』企画。 その第7弾として、荻野真氏の代表作『孔雀王』から、最終決戦を描いた3話分が刊行されます。

書籍単品版予価 27,500円(税込)密教法具『独鈷杵(どっこしょ)』付き限定版予価 28,600円(税込)

いずれも、2020年10月発送予定です。

荻野真『孔雀王 <漫画原稿再生叢書>』

<漫画原稿再生叢書>シリーズ第7弾! 1980年代を代表する伝奇アクション漫画の傑作『孔雀王』。あの感動の最終決戦が、大迫力の原画そのままのサイズで蘇ります!

孔雀王 <漫画原稿再生叢書>
孔雀王 <漫画原稿再生叢書>
復刊ドットコム
¥27,500 (2020/09/18 03:42:13時点 Amazon調べ-詳細)

『孔雀王』 とは

2019年4月29日に惜しまれながら早逝した漫画家 荻野真氏が、1985~89年にかけて集英社『週刊ヤングジャンプ』誌上に連載した長編漫画『孔雀王』。孔雀明王を守護神に持つ主人公の退魔師 孔雀による化け物退治を描いた連作として始まり、やがて闇の密法集団 六道衆との戦いを軸に、世界各地の神話や伝承を取り込みながら物語はさらに壮大なスケールへ。ヒロインとなる阿修羅やライバルの王仁丸、仙道士の黄海峰らの仲間を得て、裏高野や龍神族を巻き込みながら繰り広げられる戦いの中で、双子の姉 朋子や父 慈覚の過去、そして孔雀自身の秘められた運命が明かされてゆく—!

著者にとって実質的なデビュー作であり、また密教を主要モチーフにした伝奇バトル漫画という特異なジャンルでありながら大ヒットを記録し、アニメや実写映画、さらにはゲームへと様々に展開したメディアミックス作品としても成功をおさめました。著者はこの作品で集英社青年漫画大賞を受賞しています。

その後も、『孔雀王 退魔聖伝』(『ヤングジャンプ』/1990~92年)、『孔雀王 曲神紀』(『ヤングジャンプ』/2006~09年)、そしていずれも病床で最終話を書き上げたという『孔雀王ライジング』(『月刊! スピリッツ』/2015~19年)、『孔雀王 戦国転生』(『コミック乱ツインズ 戦国武将列伝』『コミック乱』/2012~19年)まで、数度にわたり続編が描かれるなど、名実ともに著者にとっての代表作でした。

このたび、復刊ドットコム独自企画である『<漫画原稿再生叢書>』の一巻として、この『孔雀王』が刊行されます。

主な収録内容

<漫画原稿再生叢書>』は、その特殊仕様のために印刷・製本できるページ数にも限度があり、長編作品全体を収録するわけにはいきません。今回は、『孔雀王』最大のハイライトである最終決戦を描いた3話『金剛界四印会』『終焉』『光と闇と』を収録。見開きで精緻に描かれた天蛇王や四印会の陣などが大迫力の原画サイズで甦ります!

初版限定生産のため、この機を逃すことなくお手に取ってご覧ください!

独鈷杵付き限定版 について

復刊ドットコム限定取扱いの激レア仕様。作中で孔雀も使用している、持ち手の両端に槍のような刃が付いた密教法具『独鈷杵(どっこしょ)』付き! 数量限定ですので、ご予約はお早めにどうぞ。

『孔雀王』2巻表紙より、独鈷杵を持つ孔雀
『孔雀王』2巻表紙より、独鈷杵を持つ孔雀
Amazon より

著者 荻野真(おぎの まこと) プロフィール

1959年5月26日、岐阜県生まれ。名古屋大学理学部を中退後、集英社「ヤングジャンプ」編集部への持ち込みを経て1985年『孔雀王』でデビュー。同作で集英社青年漫画大賞を受賞。『孔雀王』シリーズ以外の作品に『ALGO』『暁星伝奇・真魚』『夜叉烏』『小類人』『拳銃神』『おぼこ』『怨霊侍』『15の春』『サルビアの海』など。2019年4月29日、腎不全のため死去。享年59。

書籍情報

著者 荻野真
出版社 復刊ドットコム
判型 B4変
頁数 70 頁
ジャンル コミック・漫画
ISBNコード 9784835457635
配送時期 2020/10/下旬
予価
  • 書籍単品版: 27,500円(税込) (本体価格 25,000 円 + 消費税10%)
  • 独鈷杵付き限定版: 28,600円(税込) (本体価格 26,000 円 + 消費税10%)

漫画原稿再生叢書 とは

<漫画原稿再生叢書>』は、日本のマンガ史を代表する名作の生原稿を原寸のまま、マンガ執筆でよく使用される紙に印刷、のど側を曲げることなく180度開ける特殊製本=コデックス装で書籍化していこうとするシリーズです。マンガ原稿が1ページ1点として複製原画化されて、展示や販売されることがありますが、それは”読む”という行為ではありません。本シリーズは、普段は作者か担当編集者くらいしか体験できない、生原稿を読むという体験ができる、いわば”読む複製原画“なのです。

漫画原稿再生叢書 既刊リスト

¥98,000 (2020/09/18 03:42:14時点 Amazon調べ-詳細)
¥495 (2020/09/18 03:42:15時点 Amazon調べ-詳細)
¥19,800 (2020/09/18 14:24:22時点 Amazon調べ-詳細)
荻野真『孔雀王 <漫画原稿再生叢書>』発売 生原稿を原寸サイズで再現するシリーズ第7弾

もしこの記事が役にたったら、シェアをお願いします。

この記事のタイトルとアドレスをコピーする


page top