気持ち悪いGoogleアドセンス広告を自分のWebサイトに表示させないようにするには……クリックベイト広告対策
気持ち悪いGoogleアドセンス広告を自分のWebサイトに表示させないようにするには……クリックベイト広告対策

自分のWebサイトに、気持ち悪い広告を表示させないようにするには……Googleアドセンスのクリックベイト対策

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

/ 更新:

当記事の内容および記事中のリンクには、広告目的や当サイトが収益を得るためのものが含まれており、これらの収益によってuzurea.netは運営されています。

当記事ではGoogleアドセンスで表示される気持ち悪いディズプレイ/バナー広告を非表示にする方法について紹介しています。なおこの内容は、Googleの広告サービス『Google AdSense(アドセンス)』を利用し、自身/自社のWebサイトで収益を得ているWebサイトの管理者・運営者向けの記事です。

なお記事掲載時点では、すっきりとした解決方法が提示できていません。それはGoogleAdSenseの機能不備と規約の制限により発生するのですが、ご一読いただきより良い対応方法を知っているという方が居たらぜひ対策をコメントなどでご教示いただきたいと思います。

気持ち悪いGoogleアドセンス広告を、自分のWebサイトに表示させない方法

Googleアドセンスは、Webサイトに広告を掲載するサービスの中では導入の敷居が低く、かつ安定的に収入を得る方法のひとつですが、その規模が大きすぎる故か怪しいサイトにアクセスさせてしまう広告や、見るだけで不快な気分になるような気持ち悪い広告が表示されてしまう場合もあります。

特に筆者が苦手なのは『鼻の毛穴や角栓』や『肌のシミ』『目のたるみ』といった美容系の悩みに関する広告の気持ち悪い写真や動画です。こういった不快な広告はどんな時でも見たくないし、自身の運営するWebサイトに表示させたくないと考える管理者は私だけではないと思います。

これらは『フェイク広告』と呼ばれる事もありますが、内容がフェイク=偽物ではないという場合もあるので、あえて分類するのであれば『クリックベイト(Clickbait)』が一番近い呼び名でしょうか。

※クリックベイトとは:必要以上に衝撃的な文字や画像で目を惹こうとする悪質な広告手法。

本来は広告業界全体がこういった問題に取り組み、ガイドラインを設けるなど対策をしていくべきだとは思いますが、インターネット全体は元より、日本国内でのネット広告に関してはまだそのあたりが整備されてないのではないかと感じます。

そこで当記事ではひとまず、Google AdSenceで表示されるクリックベイト広告を、Webサイトに表示させないための手順について紹介します。とはいえ、この方法は手間がかかり、かつ100%効果的とは言えないものなのですが……。

管理画面でドメイン別にブロックしていく必要があるが……

まずやらなければならないのが、気持ち悪い広告の配信元ドメインを確認する必要があります。具体的にはその広告のリンク先のWebサイトのドメインを確認し手元に控えてしておけば良いのですが……


ここで問題が。当記事執筆時点で、Webサイトに表示されている広告主のドメインを確認する手段としてはその広告をクリックするしかないにもかかわらず、URLを確認するために広告をクリックする事はAdsenseのプログラムポリシーに違反する事になるのです(笑)。

アドセンス管理画面に表示されている注意書き
『Adsenseのプログラムポリシー』箇所のリンク推移先はhttps://support.google.com/adsense/answer/48182
アドセンス管理画面に表示されている注意書き
『Adsenseのプログラムポリシー』箇所のリンク推移先は
https://support.google.com/adsense/answer/48182

リンク先のポリシーは実に分かりにくく、かつではどうすればいいのかという方法が記載されていません。過去には『Google Publisher Toolber』というChrome用拡張機能が提供されていたので、それを使う事で広告をクリックせずに、推移先URLを確認できたのですが、現在同ツールは配布を終了しています。となると、この問題を解決するにはどうしたらいいのか。明確な答えは今の所ありません。

ひとまずしかたがないので、続きの手順をご紹介していきましょう……


アドセンス管理画面にログインし、左側のメニューから[コンテンツ]>[ブロックのコントロール]とクリックし表示された画面で[広告主のURLを管理]を選択します。

左側のメニューから[コンテンツ]>[ブロックのコントロール]とクリックし表示された画面で[広告主のURLを管理]
左側のメニューから[コンテンツ]>[ブロックのコントロール]とクリックし表示された画面で[広告主のURLを管理]

推移した画面の[サイトを検索…]欄に先ほど確認した広告主のドメインを入力し[検索]

[サイトを検索...]欄に非表示にしたい
広告主のドメインを入力し[検索]
[サイトを検索…]欄に非表示にしたい
広告主のドメインを入力し[検索]

検索結果に、対応したURLが表示されるので、『ステータス』欄の[許可済み]という箇所をクリックすると[ブロック]に変更されます。

以上で、このドメインのサイトが出している広告は、このアドセンスアカウントと関連している(自身の)Webサイトには表示されなくなります。

広告カテゴリ毎ブロックしてしまう事も可能だが……

もうひとつの対策として、クリックベイトの多い広告のカテゴリ自体をNGにするという抱擁もあります。この場合は左側のメニューから[コンテンツ]>[ブロックのコントロール]とクリックし表示された画面で[デリケートなカテゴリを管理]と選択し表示されるクリックベイトに近いと思われるカテゴリをブロックすればOKです。

[コンテンツ]>[ブロックのコントロール]とクリックし表示された画面で[デリケートなカテゴリを管理]と選択
[コンテンツ]>[ブロックのコントロール]とクリックし表示された画面で[デリケートなカテゴリを管理]と選択

上記画像例では、『センセーショナルな内容』と、『美容施術、美容整形』をブロックしていてます。

この対応の問題点

繰り返しになりますが上記の対応で、指定したドメインやカテゴリからの広告は確かに表示されなくなるのですが、問題点があります。

まずは前述したとおり、広告主のドメインを設定する場合はそのドメインを確認する真っ当な手段がないという点。普通にリンクするだけで確認できるのですが、それをGoogleAdsenseは規約で認めていません。うーん。そして自サイトでないにせよ「うっかり不快な広告をクリックをしたときだけ」この処理を行おうとしたとしても、私達はリンク先の不快なWebページを一瞬でも見なければならないという点も問題として挙げられます。結果として、Googleアドセンス上で自身の端末には『そういった広告』をより一層配信するようになるので、同じPCやスマホを使っている限り管理サイト以外でこの不快な広告が優先的に出てくる羽目になります。

さらに、こういったクリックベイト広告を出す業者は常習的に、ドメインを新たに取得して同じような広告を作り続けています。つまり、いくつかのドメインをブロックしたところで状況は改善せず、実際には管理者は何度も何度もこの処理する事になるのです。

また、広告カテゴリの設定をした場合については、クリックベイトではない真っ当な広告主の広告が表示されなくなってしまうというのも問題です。当記事で示した例の場合、正しく広告を配信している『美容施術・美容整形』カテゴリの広告が表示されなくなってしまうというのは、Webサイトの取り扱いジャンルによってはデメリットが大きい場合もあるでしょう。

一応、『広告レビュー センター』で広告主別に抽出してブロックしていく……という方法もありますが、1ページに40件づつしか表示できない広告を目視でチェックしていくという手間を負う必要があります。となると私たち管理者の方が疲弊していってしまい、ドメインをたくさん取得して、不快だけど目を惹く広告を量産して利益を得ようとする業者の方が効率的に利益を得る事ができるという状況です。

結局、不快な広告は野放しになりがち……
結局、不快な広告は野放しになりがち……

まとめ

Googleがインターネットの良心だったのも遥か昔。昨今は検索エンジンとそれに関連した広告を牛耳り、独自のルールでインターネット全体を管理し思い通りに操作しようとしているようにすら思えます。AdSenceに限って言ってもWebサイトを不便にする全画面広告や、Multiplex広告を積極的に導入させようとするような姿勢を見るに、彼らもすっかり利益至上主義なんだなと感じずにはいられません。

なお、フィッシングサイトに飛んでしまうような、ガイドラインに明確に違反している広告主は比較的早くに消えますが、当記事で挙げたようなクリックベイト系の広告は今の所Googleからの処分などは受けずに表示され続けているようです。

最後に、クリックベイト広告に勝手に写真を使われてしまい、広告企業と争ったという方のブログ記事リンクも貼っておきます。なかなか興味深い内容ですので興味のある方は是非お読みください。

気持ち悪いGoogleアドセンス広告を自分のWebサイトに表示させないようにするには……クリックベイト広告対策

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記事を気に入ったらハートマークで応援してください

この記事の執筆は……

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

UZUREA.NET 編集部アカウント。 webデザイン会社altstackのメンバー、及び契約ライターによる匿名寄稿を含みます。


page top