夜明けのはいむ:思い出の音楽のお話

夜明けのはいむ:思い出の音楽のお話

浦部はいむ アイコン

浦部はいむ

当記事の内容および記事中のリンクには、広告目的や当サイトが収益を得るためのものが含まれており、これらの収益によってuzurea.netは運営されています。

中学時代にどハマりしたバンドがある

初めて聴いた時は体に電撃が走ったような感覚だった…

同じような感覚は、
その後19歳の頃読んだ漫画『銭ゲバ』
最近だと『月岡芳年』の浮世絵を見た時

……話をバンドに戻すと
当時の小遣いは全部そのバンドにつぎ込んでいた

ネット通販なども使っていない時期だったので
雑誌で新しいアルバムや新曲が出るのを確認し
CDショップに予約しに行ったりして

なかなか楽しかったなあ

学校でもクラスメイトに
「このバンド聴いてほしい」
とアルバムを貸しまくったり

その中のひとりは
「あのCDを貸してくれたおかげで
このジャンルの音楽が好きになった。楽しみが増えた」
と気に入ってくれた

その後、私は高校に行かなくなり
引きこもり状態になった

親は学校に行かないと不機嫌になる。

夕方になるとクラスメイトが家にやってきては
私を学校に連れて行こうとしてくれてたけども
当時はそれが苦痛で仕方なかった

高校に行けない時期が私にはあったのだ

ある時、中学時代の同級生が家にやってきて
「私、●●(ハマったバンド)のライブに行きたい、
チケット取るから行こうよ」
と言ってきた

友人の優しさだったんだろう

引きこもっていた私を
なんとか外に出してあげようと
考えたんだろうなと、思う

そして初めて行ったライブは
かなり凄かったと言うか

初日の私と友人は終始棒立ち…

でも、帰り道で
なんかすごい! 次も行こう!
自分も次こそはあの中に溶け込みたい!
と思ったのを覚えている

数ヶ月後に工場で働き始めて
そのバンドのライブに行くためや、
新曲を聴くために
前向きに頑張れた

いまは漫画を描いている時は
情報収集もかねて
なるべくラジオを聴く事をしているけども

原稿が進まない時は
あのバンドの曲を聴くととても捗る

そう思うと
たくさん音楽に助けられたなと思う

思い出の音楽のお話 浦部はいむ
思い出の音楽のお話
うらべはいむ『夜明けのはいむ』コラム連載中
連載コラム『夜明けのはいむ』一覧

page top