タイププロジェクト TPスカイファミリーに極太フォント『TPスカイ モダン Blk』を追加

タイププロジェクト TPスカイファミリーに極太フォント『TPスカイ モダン Blk』を追加

UZUREA News アイコン

UZUREA News

0

タイププロジェクトより、スクリーン表示に最適な『TPスカイ』ファミリーに、新たに極太フォントである『モダンBlk(ブラック)』が追加発表されました。同社のサブスクリプションサービス『TP コネクト(30,000円/年額』利用者であれば追加利用可能、Webフォントサービスの『REALTYPE.jp サブスクリプション(500円/月額~』でも利用能です。

なお、2020年12月8日現在、『TPスカイ モダン Blk』のフォント単体販売はされていません。

極太フォント『TPスカイ モダン Blk』

タイププロジェクトが2017年4月に発売を開始した『TPスカイ』は、サンセリフ体のストロークに抑揚を与え、単線では表現できない楷書的な筆勢を取り入れた書体で、ウエイト・コントラスト・字幅の3 つの軸を持つ初めての日本語フォン。、明朝体とも、ゴシック体とも違う第三の日本語書体として構想・開発されたシリーズです。

『TPスカイ モダン Blk』
フォント『TPスカイ モダン Blk』
公式サイト より

今回新たに加わったモダン書体のカテゴリーの『TPスカイ モダン Blk』は、『TPスカイ』のふところ(筆画内の空間)を広くすることで、極めて太いウエイトを実現したそうです。直線と曲線の対比を強くし、筆画をより長くして骨格を大らかにすることで、太さと視認性が両立されています。

『TPスカイ モダン Blk』は、画数に違いのある文字を並べた際に整って見えるよう調整し、仮名や欧文、画数の少ない漢数字などは、『TP スカイ ローコントラスト B』の1.5 倍前後の太さにしているようです。また、画数の多い漢字では、主要な筆画を太く、他の部分を細めに扱うことで潰れや黒みのたまりを回避し、画数の少ない文字と密度のバランスを取っているとのことです。

『TPスカイ モダン Blk』は、2020年12月1日より、タイププロジェクトのサブスクリプションサービス『TPコネクト』で提供が開始されています。

販売価格

*『TP コネクト』は、AXIS Font、AXIS ラウンド、AXIS Latin Pro、TP 明朝、TP スカイ、TP スカイラウンド、濱明朝、SST JP、TP国立公園明朝、金シャチフォント 姫、東京シティフォントのすべての書体ファミリーを年間定額で利用できるサービスです。

『TPスカイファミリー』
ウエイト・コントラスト・字幅の3 つの軸を持つ初めての日本語フォント
『TPスカイファミリー』
ウエイト・コントラスト・字幅の3 つの軸を持つ初めての日本語フォント
  • Webフォント『REALTYPE.jp サブスクリプション』: 500円(税込)/月額~https://www.realtype.jp/

製品仕様

文字セット 9,499字 (スタンダード版)
ウエイト Blk(ブラック)
フォーマット OpenTypeフォントフォーマット
動作環境 Mac OS X、macOS、Windows 8.1、10 (いずれも日本語版)

関連リンク

タイププロジェクト TPスカイファミリーに極太フォント『TPスカイ モダン Blk』を追加

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記事を気に入ったらハートマークで応援してください

0

この記事の執筆は……

UZUREA News アイコン

UZUREA News

厳選したニュースをお届けするUZUREA NEWS。
編集部、契約ライター、及び協力サイトによる情報提供により記事を執筆しています。ニュースリリースのご提供はお問い合わせページから随時受け付けております。


page top