『サイボーグ009 地下帝国“ヨミ”編』漫画原稿再生叢書 EXTRA 新仕様で豪華特典付き限定発売
『サイボーグ009 地下帝国“ヨミ”編』漫画原稿再生叢書 EXTRA 新仕様で豪華特典付き限定発売

『サイボーグ009 地下帝国“ヨミ”編』漫画原稿再生叢書 EXTRA 新仕様で豪華特典付き限定発売

UZUREA News アイコン

UZUREA News

0

名作マンガを、生原稿原寸サイズと特殊製本で書籍化していく復刊ドットコムの『漫画原稿再生叢書(まんがげんこう さいせいそうしょ)』シリーズ。 その第9弾は石ノ森章太郎の『サイボーグ009 地下帝国“ヨミ”編』から、最終回を含む名シーンを抜粋して発売されます。

今回はシリーズを『<漫画原稿再生叢書 EXTRA>』と銘打ってリニューアル 。装丁デザイン、外装用紙、封入物の仕様や個数などを、各作品の個性に合わせた新仕様。 予価27,500円(税込)2021年1月下旬発送予定。

石ノ森章太郎『サイボーグ009 地下帝国“ヨミ”編 <漫画原稿再生叢書 EXTRA>』

漫画原稿再生叢書 第9弾は巨匠・石ノ森章太郎の代表作『サイボーグ009』。中でも、作品20年以上にわたる大河シリーズの中で最高傑作とも評される『地下帝国“ヨミ”編』(1966~67年『週刊少年マガジン』連載)は、ファンの間でも人気の高いシリーズです。 特に、最終回での009(島村ジョー)と002(ジェット・リンク)のラストシーンは必見です。

サイボーグ009 地下帝国“ヨミ”編 <漫画原稿再生叢書 EXTRA> イメージ1
サイボーグ009 地下帝国“ヨミ”編 <漫画原稿再生叢書 EXTRA> イメージ1

人間とサイボーグ、黒い幽霊団(ブラック・ゴースト)と世界征服、戦争と平和…。現在にも通じる深遠な命題を、若き石ノ森章太郎が1960年代半ばの時点で、鋭く、かつ抒情的に描ききった『“ヨミ”編』の名シーンを、石森プロに保存されている貴重な生原稿からダイレクトに新規スキャニング。原稿用紙の余白までも活かした原寸大(A3判)で、精緻に再現。

肉筆ならではのペンタッチの冴えや、ベタ塗りの微妙な筆ムラ、原稿用紙の枠線、ホワイトによる修正跡、写植文字の切り貼り跡など含めて、実物大で、臨場感いっぱいに“体感”できる逸品です。

収録内容と2大特典

本書では、世界各国に散っていたゼロゼロナンバーサイボーグたちが再び日本に集結する連載第6回の扉+全編をはじめ、ハンチング姿も美しい003(フランソワーズ・アルヌール)と009たちが三友工学に向かう出動シーン、009とバン・ボグートの初の加速対決、ヘレナ、ビーナたちの虐殺と004(アルベルト・ハインリヒ)の怒り、宇宙空間の魔人像にテレポートされた009とスカールの死闘、そして、最終回(連載第34回)の扉+全編を一挙収録。

さらに2大特典として……

  1. 1970年・講談社刊行のA5・ハードカバー単行本用に彩色された『“ヨミ”編』のカラー原稿から、名シーンの原寸大複製原画を8枚
  2. 『“ヨミ”編』執筆当時、石ノ森章太郎のアシスタントを務めていた、永井豪尾瀬あきら両氏に新規取材予定のオリジナル冊子『1966-67年 009の制作現場から(仮題)

も、封入予定。 さらに復刊ドットコム公式サイトでの予約購入には特別限定特典も付属します。

復刊ドットコム限定の先着特典

読切版『サイボーグ009』(通称『プロローグ』)扉絵
読切版『サイボーグ009』(通称『プロローグ』)扉絵

復刊ドットコムの公式サイトで『サイボーグ009 地下帝国“ヨミ”編 <漫画原稿再生叢書>』を購入すると、先着で『地下帝国“ヨミ編”』の連載に先立ち、また、東映動画によるアニメ映画公開に合わせて『週刊少年マガジン』1966年27号に掲載された読切版『サイボーグ009』(通称『プロローグ』)の扉絵の、A3判・原寸大複製原画(非売品)をプレゼント!

この特典は、更に数量限定とのことですので、お早目に!

書籍情報

書籍名 サイボーグ009 地下帝国“ヨミ”編 <漫画原稿再生叢書 EXTRA>
著者 石ノ森章太郎
出版社 復刊ドットコム
判型 A3・函入
頁数 64 頁
ジャンル コミック・漫画
ISBNコード 9784835457901
配送時期 2021/01/下旬
予価 27,500円(税込) (本体価格 25,000 円 + 消費税10%)

※上記は、2020年11月現在の予定であり、多少変更の場合もございます。
※ここに掲載した画像はイメージです。

(c)石森プロ

漫画原稿再生叢書 とは

日本漫画史を飾る名作の生原稿を”そのまま読む”感覚をファンにお届けする、復刊ドットコム独自の人気レーベル。漫画は、真っ白な原稿に枠線が引かれ、鉛筆であたり・下描きが入り、ペン線が引かれ、墨汁が塗られ、消しゴム・ホワイト・スクリーントーンといったさまざま処理がなされて、ようやく完成原稿となります。それを受け取った編集者が印刷所に入稿し、本(雑誌・単行本)の形になって書店に並び、読者の手元に届きます。

近年ではデジタル作画による漫画も多いですが、かつては、ケント紙などに、黒インクや墨汁、Gペンやカブラペンなどでこつこつと描くのが主流。こうした“生”の原稿は、作者特有の筆致や個性、味わいがダイレクトに感じとれる“特別な工芸品”とも呼ぶべき、唯一無二のもの。

1枚単位での原稿は、原画展示会や複製原画などで一般の方々にも確認できる機会があると思いますが、漫画の生原稿を”読む”=ページ順に目を通すことを経験できるのは、作者自身と、アシスタント、担当編集者など限られた関係者以外にそう多くはいません。本シリーズは、各作品を熱烈に愛するファンに、そうした稀有な“体験”そのものを届けたいという意図で企画されたそうです。

現存する名作漫画の生原稿を、原寸大で、原稿の風あいを再生すべく実際の原稿に近い用紙に、製版・印刷。堅牢なハードカバーで、さらに紙を曲げずに、ノド(中央)の部分を180度開ける特殊技術=〈コデックス装〉にて製本。

また、本作からのサブ・ネーミング〈EXTRA〉とは、これら従来のシリーズ仕様を継承しつつ、装丁デザインや外装用紙、封入物の仕様や個数などを、各作品の個性に合わせて、よりいっそうの進化・発展を試みる新仕様です。

復刊ドットコム 漫画原稿再生叢書 シリーズ

関連リンク

『サイボーグ009 地下帝国“ヨミ”編』漫画原稿再生叢書 EXTRA 新仕様で豪華特典付き限定発売

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記を気に入ったらハートマークで応援してください

0

page top