リッピングソフト『DVDFab』使い方と基本機能【製品提供記事】 - uzurea.net

リッピングソフト『DVDFab』使い方と基本機能【製品提供記事】

執筆: ぽいんとう アイコン ぽいんとう

DVDやBlu-rayを手軽にリッピングできる『DVDFab HD Decrypter(通称 DVDFab)』。

当記事ではこの『DVDFab』のインストールから、リッピング機能使用方法を含めてレビューいたします。

日本国内でコピーガードの付与された映像ソフトウェアをリッピングする事は、『私的利用の範疇を超える』という見解に基づき原則違法となっています。 当ソフトウェア紹介記事の閲覧、及びソフトウェア利用にあたっては、国内での法規にのっとった範囲での利用を行う事を厳守してください。

DVDFabとは

DVDFab Decrypter(ディー・ブイ・ディー ファブ デクリプター)は中国のフェンタオソフトウェアから発売されているWin/Mac用ソフトウェアで、DVD/Blu-Ray メディアのリッピング/バックアップツールとして高い評価を得ています。 日本国内では単純に、DVDFabと呼ばれる事が多いので、当ページでも略して記載いたします。

また、昨今はDVDFab Player(動画再生プレイヤー)や 動画ダウンロ―ダ―といった機能も追加され、動画に関連する様々な事を可能にする総合ソフトウェアとなってきています。

DVD/Blu-Ray メディアのリッピング・バックアップソフト DVDFab
DVD/Blu-Ray メディアのリッピング・バックアップソフト DVDFab

2019年5月時点、最新版ではWindows 10/8.1/8/7、およびMacOS 10.10~10.14に対応しています。 定期的なアップデートにより、多くのメディアへの対応を続け、64ビット版ではUltra HD Blu-rayへの対応もされています。

ちなみに、webサイトや、ソフトの起動画面などでは、オリジナルキャラクターの猿(孫悟空?)が度々表示され、これも結構印象に残ります。

日本国内でコピーガードの付与された映像ソフトウェアをリッピングする事は、『私的利用の範疇を超える』という見解に基づき原則違法となっています。 当ソフトウェア紹介記事の閲覧、及びソフトウェア利用にあたっては、国内での法規にのっとった範囲での利用を行う事を厳守してください。

ライセンス種類とおすすめプラン

『DVDFab』には無料版も提供されていますが、利用できる機能の制限が多いので今回は有料版における手順について解説します。 とはいえ、有料版も30日間限定で無料体験することができますので、使用感を確認したいという方へはまずはお試しいただくのがよいでしょう。

DVDのコピーやBDのコピー、リッピング、動画再生など様々な機能があるDVDfabですが、必要な機能だけを選択して費用を抑える事が可能です。……例えば、DVDのコピーとリッピングのみを行う(Blu-rayは不要)という場合は、DVD コピー + DVD リッピングのバンドル版を購入をするのが良いでしょう。

リッピングのみを行う場合は、DVD コピー + DVD リッピングがおすすめ。

 DVD コピー + DVD リッピング (無期限版)
DVD コピー + DVD リッピング (無期限版)

すべての機能を使いたい!という方は、DVDFab オールインワンライフタイムギフトを選択するのもよいでしょう。 個別に製品購入するよりかなり安くなっています。

 DVDFab オールインワンライフタイムギフト(無期限版)
DVDFab オールインワンライフタイムギフト(無期限版)

またライセンスには、購入から2年間のみ有効なタイプと、無期限(Lifetime)で利用できるタイプがあります。 2年間のライセンスの方が購入価格は安くなりますが、長期的に使用するのであれば無制限を選んだほうが割安になります。

支払いは、各種クレジットカードのほかに、ビットコインでの支払いやPaypalでの支払いにも対応しています。 会員登録とライセンス料の支払いが完了すると、アカウントにライセンスが紐づけられます。

DVDFab インストールの手順

では実際にDVDFabをインストールしてみましょう。
前項での内容に基づき、ライセンスの購入が完了した前提でご紹介していきますが、無料体験をする、という場合も、ほぼ同じ流れでインストール可能です。

まずは公式サイトからソフトウェアをダウンロードします。

ダウンロードしたexeファイルを実行するとインストールが開始されます。 インストールの種類が選択可能ですが、特にこだわりがない場合はクイックインストールの実行でも良いでしょう。

DVDFabインストール完了
DVDFab クイックインストール開始

インストール実行後、更にファイルのダウンロードが開始されます。

ダウンロードが完了するとブラウザで完了画面が表示され、ソフト側では『今すぐ起動』と書かれた画面が表示されます。

次に、ライセンス認証画面が起動しますのでユーザー情報を入力して認証ボタンを押すと、デバイスの認証が完了します。

DVDFabのシングルユーザーライセンスでは1台の端末でのみ使用可能なので、認証をします
シングルユーザーライセンスでは1台の端末でのみ使用可能なので、認証をします

最後に、購入したライセンスで利用可能なオプションが表示されますので、ライセンス範囲を確認して、右下の『DVDFabを起動』 ボタンを押しましょう。

DVDFabのライセンス内容が一覧で確認できます
DVDFabのライセンス内容が一覧で確認できます

以上で、インストールと認証が完了です。

リッピングの手順

では、ここからは実際に動画をリッピングする手順を紹介します。

初期設定を行う

まずは『DVDFab』の初期設定を行いましょう。

まずはじめに、立ち上がった画面の上部メニューから(1)リッピングをクリックします。

上部から『リッピング』ボタンを選択
上部から『リッピング』ボタンを選択

更に、(2)MP4と表示されたボタンをクリックすると、『パーソナル』『デバイス』『フォーマット』の各ボタンが表示されます。 それぞれの概要は下記の通り。

  • パーソナル』:最近利用した設定などが表示されます
  • デバイス』:再生するデバイスを選択しそれに適した設定を指定
  • フォーマット』:ビデオ形式やオーディオ形式を細かく設定

特性や、ご自身の用途にあわせた形式を選択したら、リッピングしたいメディアをPCのDVD/BDドライブにセットすると読み取りが自動的にはじまり、情報が分析されます。

DVDFab Dドライブにセットした、Blu-ray情報を解析中
Dドライブにセットした、Blu-ray情報を解析中

ディスクの分析が完了すると、一覧にリッピング対象となるディスク情報が表示されます。

この状態で、細かな動画のリッピング設定を調整し場合は、チャプターの右側……2つ目にあるスパナのアイコンをクリックすると詳細設定画面が開きます。

DVDFabがメディアの情報を自働的に解析 チャプター一覧が表示される
DVDFabがメディアの情報を自働的に解析 チャプター一覧が表示される

詳細設定では、コーデックや、エンコード方式、画質、解像度などを再調整可能。

DVD リッピングの詳細設定画面
DVD リッピングの詳細設定画面

設定が完了したら確認ボタンで設定を反映し、推移後のチャプター一覧画面に戻り、画面下部で保存先を指定した上、開始ボタンをクリックでリッピングが開始します。

DVDFab でリッピングを開始
DVDFab でリッピングを開始

リッピングが完了すると『プロセスが完了しました!』と表示され、データの抽出が完了します。 この時自動的に、DVD/BDメディアがドライブから排出されます。

DVDFabの使用感について

最後に、実際に、『DVDFab』でメディアからのリッピングを行ってみた所感について記載いたします。

良い点

『DVDFab』の良い点としては、それほど深い知識がなくとも、比較的簡単な設定でリッピングを実行することができる点が挙げられます。 より細かな設定も可能ですが、難しい事を調べずとも、リッピングが実行できるという点で、初心者にも使いやすいソフトです。

また、本記事では解説していませんが『DVDFab』は、ブランクディスクへのデータ書き込み(ライティング)も行うことができます。 ライセンスの選択内容次第ですが、全ての機能が利用できるオールインワン ライセンスを購入すればDVDFabでデータのバックアップから、メディアの書き込みまで一貫して行えるという所も優秀です。

特にDVDのリッピングには対応していても、Blu-rayにも対応しているソフトは少ないので、この点もDVDFabの大きな強みでしょう。

なお、日本国内でコピーガードのついたDVD/Blu-rayをリッピング、コピーする事は、たとえ私的利用であっても原則違法となります。 ですので海外ユーザーの利用に限られますが、オプション機能『DVDFab Passkey』によるコピーガード除去機能が非常に強力という点でも評価が高いようです。 日本国外で、かつ法令に反しない地域に在住の方であればこれも重要な点でしょう。

悪い点

『DVDFab』は様々な機能がある反面、ライセンス形態がかなり複雑です。

行いたいことに対して適切なライセンスを選択しないと、無駄な出費となってしまう可能性がありますので、ライセンスの購入時には各機能を良くチェックしておきましょう。 また、安いプランで購入してしまって必要な機能が備わっていなかった……というケースもありますので、よく吟味する必要があります。

とはいえ、要らない機能も沢山ついてきて一括●●万円! といったソフトや、毎月費用が発生するようなサブスクリプションタイプのソフトウェアと比べて、良心的な価格であるとも言えます。

また、『DVDFab』は2週間に1回程の期間でアップデートが配信されます。 常に最新のテクノロジーに対応できるというのは嬉しい点ですが、アップデートに1時間近く要する場合もあります。 余裕のない時は、起動時のアップデートをスキップする事もできますので、ご留意を。

オンラインでの購入

以上、DVDFab シリーズについて、インストール方法と、データのリッピングについて紹介いたしました。 さらに詳細な情報や、とり急ぎ試用してみたいという方は、下記より公式ページへアクセスして各種情報を確認ください。

補足 国内版(ジャングル版)はパッケージ販売も(推奨)

国内での流通は正規店である『株式会社ジャングル』より日本語パッケージ版も販売されており、Amazonなどからも購入が可能です。 これらはいずれも、日本国内の法規に則ってメディアのコピーガード除去機能が除去されているそうですので、日本国内で利用される方はこちらの利用を強く推奨いたします。

もしこの記事が役にたったら、シェアをお願いします。

この記事のタイトルとアドレスをコピーする

コメント

  1. 川田 美緒 より:

    良い情報ありがとうございます。
    このソフトで娘の結婚式DVDをコピーしました。


page top