2021年版 WordPressが快適に動く、Webサーバー(ホスティング)6社比較
2021年版 WordPressが快適に動く、Webサーバー(ホスティング)6社比較

2021年版 WordPressが快適に動く格安レンタルサーバー6社比較

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

/ 更新:

昨今は企業・個人問わず、WordPressを利用してWebサイトを構築することが多くなってきています。 一説によると、世界中の35%以上がWordPressで構築されたWebサイトであり、日本の場合は60%を超えるという話も耳にします。

そこで、当記事では、そんなWordPressが快適に利用できて、かつリーズナブルなレンタルサーバー(=Webホスティングサービス)はどれか……という視点で6社ほどピックアップ、その実力を比較してみました。

予算重視のWebサイト構築案件や、個人で「可能な限り費用をおさえてWebサイト構築したい」という方たちの一助になれば幸いです。

WordPressが快適に動くWebサーバー 6サービス比較

選択ポイント

『良いレンタルサーバー』と言っても、利用者の視点や状況によってさまざまですので、当記事では2021年2月現在公開されている情報を元に、次の項目に絞って比較しています。

  • 日本国内の事業者である
  • Webサイト運営初心者~中級者が負担が少なく利用・運営できるサービスである
  • 各企業のプラン中、WordPressが利用できて、最もリーズナブルなプランで比較 (DBの利用可否、PHPのバージョンなど)
  • 12ヶ月契約した場合の月額費用で比較(毎月払いよりも12ヶ月分の一括支払いで値引となる業者が多いため)
  • 複数のDBが利用できるプラン(WordPressの他にCMSを導入することができる)
  • 共有サーバーのプラン比較(VPSプランなどを対象にすると、より複雑な比較・評価が必要なため)

以上を元に下記6社と、そのプランを選定しました。

6社の比較とスペック概要

選定したのは下記の6社6プラン。
※各項目の『詳細』は、ソースとなったページのリンクとなっています。

サービス さくら
インターネット
カゴヤ・
ジャパン
ロリポップ ConoHa
WING
エックス
サーバー
mixhost
評価対象
プラン
スタンダード
詳細
WordPress専用サーバー
グレード1
詳細
ハイスピード
詳細
WINGパック
ベーシック
詳細
X10
詳細
スタンダード
詳細
月額
(税別)
396円 400円 500円 810円 900円 980円
初期費用
(税別)
952円 0円 0円 0円 3,000円 0円
初年度
費用試算
(税別)
5,704円 4,800円 6,000円 9,720円 13,800円 11,760円
スペック
  • CPU:非公開
  • 割当メモリ:非公開
  • CPU:仮想1コア
  • 割当メモリ:1GB~2GB
  • CPU:非公開
  • 割当メモリ:非公開
  • CPU:非公開
  • 割当メモリ:非公開
  • CPU:非公開
  • 割当メモリ:非公開
  • CPU:仮想1コア
  • 割当メモリ:4GB
記憶領域
容量
HDD 100GB SSD 20GB SSD 250GB SSD 250GB SSD 200GB SSD 250GB
データ
転送量
160GB/日 200GB/日 360GB/日 600GB/日
(18TB/月)
300GB/日 300GB/日
(9.0TB/月)
Web
サーバー
Apache
+ nginx
nginx LiteSpeed Apache
+ nginx
nginx LiteSpeed
サーバー
設置場所
東京・大阪
詳細
京都
詳細
日本国内
詳細
非公開
詳細
日本国内
詳細
東京都内
詳細
MySQL

無制限

無制限

無制限

無制限

無制限

無制限

WordPress
導入 補助
無料SSL
複数サイト
(ドメイン)
運営
×
再販
可否

詳細

詳細

詳細

詳細

※5件まで
詳細

詳細
アダルト
サイト運営
可否

  • アダルトコンテンツ不可
  • アダルトコンテンツを含まない風俗店紹介サイトなどは可
詳細

  • アダルトコンテンツ不可

詳細

×

詳細

×

詳細

  • アダルトコンテンツ不可
  • アダルトコンテンツを含まない風俗店、同人、アダルトグッズ店サイトなどは可

詳細

  • 日本国内法規に逸脱しない内容であれば可
  • 専用のアダルト用サーバープランもあるが通常プランと内容に差異無し

詳細

補足

『WordPress高速化モジュール版PHP』をうたっているが、サーバー毎の収容数が多く比較サーバーと比べるとレスポンスは良くない。

サポートのレスポンスも悪い。

WordPressは契約時にインストール済。京都発のホスティング企業として根強い人気。

WordPressに最適化された仮想マシン『KUSANAGI』 搭載。

メールサーバーを利用する場合は、別途契約(550円~)必要なのがネック。

複数サイトの運営をする事はできない。 WordPressも初期化などはできない。

サポートの手厚さは評判。

過去には格安サーバーの印象だったが、昨今はプラン、スペック拡充してきた感。

反面、当時のような企業としてのユニークさは失われたのが残念。

WINGパックプランは、ドメイン契約とのセットが必須。ドメイン取得、更新共に無料。

ドメインのセット運用に不便がなければ候補か。

長らく低価格&高スペックサーバーとして人気。

初期費用が発生する点がネックか。

長期間運営が前提で、サーバー運用に慣れた人なら。

2016年からスタートし、格安クラスの価格と高スペックサーバーで業界をけん引中。

サーバー運用にある程度慣れた人なら。

申込
リンク
LINK LINK LINK LINK LINK LINK

以下、上記表の比較を元にいくつかの視点で評価をしてみたいと思います。

価格優先のおすすめサーバー

ホスティングサーバー業界は価格競争が激しくどの業者も大変ですが、利用者にとってはありがたいことです。 初期費用と月額費用1年分の合計で比較してみました。

1位
カゴヤ・ジャパン
『WordPress専用
サーバー グレード1』

初期費用無料で月額400円初年度試算4,800円は非常にリーズナブル。 WordPress専用サーバーをうたっている事もあり、予算優先なら第一候補。

1サイト:1Wordpressという構成なので、複数サイトの運営や、複数のWordPressを設置したい場合などには他プランか、他社を選ぶ必要がある。

また、メールサーバーも必要であれば別途契約(550円~)となる点は留意。

カゴヤ 各種プランへ

2位
さくらインターネット
『スタンダード』

初期費用が952円必要なものの、月額396円初年度試算5,704円
2年目以降の利用も考慮すると最安値。
さくらインターネット 各種プランへ

3位
ロリポップ
『ハイスピード』

2019年9月から提供開始した『ハイスピードプラン』は、WordPressが使えるスペックで初期費用無料&月額500円。 初年度試算6,000円。 
4位
ConoHa WING
『WINGパック
ベーシック』
初期費用0円月額810円で、初年度試算9,720円。
ドメインの契約とセットになった契約が必須だが、ドメインの新規取得・年間費用も考えると上位3件より安くなる場合も
36か月契約の場合、月額費用はさらに720円に。
ConoHa 各種プランへ
5位
mixhost
『スタンダード』
初期費用0円月額980円初年度試算11,706円
比較対象中で最上位クラスのスペックを考えると、割安。  
36か月契約の場合、月額費用は880円に。
mixhost 各種プランへ
6位
エックスサーバー
『X10』
初期費用3,000円月額900円初年度試算13,800円
ただし、時々開催される初期費用無料キャンペーン時に契約すれば、初年度試算10,800円。 スペックも高い。
エックスサーバー 各種プランへ

サーバースペック優先のおすすめサーバー

WordPressを快適に動かすためにはそれなりのスペックが必要です。 各プランの仕様……収容数、CPU、割り当てメモリといったものから、処理能力が変わるため最終的にはWebサイトの表示速度や管理画面の体感速度に影響します。 またアクセスが多くなるWebサイトの場合データ転送量の制限も重要ですし、サーバーが何処に有るか(=収容地域)はユーザーの通信に対する反応速度に影響します。

また、初期状態のWordPressを使い続ける……という事はまれで、多少の差はあれどプラグインを利用することも想定しておきましょう。 広告関連ツールや、アクセス解析ヒートマップ解析などWebサイトを効率的に運用するための便利なプラグインが充実しているWordPressの利点を生かすには、相応のサーバースペックが求めらてきます。

Webサイトの表示速度も検索エンジンでの検索順位にも影響があるため、競合性のあるサービスやコンテンツを提供する場合、費用の安さだけを見ているとその後悔することになりますので、重要な検討項目と認識しておきましょう。

1位
mixhost
SSD(250GB)搭載、割り当てメモリ4GB。 データ転送量も9.0TB/月と余裕がある。 サーバー設置場所も東京都内。

WordPressもさくさく動く。 大規模サイトや、負荷の多いサイトを複数運営をするのでなければ不便は感じないだろう。
mixhost 各種プランへ
2位
エックスサーバー
CPUやメモリ割り当ては公開されていないが、SSD(200GB)、転送量300GB/日。

格安&高性能サーバーとして、ながく利用者達に愛用されてきた実績もある。
エックスサーバー 各種プランへ
3位
ConoHa WING
SSD(250GB)、CPUやメモリ割り当て非公開だが 『超高速レンタルサーバー』をうたうだけの実力はあり。
データ転送量600GB/日 相当は頭ひとつぬけている。 
ConoHa 各種プランへ
4位
カゴヤ・ジャパン

CPU仮想1コア、割当メモリ:1GB~2GB。 ストレージはSSD(20GB)と少な目、大規模サイトであれば上位プランを検討するべき。
データ転送量200GB/日にも、不足は感じない。

反面、WordPressでのWebサイト運営に特化したプランなので、メールサーバーなどは別途契約が必要。

カゴヤ 各種プランへ
5位
ロリポップ
比較対象であるハイスピードプランは、SSD(250GB)、データ転送量360GB/日。 

価格も安い。
6位
さくらインターネット
ストレージはHDD(100GB)。比較対象のプランとしては、やや実力は劣る。

共有サーバーの収容数が多いのがいかんともしがたく、ハズレを引くとかなり厳しい。 WordPressを快適に運用したければ、おすすめしない。
さくらインターネット 各種プランへ

サポートや使いやすさで別のおすすめサーバー

いずれのサービスも日本国内の事業者なので、Webサイトの表記や一定以上のサポートは期待できます。

ただし、新興サービスはコントロールパネル(サーバー管理画面)が多機能ではあるものの玄人向けだったり、サポートがメールのみだったりという点が挙げられます。 Webサイトの運営を慣れてない人が行う場合は、機能は制限されていてもシンプルな管理画面が良い……というケースもありますので、あわせて検討する必要があるでしょう。

1位
カゴヤ・ジャパン
メールと、電話のサポートを提供。 電話サポートは比較的つながりやすく、対応も丁寧。 

管理画面も慣れれば特に不便は感じない。 
総じてバランスが良い。 
カゴヤ 各種プランへ
2位
ConoHa WING
メール、チャット、電話サポートに対応。 

管理画面は、すっきりとデザインされていて、見やすい。 初心者でも迷う事は少ないう。
ConoHa 各種プランへ
3位
さくらインターネット
メールと、電話サポートを提供。 
とはいえ電話サポート受付は常に混雑し1時間以上保留のまま……ということもざら。 メール対応も当日内の回答はまれ。

コントロールパネルは最近リニューアルし、悪くはない。 機能は限定的ですが、初心向けに最適化されています。

利用者も多いので、公式や利用者によるサポートドキュメントが豊富なのが強み。
さくらインターネット 各種プランへ
4位
ロリポップ
メールフォーム、電話サポートの他、チャットサポートにも対応。 とはいえ、やはりつレスポンスは悪い。

管理画面はやや癖があり機能は限定的ですが、初心者向けとも言えます。
ネット上の豊富なドキュメントにも安心感が。
5位
エックスサーバー
メール、電話サポートに対応。

サーバー管理画面は、多機能で出来る事が多いが、その分初心者は戸惑う可能性も。 とはいえ、Webサイトの管理に慣れた人であれば問題ないでしょう。
エックスサーバー 各種プランへ
6位
mixhost
メールサポートのみ。
とはいえ、メールのレスポンスは良く、公式サポートドキュメントも豊富。専門的な記述が多いが、Webサイト管理になれたユーザーであれば、問題解決は容易。

管理画面は汎用ホスティングコントロールパネル『cPanel』を採用。 できる事も多く、こちらもWebサイトの管理に慣れた人であれば。逆に、初心者は戸惑う可能性も。

他社で管理しているドメインの移管受け入れ(転入)ができないという点も残念。 ドメイン・サーバーを同じ所で契約したいユーザーは、mixhostでの新規取得にのみ限られる。他社への移管(転出)はできる。
mixhost 各種プランへ

まとめ

低価格帯のWebホスティングサービスを中心に、WordPressでのサイト運営……という点に絞って、選出・比較してみました。

サーバーの選定においては、運営者の立場や経験によって求められる『快適性』が変わってくるものでしょう。 また『価格』だけを比較してみても、目的・用途によっては逆に損となる場合もあります。 当記事は、多くの人にとって有用な情報となるよう構成しましたが、不足や要望、疑問点があればコメント欄などでお気楽にご意見いただければと思います。

※余談ですが2021年2月現在、uzurea.netはmixhostのサーバーで運営しています。

2021年版 WordPressが快適に動く、Webサーバー(ホスティング)6社比較

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記事を気に入ったらハートマークで応援してください

この記事の執筆は……

UZUREA編集部 アイコン

UZUREA編集部

UZUREA.NET 編集部アカウント。 webデザイン会社altstackのメンバー、及び契約ライターによる匿名寄稿を含みます。


page top