MacBook用 USB Type-C拡張HUB『AUKEY CB-C76』レビュー 【製品提供記事】 - uzurea.net

MacBook用 USB Type-C拡張HUB『AUKEY CB-C76』レビュー 【製品提供記事】

執筆: ぽいんとう アイコン ぽいんとう

オリジナリティ溢れるデバイスを次々と生み出すことで有名なのがAppleという会社です。 そのAppleが販売するノートパソコンMacBookシリーズでは、Thunderbolt 3対応のUSB Type-Cコネクタが搭載され、同コネクタから充電などもできるようになりました。

そんなMacBookは、USB Type Cが2ポート以上搭載されているモデルが多いですが、更にコネクタやSD/microSDなど拡張させる事のできるのが今回ご紹介するAUKEY(オーキー)のUSB Type -C 7-in-1 マルチハブ CB-C76』です。

USB Type-C 7-in-1 マルチHUB『CB-C76』の主な特徴

まずはじめに、AUKEY 『USB Type C ハブ 7-in-1 マルチハブ (型番:CB-C76)』とはどんなアイテムなのか概要を紹介していきましょう。

『CB-C76』対応製品

本製品は、対応製品として下記のMacBook用となっています。

  • MacBook Air 2018
  • MacBook Pro2016/2017/2018

7-in-1 マルチハブで様々なデバイスと接続可能!

CB-C76は、USB Type-Cコネクタ2つに取り付ける事で、下記の7つの入出力ポートに拡張する事ができます。

  • USB 3.1 Gen 1 (USB 3.0ポート)×2
  • USB-C (Thunderbolt 3対応 給電可能)ポート×1
  • USB-C データ転送ポート×1
  • HDMIポート×1
  • SDカードスロット×1
  • microSDカードスロット×1

給電可能なType-Cポートは2ポートから1ポートに減少しますが、その分Type-C、Type-Aと、総コネクタ数は増え、SD/microSDカードのストロットと、映像出力用のHDMIコネクタも追加されます。

USB Type C ハブ 7-in-1 マルチハブ (型番:CB-C76)
USB Type C ハブ 7-in-1 マルチハブ (型番:CB-C76)

これにより、充電をしながら、外部ディスプレイに繋ぎ、さらにUSB Type-Aのマウスや、周辺機器や、スマートフォンへの給電などを同時に利用できるようになります。

映像出力も拡張性UP マルチディスプレイ対応

映像出力機能もかなり選択肢が広がります。

HDMIポートは最大4K@30Hz出力にも対応しているので、4Kのディスプレイへの出力が可能です。 Type-CのThunderbolt3コネクタにHDMI変換コネクタ(別売)で映像出力する場合、最大2台の4K/60Hzディスプレイを接続可能。

またThunderbolt 3ポートのまま映像出力に利用する場合は5Kまで対応します。

SD/MicroSDカードリーダーも有り

Androidスマートフォンや、デジタルカメラなどのデータ読込用にSD/microSDのコネクタが追加される事も嬉しい所です。 (ただし同時利用は不可 ※後述)

コンパクトなサイズとデザイン

外寸は12.0×3.3×1.1cm……とスペック上は確認できますが、実際に手元に届いたものを見てみると、その小ささにやや驚きました。 重量は48gで、持ち運びにもストレスにならないでしょう。

AUKEY『CB-C76』 500円玉とならべて。 大きさの目安に
500円玉とならべて。 大きさの目安に

MacBookシリーズを意識した、アルミニウム合金外装は質感も良く高級感があります。 スペースグレーのMacBook Airに取り付けても違和感がありませんし、非常に精工に質感を似せている印象です。 デザインにこだわりたいユーザーにとって、この点も嬉しい所でしょう。

またアルミニウム合金の外装は、放熱性にも優れています。 電源や頻繁に読み書きを行うデバイスを接続した場合、この点も地味に重要になってくるのでしょう。

『CB-C76』実際の使用感

それでは、私の所有しているMacBook Airで『CB-C76』を接続してみての使用感について記載していきます。

MacBook Airへ接続した感触

実際にMacBook Airに取り付けてみた感触としては、挿入時も抜く時もスムーズです。 本体の2つのコネクタと接続するので、少しでもコネクタの位置がずれていると接続しずらくなってしまう筈ですが、そんな事もありません。 精工に作られています。

AUKEY『CB-C76』をMacbook Airへ取り付けてみる
Macbook Airへ取り付けてみる

奥まで挿入すると「パチっ」という感触がありガッチリはまり込むので、抜けやすいということもありません。

また、製品の厚みも1.1cmと薄いので、接続した際にMacBookを無駄に傾けてしまったり、コネクタに余計な負荷がかかったりという心配も少ないでしょう。もちろん、キーボードをタイプしていてもガタツキなどは発生することはありませんでした。

 AUKEY『CB-C76』はMacBookとの相性バッチリ。厚みも程よい
MacBookとの相性バッチリ。厚みも程よい

USBメモリ、iPodを接続してみる

MacBook Airに取り付けた『CB-C76』を実用するテストとしてUSB機器を接続をしてみました。 試しにUSBフラッシュメモリ(Type-Aの一般的なもの)、とiPodをいずれもUSB3.0のType-Aポートに接続しました。

接続する際はスムーズで、それぞれのデータ読み書きなど動作も問題ありませんでしたが、この点は当たり前といえば当たり前でしょうか。 ですがUSB機器を取り外す際には『CB-C76』自体がMacBookから抜けてしまいそうになりましたので、この点は少しだけ注意が必用そうです。

USB機器などを外すときは、念のため『CB-C76』を抑えながら外す方が良いかも
USB機器などを外すときは、念のため抑えながら外す方が良いかも

USB機器を取り外すとき真っすぐ引き抜くのではなく、微妙に(コネクタを傷めない程度に)ぐらつかせながら抜けば片手でも大丈夫ですが、できれば一方の手で軽く 『CB-C76』 をおさえながら、もう一方の手でUSB機器を抜くように心がけたほうがよいでしょう。

CB-C76の良い点と残念な点

最後に『AUKEY USB Type C ハブ 7-in-1 マルチハブ』を使用した上で、感じたアピールポイントと、やや残念な点を記載しておきましょう。

良い点/アピールポイント

良い点としては、やはり本製品1つで様々な接続方式に対応できる便利さでしょう。

2019年6月現在は、まだUSB Type-Cに切り替わる過渡期です。 手持ちの対応したデバイスが少ない状態では、このような便利なマルチハブがあるととても便利です。

HDMIポートでの外部ディスプレイを接続しマルチディスプレイ化したり、プレゼンでプロジェクターに投影したり。 さらにUSB 3.0ポートを活用すれば、トリプルディスプレイ体制も構築することができます。

また、SD/MicroSD カードスロットがある点も嬉しい所。 デジカメなどのデータを取り込む際はもちろんですが、大容量なものが安くなってきている昨今ですのでフラッシュメモリを、MacBookの補助ストレージとして常に取り付けておく……といった用途にも利用できそうです。

アルミ合金のボディは、2時間接続したまま作業をおこなっていても熱くありませんでした。 この点も評価できそうです。

残念な点

残念な点としては……USB Type-A機器を接続した時、デザインによっては表裏が逆さまになってしまう点でしょうか。

USBメモリの裏面が上になってしまう場合も
USBメモリの裏面が上になってしまう場合も

表面にランプや液晶などがあるデバイスだと、裏返ってしまうとランプが確認できないような場合も有るかもしれません。 ……とはいえ、これはUSB TypeAコネクタの仕様に依るところではあるのですが。

もう一点、MacBookシリーズにぴったり合わせてデザインされている分、もしMacBook側にカバーなどを取り付けて利用している場合は本機を装着できない場合があります。 この場合はあきらめて、ケーブルでつなげるタイプのHUBを選ぶ方がよいでしょう。

また、外して持ち運ぶ際に、本機のTypeCコネクタが2つ出たままになってしまうので、同梱品に専用のポーチか何かが有ると良さそうに思えました。

そして、これは製品仕様をみていて気付いた点なのですが、SDカードとmicroSDカードスロットを同時に使用することができません。利用するデバイスは最初に使用されたカードスロットに挿したフラッシュメモリのみ認識するそうです。 この点は注意していれば不便はすくなさそうですが、残念といえば残念です。

まとめ

AUKEY USB Type-C 7-in-1 マルチHUB 『CB-C76』は、間違いなく将来的に主流となるUSB Type-Cコネクタを残しつつ、従来のUSBやHDMIなどの接続に対応させるためのマルチハブとして、便利なアイテムです。

私が利用しているMacBook AirはType-Cコネクタが2つとオーディオコネクタしか搭載されていないので、かなり拡張性が高まる事になります。

デザインもスタイリッシュなので、MacBookの持つクリエイティブでスマートな印象維持しつつ利用できる良いガジェットではないでしょうか。

製品スペック

型番 CB-C76
インターフェース
  • USB 3.1Gen 1 (USB 3.0 Type-A)データポート ×2
  • USB Type-C/Thunderbolt3ポート×1
  • USB-C データポート ×1
  • HDMI ポート
  • SD & MicroSD カードスロット各×1(同時利用は不可)
接続コネクタ USB-C
Thunderbolt 3入力 /出力 DC 5V‒20V 5A (最大100ワットの電力をMacに供給する
または最大15ワットをバスパワーデバイスに供給する)
Thunderbolt 3データ転送速度 Thunderboltデバイスで最大40Gbpsスピードをサポートする、USB 3.1 Gen 2デバイスで最大10Gbpsスピードをサポートする
Thunderbolt 3ディスプレイ解像度 最大5K@60Hz
USB-Cデータ転送速度 最大5Gbps
USB出力電圧・電流 DC 5V 900mA (最大)
USB データ転送速度 最大5Gbps
HDMI 解像度 最大4K@30Hz
SD/MicroSD
対応カード規格
  • MicroSD
  • MicroSDHC
  • MicroSDXC
  • SD
  • SDHC
  • SDXC
SD/MicroSDカード対応容量 最大2TB
SD/MicroSDカード
データ転送速度
最大5Gbps
材質 アルミニウム合金
寸法 120 x 33 x 11mm
重量 48g
AUKEY公式
製品ページ
https://jp.aukey.com/products/7in1-multiport-usb-c-adapter-cb-c76

もしこの記事が役にたったら、シェアをお願いします。

この記事のタイトルとアドレスをコピーする


Page top