Adobe Creative Cloud 2ヶ月間無料利用提供中/ コロナウィルス禍のクリエイター支援も表明 | uzurea.net

Adobe Creative Cloud 2ヶ月間無料利用提供中/ コロナウィルス禍のクリエイター支援も表明

Adobe Creative Cloudを2ヶ月間無料で提供 コロナウィルス禍におけるクリエイター支援
Adobe Creative Cloudを2ヶ月間無料で提供 コロナウィルス禍におけるクリエイター支援を実施中

執筆: UZUREA編集部 アイコン UZUREA編集部

現在世界中で広がる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とその影響に向けて、さまざまな国家、企業、団体、個人がそれぞれの立場で社会貢献や、サポートに立ち上がり始めています。 そんな中、PhotoShop、Illustrator、AfterEffectsといった、クリエイター向けソフトウェアを提供するAdobe(アドビ)も各種支援の表明を行っています。

また、同社の製品を無制限に利用できるサブスクリプションサービス『Adobe Creative Cloud(通称 AdobeCC) コンプリートプラン』利用中のユーザーへ向け、2ヶ月間の無料提供(※)がされいますので、当記事ではこの利用方法について解説いたします。

※「Adobe CCの2ヶ月無料利用」については正式に「コロナウィルスへのクリエイター支援」として発表されていません。

Adobe コロナウィルス禍のクリエイター支援を表明

Adobeは、2020年、世界中に広まりつつある、 COVID-19の影響をうけ、2020年3月13日には、Adobe Creative Cloud アカデミック版(教育用)の無料提供を発表しました。 また既にAdobe Creative Cloudを利用している一般のユーザーは2ヶ月間の無料利用(通常5,680円+税/月)というディスカウントが提供しされています。

COVID-19 UPDATES アドビのコミットメント
COVID-19による世界的影響について Adobeの声明
Adobe公式サイト アドビのコミットメントより

このAdobeのCOVID-19の影響下にあるクリエイターへのサポートについては下記のように発表されています。

  • 2020年5月31日まで、共有PCのみのライセンスをお持ちの教育機関を対象に、児童・生徒・学生及び教職員がAdobe Creative Cloudに自宅からも無料でアクセスできるようにしました。
  • 2020年5月31日まで、Adobe.comのwebベースのPDFサービスを無料で提供します。ドキュメントを作成および共有できることがお客様のお役に立つことを願っています。
  • バリューインセンティブプラン(VIP)のCreative CloudおよびDocument Cloudのグループ版および法人版をご利用のお客様向けに、更新猶予期間を60日間に延長します。
  • Creative CloudおよびDocument Cloudのエンタープライズタームライセンス契約(ETLA)のお客様については、追加ライセンス料金を60日間免除します。

※当記事執筆時点(2020年4月7日)では、今回の一般ユーザー(非エンタープライズ、VIP)に関しての60日間利用料免除については記載されていません

なお、このプロモーションについて、いつまで続くかをAdobeサポートへ問い合わせをおこなったところ、今の所(終了時期は)未定との事でしたので、対象のユーザーはこの機会に検討しては如何でしょうか。

Adobe Creative Cloud ユーザー 2ヶ月間無料利用方法

2ヶ月間無料の適用方法

※2020年4月8日編集部追記:コンプリートプラン利用中では無く、他のAdobeアプリケーション単体契約ユーザーでも、この手続きで2ヶ月間『コンプリートプラン』が無料で利用できるとの情報提供をいただきました。 ただし、その場合2ヶ月の無料期間終了後はコンプリートプランの契約が自動的に継続するので、自身で解約手続き(またはソフト単体契約への変更)を行うのを忘れないようにしましょう。

では実際にどういった手順で、このプロモーションを利用できるか解説していきます。 全体の流れとしては……

  1. AdobeアカウントでWebサイトにログイン
  2. 現在利用しているプランの解約手順にすすみ
  3. 手続き中に提案される2ヶ月無料プランを選択する
  4. 乗り換え完了 次の利用費用支払日から適用される

と、非常に簡単な手順です。 一旦解約手続きに進むので、心配になるかもしれませんが、筆者が実際に試したところ問題無く適用されました。

AdobeアカウントでWebサイトにログイン

まずはAdobe公式webサイトから、Creative Cloudを利用しているAdobeアカウントでログインします。

Adobe Webサイトからログイン
Adobe Webサイトからログイン

ログイン後にの画面で、利用しているプランの『プランを管理』を選択。

AdobeアカウントでWebサイトにログイン後の画面で、利用しているプランの『プランを管理』を選択
ログイン後の画面で、利用しているプランの『プランを管理』を選択

Creative Cloudプランの解約手続きへ進む

そのまま、プランの解約手続きを進めます。 『プラン情報』という画面に推移するので『プランを解約』を選択(繰り返しになりますが、実際に解約にはならないのでご安心を)。

Adobe CCの『プランを解約』を選択
Adobe CCの『プランを解約』を選択

続いて、プランの解約理由アンケートが表示されているので『高額過ぎたため』を選択し、画面右下の『続行』を選択。 なお、選択肢の表示位置はランダムで変動するようですので、よく確認して操作しましょう。

Adobe CC 解約の理由を選択
Adobe CC 解約の理由を選択

すると、解約を引き留める解説が表示されますが、気にせずさらに『続行』を選択。

Adobe CC 解約手続き 更に『続行』を選択
解約手続き 更に『続行』を選択

すると、2ヶ月間無料(=11,360円+税分がお得)というプランの提案表示されます。

AdobeCC 2ヶ月間無料のプランを選択
AdobeCC 2ヶ月間無料のプランを選択

※なお、上記画像では『初年度の割引料金 3,278円/月(税別)』というプランも表示されますが、これは『AdobeCC コンプリートプラン』を、これからはじめて契約するユーザ向けに2020年4月10日まで実施しているキャンペーンです。

手続き完了 60日間(2ヶ月)分の費用11,360円が無料に

以上で、手続きは完了です。 以後2ヶ月間のAdobeCC コンプリートプランの利用料が無料となりました。

2ヶ月間のAdobeCC コンプリートプランの利用料が無料に。11,360円のコスト削減
2ヶ月間のAdobeCC コンプリートプランの利用料が無料に。
11,360円(税込で12,496円)のコスト削減

この後、アカウントと紐づけられたメールアドレス宛に、確認のメールが届きます。

Adobeから『無料期間付与のお知らせ』メール(htmlメール)が
Adobeから『無料期間付与のお知らせ』メール(htmlメール)が届く

更に念のため、アカウントの支払い情報を確認したところ、次回の支払いが2か月後に変更されているのが確認できました。

AdobeアカウントのCreative Cloudプラン確認画面で2ヶ月経過後からの支払い再開が確認できる
プラン確認画面で2ヶ月経過後からの支払い再開が確認できる

まとめ

以上で、手続きは完了です。 世界的なウィルスの流行と、それによる実害、経済的被害に備え、出来る限りの事を行っていく必要があるでしょう。 引き続き、最大限の警戒と、自己管理をしつつも、可能な範囲で労働、消費といった経済活動を継続し、一日も早く平時の社会を取り戻す事を目指す必要があります。

医療や関連する業務に従事していなくても、それぞれの立場で出来る事をしていく事が、今後一層に重要になってくるはずです。 そういった意味でもAdobeの施策によって、クリエイターの負担が少しでも減る事は有意義な事ではないでしょうか。

なお、月額自動引き落としのサブスクリプション未契約の方や、資金に余裕があり今後も継続してAdobe CCを利用し続けるという場合は、Amazonなどで12か月一括版のコードを購入する方がお得です。 12か月分コードが、常時66,000円前後で購入できるうえ、不定期でセールをおこなっています。 当記事執筆(2020年4月7日)時点には47,277円で購入ができるようです。

新規利用を考えているユーザーや、長期的な利用を継続する場合はこれらの購入を検討するのも良いでしょう。

Adobe Creative Cloudを2ヶ月間無料で提供 コロナウィルス禍におけるクリエイター支援

もしこの記事が役にたったら、シェアをお願いします。

この記事のタイトルとアドレスをコピーする

コメント

  1. つるや より:

    AdobeCC 2ヶ月間無料のプランを適応させたいと思い、解約の手続きをやってみましたが、2ヶ月間無料のオプションが出てきませんでした。泣

    もう終了してしまったのか、、対象じゃないのか。。。悲

    残念ですー。
    本家のホームページに詳しい説明がないので分かりにくいですね。。


page top