『Morning Dove White (One Dove)』 ランダム ディスクレビュー - uzurea.net

『Morning Dove White (One Dove)』 ランダム ディスクレビュー

執筆: 森須 信号 アイコン 森須 信号

その日にiTunesに保存してある楽曲をランダム再生して、最初にかかったトラックとアルバムをレビューしていこうという、当企画。 あまり思い入れのないアーティストの場合もありますが、ご愛敬という事で。 記念すべき1枚目は……

Morning Dove White (One Dove)

あ、少し語れるアルバムで良かった。

¥1,500 (2020/02/27 00:17:36時点 Amazon調べ-詳細)

ドット・アリソンが所属していたOne Dove(ワン・ダヴ) ……ひとつのハトなんて名前のこのバンドは、アルバムはこれ1枚しか出していなかったはず。

楽曲はいかにもイギリスっぽい感じのエレクトリック&オールドポップスなトラックに、ボーカルドット・アリソン(Dot Allison)のけだるいボーカルが乗っかるお洒落な曲達。 ダブとか、トリップ・ポップ系というと伝わりやすいでしょうか。 いまWikipediaで調べてみたところ、スコットランド出身なんですね、なるほど。

知らない方は、オフィシャルのMVがYoutubeに上っているので、見ていただくと分かりやすいでしょう。

One Dove – Breakdown (Official Music Video)
One Dove – Breakdown (Official Music Video)

サムネイルの真ん中に居る女性がドット・アリソン。 1969年生まれらしいので、このアルバムが出た頃は24歳。

彼女を知ったのは、MassiveAttackのライブを 2003年のフジロックで見たとき。 ライブではいろんなゲストを呼ぶMassiveAttackですが、この時のフジでの女性ボーカル曲の半分位はドットアリソンが担当していた(ハズ)。 前述のMVとは変わって、フジロックのステージでの彼女はショートカットでメチャクチャ可憐な雰囲気で登場した。

One Doveの『イケてる感じの男を両脇に率いてる神経質そうな女の子』って図柄は高嶺の花感がすごい。 遥か上位のヒエラルキー感。

当時、ロックしか聞いてこなかった僕は、クラブミュージックや、エレクトリックなニュアンスのあるシーンや音楽にやや劣等感を感じてたように思う。 そして当時の僕は、こんなお姫様とその従者達みたいな(失礼)メンバー構成を見て「どうせメンバー内でドロドロしてるんだろ! ケッ! うらやましいな! 」みたいな勝手な妄想する根暗な若者だった。 あ、いや、僕の事はどうでも良いか。

まあ、悔しいけどお洒落でカッコいいUKの音楽! って感じで受け入れ、楽しんでいたと思う。

今あらためて調べてみると、彼らは1991年にシングル『Fallen』のリリースでデビュー。 その後、1992年に『Transient Truth』、1993年に『White Love』、『Breakdown』、『Why Don’t You Take Me』とシングルを立て続けに発売し、さらに同年(1993年)にアルバム『Morning Dove White』(朝のハトな白?)も発売している。

全体として、ファーストアルバムとは思えないほど、音楽的に完成していると思うのだけど、これはドット・アリソンの才能なのか、他の二人のメンバーが凄いのか……いや3人の才能に依る所か。

イギリスの寒い朝、コートの襟に顔をうずめて白い息を吐き出しながら、こんな曲達を聞きながら仕事に向かう……そんな映像を想像して、お洒落だな~なんて感じる。

One Dove – White Love (Music Video)
One Dove – White Love (Music Video)
このWhite LoveのMVでは随分濃いメイクのDot Allison

当時のイギリスでは、少し先だって活躍していた、同構成(女性Voと二人の男性による)ユニット『Saint Etienne (セイント・エティエンヌ)』と共に、ポジティブに受け入れられていたようです。

Only Love Can Break Your Heart – Saint Etienne
Only Love Can Break Your Heart – Saint Etienne

当時のUKクラブ&ロックシーンでこういったジャンル、ユニット構成が注目されていたのかな。 ちなみにSaint Etienneは、いまも当時のメンバーのまま活躍を続けて、良質なレトロポップ&HOUSEなトラックをリリースしている(公式webサイト)。

話はOne Doveに戻って、彼女たちはその後、メンバーに2人を追加し5人体制になり、セカンドアルバムの制作中にUK音楽業界のごたごたに呑まれ、空中分解してしまった。 そういった意味では、音楽市場に踊らされた不運なユニットなのかもしれない。

その後、ドット・アリソンはソロで活動し、MassiveAttackでもゲストボーカルとして参加。 個人的には↓の動画のサムネイルになっている頃のショートカットの彼女が最高にツボ。 フジロックで見た頃もこんな佇まいだった。 カワイイ。

Massive Attack – Aftersun
Massive Attack – Aftersun

そうそう、MassiveAttackより前になるようだけど、ドット・アリソンは、やはり一時期一世を風靡したDeath in Vegasともコラボレーションしていた。 このライブ動画は2000年のものだそう。

Death in Vegas "Dirge" with Dot Allison, Live on Later with Jools Holland (2000)
Death in Vegas “Dirge” with Dot Allison, Live on Later with Jools Holland (2000)

どう? めちゃくちゃかわいいでしょ? (なぜか自慢げ)

ル~ルル~……レレ~レ~♪ しか言ってないけど、向かって右側の髪がちょっと寝癖みたいいなってるのが可愛い。 後ろのメンバー達が激しく演奏してるのに、淡々とル~レレ~♫とか言ってる所が実に可愛い。

Death in Vegasや、Massive Attackにも見出され、ソロでも活躍し続ける彼女の才能は本物でしょう。 才能もあってカワイイからまわりも、ついついコラボに誘っちゃううんだろうな。わかるわかる。 うんうん。

One Doveのころから一貫して、彼女の透明感があって伸びまくる歌声は素晴らしい。 腹の底から声を出して歌い上げるようなタイプじゃないけど、こういうのも歌のひとつの形だと思う。

容姿だけじゃなく……むしろ音楽の方の才能が凄いんだと思うけど、その後もアーティストとして活躍している彼女は、2019年現在50歳だそう。 うーんそりゃ僕も年取わけだ。

ぜんぜん余談だけど、ディスク情報を確認しようと、Amazonでこのアルバムを検索したところ……

2005年3月14日にこの商品を注文したそうだ
「2005年3月14日にこの商品を注文」した……とのこと。

2005年に購入したという情報が表示されました。 しかもホワイトデーに何をやっていたんだ、当時の自分……きっと暇だったんだろうな。 まさか14年前の購入情報を突き付けられるとは。 そして、14年前に買ったアルバムを、こんな形で紹介する機会がくるとは。 うーん。

Morning Dove White トラックリスト

  1. Fallen
  2. White Love (Guitar Paradise Mix)
  3. Breakdown (Cellophane Boat Mix)
  4. There Goes the Cure
  5. Sirens
  6. My Friend
  7. Transient Truth
  8. Why Don’t You Take Me
  9. White Love (Piano Reprise)
  10. White Love (Radio Mix)
  11. Breakdown (Radio Mix)

個人的には4曲目『There Goes the Cure』が一番好き、疲れ果てたときに聴くといい感じにChillできる曲。 シングルカット曲でもあり、MVも埋め込んだのWhite Love(2曲目)、Breakdown(3曲目)も聞いて損なし、ですよ。

Heavenly
¥2,517 (2020/02/27 09:50:30時点 Amazon調べ-詳細)

Time Bomb/bmg
¥2,693 (2020/02/27 09:50:30時点 Amazon調べ-詳細)

もしこの記事が役にたったら、シェアをお願いします。

この記事のタイトルとアドレスをコピーする


page top