引換(代引き)での販売・購入を終了
引換(代引き)での販売・購入を終了

Amazon 6月6日以降代金引換(代引き)での販売・購入を終了

UZUREA News アイコン

UZUREA News

/ 更新:

当記事の内容および記事中のリンクには、広告目的や当サイトが収益を得るためのものが含まれており、これらの収益によってuzurea.netは運営されています。

インターネット通販大手のAmazonは、2024年6月6日より、商品の購入時に選択できる支払い方法の一つである代金引換(代引き)の提供を終了すると発表しました。この発表は、出品者向けの『セラーフォーラム』と出品者アカウント向けに送付されたメールにて告知されています。

Amazon 6月5日で代金引換(代引き)の提供を終了

インターネット通販大手のAmazonは、2024年6月6日より、商品の購入時に選択できる支払い方法の一つである代金引換の提供を終了すると発表しました。

Amazon出品者アカウント向け送付されたメール
Amazon出品者アカウント向け送付されたメール

この発表は出品者向けの『セラーフォーラム』と販売者アカウント向けに送付されたメールにてにて告知されたもので、2024年6月6日以降、出品者は代金引換での販売ができなくなり、一般の購入者も、代金引換での購入ができなくなります。

Amazonは、「販売事業者様や購入者様の体験を向上するため、支払い方法などを含めたサービスの見直しを継続的に実施しています」と説明しており、今回の代金引換終了もその一環であるとしていますが、具体的な理由については明示されていません。

※下記ページの閲覧には出品者アカウントが必要です。

代金引換サービス終了の背景

まず代金引換えという支払い方法が現在でも多く利用されているというのは日本の独特の状況のようです。海外でも利用できる地域や事業者はあるものの、日本ほど一般的ではないようです。クレジットカードを利用していないユーザーにとっては便利な方法ではあるのですが、販売者やサービス提供者ではなく第三者である配達事業者が決済を代行し現金の受け取りをするというのは、考えてみれば特殊なサービスかもしれません。

玄関で荷物と引き換えに支払いを済ませる代金引換
玄関で荷物と引き換えに支払いを済ませる『代金引換』

また、近年では送り付け詐欺代引き詐欺などと呼ばれる、Amazonから頼んでいない商品が代金引換で届き、家族が知らずに料金を支払ってしまうという被害も発生していました。こうしたトラブルを防止するという点や、時代背景、そして代引きをサービスに組み込むコストやサポートのコストなど総合的に考えて提供の終了が決定されたのではないでしょうか。

※代引き詐欺について詳しくは、当サイトの下記記事を参照ください。

出品者への影響

Amazonで商品を販売している事業者は、代金引換以外の支払い方法で引き続き販売を行うことができるため、特別な対応は必要ありません。代金引換に関する利用規約や関連ポリシー、ヘルプページは、6月6日より前に行われた注文にのみ適用されます。

購入者への影響・代替の方法としては……

購入者は、6月6日以降、代金引換での購入ができなくなるので、その他の支払い方法……クレジットカード、デビットカード、PayPay払い、Amazonギフト券など、代替の支払い方法を利用する事を検討しなければなりません。特にクレジットカードを利用したくない、様々な理由から持っていないなど、代金引換での購入を利用していた購入者も多いはずです。

代金引換をメインにAmazonでお買い物をしていた人にとっての、具体的な代替方法としてはPayPayか、Amazonギフト券で事前にチャージしての買い物が利用しやすいでしょうか。PayPayの場合は残高があれば利用できますし、Amazonギフト券もコンビニやネットバンク、ATMなどで支払う事ができます。


支払いをすませれば残高が直接アカウントに追加される、Amazonギフトカード チャージタイプが一番手っ取り早いでしょう
支払いをすませれば残高が直接アカウントに追加される、Amazonギフトカード チャージタイプが一番手っ取り早いでしょう

Amazonギフトカードへの支払いはコンビニ払い、ATM、ネットバンクなどから可能
Amazonギフトカードへの支払いはコンビニ払い、ATM、ネットバンクなどから可能

関連リンク

引換(代引き)での販売・購入を終了

この記事をシェアする

この記事のタイトルとアドレスをコピー

この記事を気に入ったらハートマークで応援してください

この記事の執筆は……

UZUREA News アイコン

UZUREA News

厳選したニュースをお届けするUZUREA NEWSアカウント

Xアカウント、またはGoogle Newsページからフォローすると最新情報が随時チェックできます。

関連する記事



page top