壮絶なドキュメンタリー『IDOL -あゝ無情-』 レビュー 。 修羅場だらけの作品をアイドルに疎い筆者が観てみた - uzurea.net

壮絶なドキュメンタリー『IDOL -あゝ無情-』 レビュー 。 修羅場だらけの作品をアイドルに疎い筆者が観てみた

壮絶なドキュメンタリー『IDOL -あゝ無情-』 レビュー 。 修羅場だらけの作品をアイドルに疎い筆者が観てみた
壮絶なドキュメンタリー『IDOL -あゝ無情-』 レビュー (画像 IDOL あゝ無情 公式webサイト)

執筆: ヤマダマイ アイコン ヤマダマイ

世はアイドル戦国時代――。

……ということくらいしか知らない、アイドルに疎い筆者(SNSでフォローしているアイドルは、元アイドルの指原莉乃さんだけ)が、ドキュメンタリー映画『IDOL -あゝ無情-』を鑑賞しました。

普段私達が見ている、『楽しそうなアイドル界隈』のイメージとは打って変わって、強烈なインパクトを喰らって卒倒寸前になるほどの、強烈なドキュメンタリーでした。

アイドルドキュメンタリー『IDOL -あゝ無情-』とは

IDOL あゝ無情
アイドルドキュメンタリー『IDOL -あゝ無情-』

毎年恒例となったWACKによるアイドル最終合宿オーディションが2019年3月に行われた。場所は2回目の開催地となる九州の離島、壱岐島。アイドル候補生たちだけでなく現役メンバーも参加し、1週間の過酷なサバイバルオーディション生活を繰り広げるが・・・。 アイドルの終わりと始まり。グループの、仲間の、個人の、対照的な光と影を「世界でいちばん悲しいオーディション」の岩淵弘樹監督が密着し続けた500時間以上に及ぶ映像から紡ぎだされた圧巻の85分。あなたはこの密度の濃さに酔いしれる。

IDOL-あゝ無情- 公式サイトより引用

この作品、一体何が強烈なのか? どう“無情”なのか? そもそもアイドルに詳しくないけど見る価値があるのか? そんな疑問に答えつつ、本作の持つ緊張感と見どころをご紹介します。

オーディションと並行で進む、第2期Bis解散の真相にも迫る

映画『IDOL-あゝ無情-』120秒予告 WACKオーディションドキュメンタリー2019年11月1日公開 感情むき出しの痛烈ノンフィクション
映画『IDOL-あゝ無情-』120秒予告

アイドルを志す女の子たちの間でも、とりわけ注目を集め続けている音楽事務所『WACK』。

公式サイトの事業内容には“音楽の何でも屋”と書かれている通り、これまでのアイドル界では考えられないような個性的なプロモーションを行なうことでも知られています。 例えば全裸PVと呼ばれる映像を世に出し、大きな話題になった『BiS(第1期)』というグループも『WACK』所属のアイドルです。

本作、『IDOL-あゝ無情』は“オーディション合宿”の様子と、その途中で浮上する“第2期 BiS解散”という2つを軸を捉えていますが、『WACK』や『BiS』のことをよく知らなくても、本作の持つ異様な緊張感はビンビンに伝わる作品です。

タイトル IDOL -あゝ無情-
製作 2019年製作
劇場公開 2019年11月1日
配給 松竹メディア事業部
監督・編集 岩淵弘樹
プロデューサー 渡辺淳之介
撮影 青柳拓、浅井一仁、今井未来、今田哲史、岩淵弘樹、エリザベス宮地、小峰克彦、白鳥勇輝、中村桃子、丹羽貴幸、バクシーシ山下、八木咲、柳田裕之、山崎夏樹
尺数 85分

想像のはるか上を行く過酷なアイドル界

華やかな舞台ほど、裏では過酷な現実が待っているとよく言いますが、そこの“オーディション合宿”は、そんな現実を集約したような現場だといっても過言ではないでしょう。 島に着いたら最後、そこで待っているのは24時間カメラが回り続け、合宿の様子がニコ生で配信されるという異様な状況と、毎日選考されるオーディション脱落への恐怖、過酷な早朝マラソン、マラソンの途中で食うメロンパン、etc….

なんだかホラー映画のイントロみたいですが、その辺の一般人をこの環境下にポイッと放り込んだら間違いなく1日で逃げ出すでしょう。 筆者なら日帰りです。 もちろん極限状態に置かれた候補生たちの中にはブレイクスルーする者もいれば、感情に異常をきたす者も現れます。

島に着く前と後では環境が異なりすぎて、いきなり過呼吸で倒れる候補者。

映画『IDOL -あゝ無情-』イメージ2
映画『IDOL -あゝ無情-』作品イメージ画像

食事では「先輩が稼いだ金で食う飯を残すなんてありえない」というプレッシャーに耐え切れず、便器に吐きこむ候補生の姿など、かなりショッキングなシーンが続きます。 あまりにも過酷な内容すぎて、途中「特殊部隊でも養成してるのだろうか……」と錯覚するほどでした。

ただ、本編で「アイドル界はこの合宿よりもっと過酷」という言葉があったように、このオーディションで夢見がちな候補生をめちゃくちゃ高速で”ふるい”にかけ、残った者はタフなアイドルとして成長していくことを想定しての合宿でもあるのでしょう。

過酷なアイドル界を、非常に限定された空間で見せつけられるという、不思議な感覚に陥ります。

渡辺淳之介プロデューサーによる鋭利な“指摘”

本作で候補生たちに厳しい指導を続けるのは、2014年8月に株式会社WACKを設立し、代表取締役に就任した渡辺淳之介氏。

オーディションを仕切るだけでなく、候補生たちを常に近くで見ていることもあり、与える指摘はとても辛らつです。 怒号や罵声こそ聞こえないものの、渡辺氏の発言はいわば隙の全くない尖った刃物のよう。 それでグサグサとアイドルたちのメンタルを刺し続けます。

辛らつで的確な渡辺プロデューサーの指摘
画像 映画『IDOL-あゝ無情-』120秒予告より
辛らつで的確な渡辺プロデューサーの指摘
画像 映画『IDOL-あゝ無情-』120秒予告より

これが『ガチンコファイトクラブ』のような世界観だったら間違えなく手を出す者が現れますが、渡辺氏は非の打ち所がないほど的確に候補生をダメ出しをするので、候補生は涙をぼろぼろこぼしながら聞くしかないのです。(もちろん、褒めている候補生もいました)

ここまでするか、と言いたくなるほど徹底的に候補生たちを指導する渡辺氏。 彼に人の心はないのか? と頭を抱えてしまうほどですが、そんな愚問を払拭する“あるシーン”が後半に用意されており、観ている私たちの感情を極限までかきむしります。

ある人物から「この合宿に意味なんてなかった…」と漏れるシーンがあるのですが、渡辺氏の“あのシーン”を見ると、たとえ結果が伴わなくてもこの合宿に意味はあるんだなと強く感じることができました。 渡辺氏がアイドルたちのことを考え、想う気持ちは間違いなく本物だと証明する作品でもあります。

こんなにも人間が空っぽになる姿を見ることがあるだろうか。

『IDOL-あゝ無情』がどれだけ強烈な作品かを表現するなら、『あしたのジョー』の燃え尽きるラストシーンを10分に1度見せられているかのような作品です。

映画『IDOL -あゝ無情-』イメージ1
映画『IDOL -あゝ無情-』作品より

そもそも、なぜ彼女たちはここまで過酷な試練を受けるのでしょうか?

それは、このWACKで活動するアイドルたちに強く憧れていたから。 「アイドルになりたい」という以上に、「WACKのアイドルになりたい!」という気持ちが非常に強いのでしょう。

その証拠に『IDOL-あゝ無情』の前作にあたる『世界でいちばん悲しいオーディション』での合宿オーディションを見て「私も受けたい!」という候補生もいました。 中には、まだ若いのに学校や仕事を辞めてまでオーディションを受けている人も。

しかしどれだけ思い入れが強くても、渡辺氏は容赦なく脱落者を決めていきます。 そして脱落してしまった候補生は文字通り“抜け殻”のように放心状態となってしまうのです。 これが矢吹丈役のオーディションならどれほどよかったか……。

全てを賭け、全てを失った人の瞬間を、こうも何度も目撃する作品はかなり珍しいと思います。

社会人にも刺さる、ありがたいお言葉

社会人になって最初に覚えることって、仕事よりも妥協なんじゃないか…… そんなことを考えてしまう筆者ですが、そんな(筆者を含め)最近たるんじゃってる人にも刺さる、ありがたい渡辺氏のお言葉がありました。

映画『IDOL -あゝ無情-』イメージ3
映画『IDOL -あゝ無情-』作品より

渡辺氏は常に“自分本位”でしか考えられない候補生を厳しく指導し、“チームやお客さん”まで考えることのできる者を評価します。

これは社会人でも置き換えることができて、自分の事しか考えられない社員と、会社や顧客の利益を考えられる社員こそ、はじめて正当な評価がなされるものだと思うのです。 例えるなら 「自分の給料上げてくれって言う前に、会社のことを考えて働けているのか?」といったところでしょうか。

それゆえ渡辺氏の発言が、時に観ている自分にも言われているような気がして、見ているうちになぜか自身が萎縮していくのを感じました。 でも、目の前で年若き女の子たちが、泣きながらも折れずに頑張っている姿を見ると「自分もこんな調子ではいかん!」と、ふんどしを締めなおせる作品でもあるかもしれません。

『IDOL-あゝ無情』総評

結論から言うと、WACKやアイドルに明るくない筆者が事前予習なく『IDOL-あゝ無情』を観て覚えたグループ名は『BiS』と『GANG PARADE』くらいですが(すいません……)、渡辺氏のアイドル界に対するビジョンや想いについては明確に理解することができました。

映画『IDOL -あゝ無情-』イメージ4
映画『IDOL -あゝ無情-』作品より

華やかな舞台の裏側を見せるというのはリスキーな演出だと感じますが、アイドル界に疎い人にも刺さるドキュメンタリー映画としての存在意義も非常に大きいと感じます。

アイドルというカテゴリーにとらわれず、様々な音楽ビジネスに興味のある人や、実際に音楽をやっている人、がむしゃらな人を見て自分を奮い立たせたい人など……。 いろんな人がいろんな受け取り方のできる作品であることは間違いないです。

少しでも興味がある人はぜひ観てみることをおすすめします!

関連リンク

¥880 (2019/12/06 17:38:47時点 Amazon調べ-詳細)

筆者がTwitterでフォローしている指原さんの中でもお気に入りのツイート
BiSHアユニ・Dが語る“WACKアイドル”とは BiS解散について渡辺淳之介が明かす 映画『IDOL -あゝ無情-』独占インタビュー
BiSHアユニ・Dが語る“WACKアイドル”とは
BiS解散について渡辺淳之介が明かす 映画『IDOL -あゝ無情-』独占インタビュー
壮絶なドキュメンタリー『IDOL -あゝ無情-』 レビュー 。 修羅場だらけの作品をアイドルに疎い筆者が観てみた

もしこの記事が役にたったら、シェアをお願いします。

この記事のタイトルとアドレスをコピーする


Page top