『ジゴサタ コミック1巻』発売 漫画家 洋介犬さん インタビュー | uzurea.net

『ジゴサタ コミック1巻』発売 漫画家 洋介犬さん インタビュー

『ジゴサタ コミック1巻』発売 漫画家 洋介犬さん インタビュー
画像 『ジゴサタ コミック1巻』(Amazonより)

執筆: UZUREA編集部 アイコン UZUREA編集部

”「最近は凶悪な犯罪ばかり起きている」と感じることはないでしょうか” ……この一文からはじまる記事を公開したのは、2019年の7月のこと(該当記事:漫画家 洋介犬さん SNS投稿作品『ジゴサタ』Web連載直前インタビュー)。 2020年になってからも、悲惨なニュースが相次いでいるように感じられます。

前回の記事でも書いたように実際には日本の犯罪件数自体は、平成14年をピークに減少傾向にあります。 しかし、犯罪件数が減少傾向にあるからといって、犯罪者を許せるか? どこからが犯罪行為なのか? 犯罪者に与えるべき罰は? と、考え出すときりがなくなることです。

悪いことをした者への因果応報をテーマにしている漫画、『ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい(以下ジゴサタ)』は、『外れたみんなの頭のネジ』『世界が滅んだその後で』などを代表作とするホラー漫画家、洋介犬(ようすけん)さんの新たな代表作です。

ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい(145)
ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい(145)より
ネットでの誹謗中傷の“罪”を題材にした話。誰もがいつ被害者、加害者になるかわからないことでもあります

『ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい』 コミック発売

『ジゴサタ』は、2019年3月より洋介犬さんのSNSで公開開始。 2019年7月10日より日本文芸社WEBサイト『ゴラクエッグ』にて連載スタートし、大好評を博しました。 そしてこの度(2020年1月29日)に、ニチブンコミックスから第1巻が発売しました。

ジゴサタ~地獄の沙汰もお前しだい (ニチブンコミックス)
ジゴサタ~地獄の沙汰もお前しだい (ニチブンコミックス)

そこで今回、ジゴサタの第1巻発売記念として作者の洋介犬さんに話を伺いました。

洋介犬さんインタビュー

――『ゴラクエッグ』で連載を開始されて、Twitterメインで『ジゴサタ』を公開されていた際に比べ、どのような変化がありましたか。

洋介犬さん(以下 洋介犬):
ゴラクエッグ版からは罪をただ裁くだけでなく、刑によって逆に人を救う展開を増強したおかげで大変「泣けた」というご感想が増えました。 これは編集サイドからのプロデュースによるもので、感謝しております。 あと、SNS版を踏まえてリテイクできた箇所も多く、それもよかったです。

ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい(169)
ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい(169)より
『ゴラクエッグ』版ではこのような泣ける話がパワーアップ

――確かに、『ゴラクエッグ』での連載からは心に響く話が増えた印象があります。 リテイクをした結果、読者の方から反響が大きかったエピソード・先生ご自身がお気に入りのエピソードを教えてください。

洋介犬:
みなさん各々ベストエピソードが違うようですが、反響が大きいのは少年兵を扱った話でした。 彼はその後もちょくちょく登場するので、影の人気キャラとなりつつあります。

※生前、戦場よりも学校に行きたかったという少年兵。見た目もかわいらしく、人気キャラなのも納得

洋介犬:
僕個人として好きなのは刑吏が地獄の在り方に惑う話や、歴史上の偉人と出会う話です。 これらの話も人気があり、描いていてやりがいを感じます。

ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい(144)より
この男の気持ちが「わからない」という読者が大半だと思いますが、刑吏も同じのようです
ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい(144)より
この男の気持ちが「わからない」という読者が大半だと思いますが、刑吏も同じのようです
ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい(121)より
意外な形での歴史上の人物の登場
ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい(121)より
意外な形での歴史上の人物の登場

――系統の違うさまざまな人気キャラが登場することが『ジゴサタ』の強い魅力の1つでもありますよね。今回の単行本発売にあたり、アピールポイントはなんでしょうか。

洋介犬:
SNSでお読みになっていた方は、ゴラクエッグ版を経て完全版になったバージョンをお楽しみいただけます。 また、ゴラクエッグ版を読んだ方でも合間の設定ページや描き下ろしでさらに楽しめる仕様となっております。

言うなればディレクターズカットの劇場版なので、ぜひ新鮮な目でお読みいただければ幸いです。

ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい(161)より
 いじめを題材にした話の1つ
ジゴサタ〜地獄の沙汰もお前しだい(161)より
コメディタッチながら、しっかり罰を与えています。
「へるッ」の効果音は読者にも大好評

洋介犬(ようすけん)さんプロフィール

洋介犬(ようすけん)さんプロフィール

兵庫県丹波市出身。ホラー漫画家。代表作に『外れたみんなの頭のネジ』『誘怪犯』等。 いち早くWEB漫画の可能性を探求し、怪談漫画ブログは5000万PV。 『外れたみんなの頭のネジ』は累計72億PVを記録。 オカルト全般に通じ、ホラーマニアや作家からの評価も高い。とくにサイコホラーを得意とする。

地獄の沙汰もお前しだい web連載情報

毎月10・20・30日頃に更新予定。 全体の三割が商業版のみの描き下ろし・冒頭描き下ろし付き!

講談社
¥715 (2020/08/06 21:38:07時点 Amazon調べ-詳細)

『ジゴサタ コミック1巻』発売 漫画家 洋介犬さん インタビュー

もしこの記事が役にたったら、シェアをお願いします。

この記事のタイトルとアドレスをコピーする


page top