iClever Bluetooth接続のテンキー『IC-KP08』の新カラー ホワイトを発売 | uzurea.net

iClever Bluetooth接続のテンキー『IC-KP08』の新カラー ホワイトを発売

iClever Bluetooth接続のテンキー『IC-KP08』の新カラー ホワイトを発売

執筆: UZUREA News アイコン UZUREA News

サウザントショアス株式会社が展開する人気デジタルガジェットブランドiCleverは、表計算資料作成からイラスト制作まで作業効率が大幅に上がる『ワイヤレステンキーIC-KP08ホワイト』を新たに発売しました。

また、発売を記念して、12月17日~12月23日の期間中、Amazonの購入で使える200台限定20%OFFクーポンも提供中。

iClever『ワイヤレステンキーIC-KP08ホワイト』

ワイヤレステンキー IC-KP08ホワイト』は、PCだけでなく、AndroidiOSiPadOSと幅広い互換性を持つBluetoothテンキーです。

ワイヤレステンキーIC-KP08ホワイト
ワイヤレステンキーIC-KP08ホワイト

人間工学に基づき15度傾斜のデザインを採用することで、より快適なタイピングを実現。このほか、丸型キートップファンクションキー省エネモード滑り止めゴムなども備えており、優れたパフォーマンスを持続的に発揮できるよう設計されています。フル充電時には、約40時間の連続使用ができるので、場所を選ばず使うことが可能です。

丸型キートップを採用した軽量薄型で持ち運びにも最適

ホワイトを基調としたスタイリッシュなフォルムと、丸型キートップを採用。縦132mm×横88.8mm、厚さ17.5mmとスマートでコンパクトなデザインのため、タブレットやスマートフォンと一緒に持ち歩いても負担になりません。

『IC-KP08』 快適なタイピング感
快適なタイピングを体感できる設計

左手デバイスでイラスト制作がより快適になる

搭載されている全てのキーにショートカットキーを割り当てることができるため、イラストや漫画、アニメーションを効率かつ快適に制作することが可能です。また、人間工学に基づいたデザインを採用することで体への負担も軽減しています。

『IC-KP08』人間工学に基づいたデザイン
人間工学(エルゴノミクス)に基づいたデザイン

多彩なファンクションキーの搭載で操作性が向上

0から9までの数字キーのほかに、エクセルなどの表計算ソフトで頻繁に使われる加算・減算といった計算記号をはじめ、NumLockBackspaceDelTabキーを独立設置することで、作業の効率化を図りました。

『IC-KP08』はエクセルなどでの操作に最適
テンキ―はエクセルなどでの数値入力作業に最適

製品仕様

  • サイズ: 131.9×88.8×19.72mm
  • 重量: 100g
  • カラー: ホワイト
  • 保証期間: 18ヶ月
  • キー数: 22
  • キーピッチ: 19mm
  • キーストローク: 1.2±0.2mm
  • 動作力: 60±20g
  • 消費電流: ≤ 2mA
  • 連続使用時間: ≥40h
  • 操作距離: ≤10m
  • 充電時間: ≤1h
  • 接続可能台数: 1台
  • 対応プロファイル: HID
  • 対応機種: HIDプロファイルに対応したWin OS、Mac OS、iOS、Android OS搭載機種

期間限定Amazon20%OFF クーポン情報

Amazonでの購入・決済時に下記のクーポンコードを入力する事で、値引きが適用されます。
※限定数に達し次第、期間内であっても早期終了します。

  • 期間: 12月17日(火)〜12月23日(月)
  • クーポンコード: icleverkp08
  • 販売価格: ¥1,999
  • 割引後価格: ¥1,599
  • 限定数: 200

関連リンク

iClever
iClever

サウザントショアス株式会社 会社概要

サウザントショアス株式会社(THOUSANDSHORES CO., LTD)は2010年にアメリカのイリノイ大学とワシントン大学出身の博士二人によって設立されたグローバル・ハイテク・ベンチャーで、豊富な技術陣と蓄積されたノーハウと先端テクノロジーを活用して、高品質なPCやモバイル周辺機器の開発を行っています。日本、アメリカ、カナダ、イギリス、スペイン、ドイツはじめ20数か国向けに500を超える製品を提供しています。

サウザントショアス株式会社
サウザントショアス株式会社

iClever Bluetooth接続のテンキー『IC-KP08』の新カラー ホワイトを発売

もしこの記事が役にたったら、シェアをお願いします。

この記事のタイトルとアドレスをコピーする


page top