オープン価格って何?定価とは? いろいろな価格表記について調べてみた

執筆: UZUREA News アイコン UZUREA News

この記事をSNSでシェア

オープン価格・定価・希望小売価格について
オープン価格・定価・希望小売価格について

製品カタログや、店頭の値札で『オープンプライス』とか『オープン価格』って見かける事ありますよね。

販売や流通に関わる仕事をしている方なら知っている事も多い言葉ですが、その他にも『定価』や、『メーカー希望小売価格』といった言葉もあって、一般消費者の方々は混乱してしまう事も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、あらためてその意味を確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

オープン価格/オープンプライス

販売元・メーカーが、製品の定価/希望小売価格を”設定しない”事です。

なんで設定しないの!って気もしますが、その理由のひとつには

『メーカー希望小売価格から 50%OFF

『メーカー希望小売価格 ¥19,800 → ¥4,980

などと表示されて、消費者がその製品の価値が低い安物のように感じてしまう事を避ける為、というメーカー側の理由と、むやみにお得感を煽るって消費者を混乱させるのを避ける為に施行された二重価格に関する法令にあわせて、利用さるようになってきたそうです。

オープンな価格=価格を表示する……という勘違いをしている知人がいたのですが、結構間違っているのでご注意を。

オープン価格(オープンかかく)・オープンプライス (open price) とは、販売する商品に対してメーカー側が希望小売価格を具体的に定めていないものである。

Wikipedia オープン価格より

定価

続いては、もうひとつなじみのある言葉『定価』ついてですが、これは販売元・メーカーなどが定める販売価格の事で『定価販売』と制限されている製品は原則この価格での販売となります。具体的には煙草や、本、新聞などがこれにあたります。

ただ、自由な流通・経済といった面では、定価を販売店に義務付ける……という事が難しくなっており、再販売価格維持、独占禁止法、公正取引委員会オープン価格といったワードを紐解いていく必要がありますが、本記事では割愛いたします。

メーカー希望小売価格

これは文字通り、販売元・メーカーなどが希望する『販売価格』です。

新製品のニュースリリースやメーカーのwebサイトなどにこれが記載されていると、目安になるので消費者としてはできれば記載しておいて欲しいものです。反面、長く販売されている製品だと、実際の店頭価格と大きく離れている事も多きいので、メーカーにとっては製品の価値が低いと思われてしまうデメリットもあるという事になります。

まとめ

ここでご紹介した言葉も含めて、仕事一般的な人達には意味が解らない事も多いですよね。

実際の販売価格は、結局のところ

メーカー/販売元の価格→(場合によっては卸業者の卸価格)→小売店 

という原価との兼ね合いと、製品の人気具合によって設定されるのですが、販売時期や色々な要因で小まめに上下するものなので、お買い物好き!という方や、節約中!という方は、知識として覚えておいておくと色々捗るのではないかと思います。

ちなみにiPhoneやiPad、Macなどを販売するAppleの製品は、日本中どこのお店でも同じ価格で販売されていますが、これは流通や販売先などをAppleが厳しく管理しているからだそうです。値引き販売をすると、次回の入荷や新商品の入荷が制限されたり、販売自体が出来なくなったり……。

社会的な人気商品だけに販売店はこれに従わざるを得ないという実情があるようです。


スポンサーリンク
この記事が気に入ったらハートをクリックしてください

※SNSと連携していない、当サイトだけの評価ボタンです。お気軽に!
Loading...

この記事をSNSでシェア