高円寺の『渡り鳥文庫』。 そして『スパイラル文庫』。 | uzurea.net

高円寺の『渡り鳥文庫』。 そして『スパイラル文庫』。

高円寺 渡り鳥文庫
高円寺 渡り鳥文庫

執筆: UZUREA編集部 アイコン UZUREA編集部

この記事をSNSでシェア

いろいろな人や、カルチャーが交差する東京都杉並区『高円寺』。 昼間からやっている居酒屋が多かったり、バンドマン、サブカルチャー好き、文化人などが集まり、日本のインド(by みうらじゅん氏)と称されるのも頷ける、独特の雰囲気がある不思議な町です。

そんな高円寺のJR駅前某所にある、実に高円寺らしい不思議なスポット『渡り鳥文庫』についてご紹介します。

スポンサーリンク

本の無人リサイクルスポット? 『渡り鳥文庫』

渡り鳥文庫』はJR中央線、高円寺駅前の近く、ガード下にある(おそらく)本の無料交換所です。

渡り鳥文庫 2019年4月14日撮影
渡り鳥文庫 2019年4月14日撮影

『渡り鳥文庫』の文字と鳥と本を模したイラストが描かれた看板(?)と、数冊の本が置かれています。 看板はガード下のこのスペース用に作られたと思われるサイズと形状の、しっかりとした物です。

誰が何のために始めたのかは定かではありませんが、筆者がこのスポットに気づき、そっと観測を始めたのは2019年の4月。 その後、高円寺に用事がある度に数回、その様子をそっと撮影していました。

渡り鳥文庫 2019年4月21日撮影
渡り鳥文庫 2019年4月21日撮影

ちょっとトボけた感じの『翼が開いた本になっている渡り鳥』のイラストと文字。 両方とも手書きと思われます。

時には、文庫だけではなく、漫画や何かのリーフレットのようなものが置かれている事もありました。

だれかが持ってきた本は、誰かが持ち帰り、そしてまた誰かがここに本を置いて……と、不特定多数の手を本が行き交うような場所として、様々な人達に愛されていたのではないでしょうか。

インターネットで検索すると、少なくとも2017年の1月にはこの『渡り鳥文庫』は観測されていた様です。

※Instagramより引用 2017年1月1日の投稿

渡り鳥文庫が無くなり『スパイラル文庫』に……

2019年日7月28日、筆者が高円寺に立ち寄り、いつものように渡り鳥文庫を観測しに立ち寄ると、木でできた『渡り鳥文庫』の看板は無くなり、替わりに発泡素材のパネルでつくられた『スパイラル文庫』と描かれた看板にかわっていました。

スパイラル文庫 7月28日撮影
スパイラル文庫 7月28日撮影

よく見ると『スパイラル文庫』看板の向かって左には、『渡り鳥文庫』看板の一部と思われる金折のついた板が……。

その後も何度か観測しにいきましたが、やはり現在(2019年8月11日現在)スパイラル文庫のままのようです。

何らかの要因で失われてしまった渡り鳥文庫(の看板)を惜しむ人が、『スパイラル文庫』の看板を代わりに作って置いたのでしょうか。

意志を受け継いで(?)、建立された『スパイラル文庫』でも相変わらず本が入れ替わり、交換は活発に行われている様です。 とはいえ、以前の独特の愛嬌のある『渡り鳥文庫』のイラストと比べると、やや寂しい気がするのは、筆者だけでしょうか。

ネット上でもやはり、やはりさまざまな方に観測されているようです。

渡り鳥文庫は何処へいったのか

渡り鳥文庫
渡り鳥文庫

渡り鳥文庫(の看板)は何処へ行ってしまったのでしょうか。

心無い人によって、持ち去られたのか。 はたまた行政や施設の権利を持つ人によって撤去されてしまったのか。 実際の所を知るすべは今の所ありません。

とはいえ、有志によってスパイラル文庫として続くそのコンセプトが(……というと、ちょっと大げさかもしれませんが)、今後も大らかな雰囲気で続いてくれると良いな、と思う次第です。

○月○○日までは『渡り鳥文庫だったよ』といった情報や、その他何かの情報があれば、コメントなどで情報提供をいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
高円寺 渡り鳥文庫

この記事が気に入ったら『いいね!』または『フォロー』で最新情報をチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク