今、選ぶならカードリーダーもUSB3.0対応を絶対にオススメするワケ

執筆: 佐藤ポン アイコン 佐藤ポン

この記事をSNSでシェア

日本選手が大活躍したリオ五輪が閉幕しました。連夜のように白熱した試合を見られて、本当に楽しい時間を過ごせました。読者のみなさんは、どの競技に熱くなりましたか?

筆者はやはり「陸上男子400メートルリレー」です。あの4人はめちゃくちゃ速かった!

「速かった」なんてもんじゃない。予選も決勝も超速かった。激速かった!4年後の東京五輪の楽しみがひとつ増えました。他にも体操や水泳、レスリングなど、いろいろ書きたいことはありますが、ココは個人ブログではないので自重しまして……本題です。

今回は400mリレー日本代表に負けないくらい速さを体感できるUSB3.0規格の実力を体感すべく、『SmartQ USB3.0 マルチメモリカードリーダー』をつかってベンチマークをおこなtってみました。

smartq-multi-card-reade パッケージ

『SmartQ USB3.0マルチメモリカードリーダー』はこんな商品

『マルチメモリカードリーダー』とは、その名の通りマルチなカードリーダーです。
つまり「SDカード」や「micro SDカード」、「コンパクトフラッシュ(CFカード)」、「メモリースティック(MS)」など、さまざまなメモリーカードをUSB端子でパソコンに読み込ませられるリーダー。そして今回ご紹介する商品はUSB「3.0」に対応しています。

SmartQ USB3.0マルチメモリカードリーダー線品写真

SmartQ USB3.0マルチメモリカードリーダー底面
SmartQ USB3.0マルチメモリカードリーダー前面
SmartQ USB3.0マルチメモリカードリーダー背面

これさえあれば、メモリーカードに保存してあるファイルを、超高速でパソコンにコピーしたり、その逆も可能になります。ただし注意点がひとつ。高速転送を行うためにはパソコンのUSB端子が「USB3.0」に対応している必要があります。過去のUSB端子にも接続しても使用可能だけど、当然、速度は端子に依存します。

USB3.0の端子はサムライブルーというか「青」なので、これまでの端子(白)と簡単に見分けがつきます。

USB3.0の端子はサムライブルーというか「青」

速いのはわかった! だがUSB3.0はどれくらい速い!?

そんな高速な転送を可能にしてくれる商品『SmartQ USB3.0 マルチメモリカードリーダー』ですが、そもそものハナシ、「USB3.0ってどれくらい速いの?」と思っている方も多いのではないでしょうか? Wikipediaによると、USBの規格は以下のように定められています。

【USBの規格】

  • USB1.1:1.5MB/s(12Mbit/s)
  • USB2.0:60MB/s(480Mbit/s)
  • USB3.0:625Mbit/s(5Gbit/s)

USB3.0はUSB1.1の約400倍以上、USB2.0の10倍以上の速度

規格の上では、USB3.0はUSB1.1の約400倍以上、USB2.0の10倍以上の速度で転送できます。ただしこの数値は理論値なので、実際にはここまで差は出ないはず。さっそく検証してみます。

USB2.0とUSB3.0の転送速度をチェック

比較に使ったのは某メーカーの『USB2.0リーダー』。いまでも一般的に購入できるありふれた商品で、USB3.0リーダーに比べると安価。「安いからコレでいいかぁ」などと考えているそこのアナタ! ポチる前に結果を見てからにしてください。

筆者私物のUSB2.0カードリーダー

そして検証に用意したメモリーカードは、当ブログにてたびたび登場しているmicroSDカード『Team microSDカード オレンジLine(128GB)』。

10年保証をいいことに、思いっきり酷使させていただいております。押忍!

Team microSDカード オレンジLine(128GB

【検証1】ベンチマークの結果は?

まずはUSB3.0のリーダー『SmartQ USB3.0 マルチメモリカードリーダー』と、USB2.0の一般的なマルチメモリカードリーダーを使ってベンチマークを取ってみました。

使用したベンチマークソフトは『新世代ディスクベンチマーク: CrystalDiskMark 5 Shizuku Edition』(http://suishoshizuku.com/ja/)。起動するとかわいいキャラクター「水晶雫ちゃん」が表示される、楽しいベンチマークツールです。

結果はこちら。

USB3.0のリーダー『SmartQ USB3.0 マルチメモリカードリーダー』ベンチマーク結果

USB2.0のリーダー『SmartQ USB3.0 マルチメモリカードリーダー』ベンチマーク結果

画面に表示されている数値は、「秒間どれくらい読み込み/書き込みできたのか?」を表しているため、数値は大きいほうが速い。結果画面で「Seq」と書かれている項目は「連続領域への読み書き」で、「4K」は「ランダム領域への読み書き」。画面を見ると、ランダムアクセスはそれほど変化はないが、連続領域に対する読み書きで、特に大きな差が出ていた。USB3.0は、巨大なファイルをコピーするときに効果テキメンというワケです。

【検証2】 約1GBのファイルコピーにかかった時間は?

続いては実際の使用を想定して、容量約1GBのフォルダーのコピーにかかった時間を測定。1GBのフォルダーには、デジカメで撮影したJPGやRAWファイル、テキストファイルなど、大小さまざまなファイルを格納。なお、計測にはストップウオッチで行ったため、コンマ数秒程度の誤差はご了承ください。

そして、計測結果は以下。

『SmartQ USB3.0 マルチメモリカードリーダー』

書き込み(PC→microSD):1分18.4秒
読み込み(microSD→PC):42.3秒

USB2.0 カードリーダー

書き込み(PC→microSD):1分49.6秒
読み込み(microSD→PC):1分05.8秒

ベンチマーク結果比較図

どーですか! たった1GBのファイルをmicroSDにコピーするのに、USB2.0と3.0で約30秒も差が出てくるんです。30秒がいまいちパッとしない読者の方に、いい例があります。ちょうど冒頭で述べたリオ五輪の日本男子400mリレーの記録が「37秒60」でした。

USB2.0とUSB3.0のコピーの差が、あの試合くらいあるんです。USB3.0を使っている人は、余った時間であの試合を観戦できるんです。

たかが30秒と思うかもしれませんが、朝の慌ただしい時間や急に出かけなければならないときなど、30秒はとても大事。少しでも時間を節約したい方は、USB3.0の『SmartQ USB3.0 マルチメモリカードリーダー』をモーレツにお勧めします。デジカメの写真を頻繁にPCに移している方は、ご検討を!!

smartq-multi-card-reader


スポンサーリンク
記載内容につきまして

掲載記事に関しまして

当サイトの掲載記事は、UZUREA.NETスタッフやパートナーライターの主観によって執筆しています。内容については、実際の事象やスペック、用途と異なる場合がございます。
また記載する製品やサービスの内容が正式スペックや保証範囲の適用外となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をSNSでシェア