大きく育った55kg超のケヅメリクガメ 飼育記 (飼い主の)負傷編

執筆: 藤井洋子 アイコン 藤井洋子

この記事をSNSでシェア

私は体重55kgオーバーのケヅメリクガメを飼育しています。

もちろん、最初から55kgだった訳ではなく、飼い始めた20年前は55g(なんと1000分の1……!)だったのですが(※)、それはさておき。

※編集部注:成長の過程などはこちらの記事もお読みください:『ケヅメリクガメと20年を暮らして。爬虫類の飼育と病院選びは大変だ!』

リクガメを飼っているといろいろな事が起こるもので、時には怪我をする事もあります。この場合の怪我というのは、飼育小屋を修理しようとして金槌で自分の指を打ったとか、エサにする草を刈っていて鎌で手を切ったとかではなく、カメによる怪我、という意味です。

猫を飼っている人がよく引っ掻かれるように、カメを飼っている人にもカメのならではの怪我というものがあります。今日はその話をしようと思います。

スポンサーリンク

カメは悪気なく噛む

良く食べます

良く食べます

ケヅメリクガメに限らず、ほとんどのリクガメは草食です(アカアシガメやキアシガメなど一部のリクガメは雑食傾向があります)。

つまり、牧草や野草、野菜類を食べます。カメを飼っていると言うと、「カメだからスッポンみたいに噛むの?」あるいは「リクガメってスッポンと違って噛まないんでしょう?」と訊かれる事があるのですが、この正反対の問いの答えはどちらも「NO!」です。

リクガメは草食性なので、スッポン※のような攻撃性あるいは肉食性による噛み付きはありません。

※ちなみに、スッポンは肉食寄りの雑食です。

しかし、まったく噛まないという訳ではないのです。

一番多いのは、「悪気なく噛む」というヤツでして、エサを手に持って与えている時に、エサと一緒に指まで噛まれる事があります。

では、噛まれるとどうなるのでしょうか? アニメ「ミュータント・タートルズ」の彼らは突然変異なのでカメなのに歯がありますが、普通のカメには歯がありません

ケヅメリクガメのクチバシ

代わりに鳥のようなクチバシがあるのです。

草食の割には噛む力が強く、ウチのカメのサイズだと、4つ割りにしたニンジンを噛み切る程度のパワーがあります。このクチバシで噛まれるのはニッパーで挟まれるようなもので、手の爪は簡単に割れてしまいます。

そして、噛まれた時に重要なのは、強引に指を抜こうとしない事です。噛まれた状態から指を抜こうとすると、クチバシで指の皮も深刻なダメージを受けてしまいます。

エサではない、あるいは噛みきれない事が分かるとカメは口を開けるので、その一瞬の隙に指を引き抜きます。ボヤボヤしていると噛み直そうとするので、一瞬が勝負です。

また、大声をあげたり甲羅を叩いたりするのは絶対NG。カメは驚くと首を引っ込めるし、首を引っ込める際は口をぎゅっと閉じるので、より強く噛まれる事になります。

噛まれたら声を上げずに歯を食いしばってカメが口を開けるのを待ち、一瞬で引き抜きましょう。まぁ、その前に、手からエサをやらなければ、それで回避できる話ですけど。

誰もが通る道?  ぎっくり腰!

55kgオーバーのサイズ感……伝わるでしょうか

巨大ガメを飼っている人なら誰もが通る道と言えば、ぎっくり腰です。

私ももちろんやりました。そもそも、最初から55kgオーバーであれば、持ち上げようという気は起こらないのです。

しかし、前述の通り、最初は手のひらに乗るようなサイズで55gです。そこから徐々に大きくなり、段々「重たいな」と思うようになります。それでも日々持っていると(甲羅の下側を拭いたり、風呂に入れたりとカメを持ち上げる機会は意外と多いのです)、日ごとに高くなる麻を飛び越えて跳躍力を鍛える忍者のように腕力が鍛えられ、多少の重さは持てるようになります。

しかし、人間には限界がありますし、カメの成長に伴い飼い主も歳をとっていくので、突然「その日」が来るのです。私の場合、「その日」はカメが25kgの辺りでした。

いつものようにカメを洗ってやって、引っくり返して腹側を拭こうと持ち上げた瞬間、腰の辺りに激しい違和感が走り、激痛で動きが止まりました。それでもなんとか無事にカメを着地させたのは飼い主の愛(?)ですが、それっきり身動きがとれない状態に……しばらくコルセットを装着して生活を送る事になりました。

とはいえ、現在、私は55kgオーバーのカメを引っくり返す事が出来ているので、この時の決定打は重さそのものではなく、中腰の姿勢にあったのだと思います。

ぎっくり腰を起こさないためには、しっかりと腰を入れて、「自分は重たいものを持つんだ!」と自覚する事が重要です。

腰を入れて姿勢を正しくすれば、女性でも55kgを動かせると思います。実際、私は今まで一度もカメを落とした事がないんですから。とは言え、これは飼い主パワーという代物かもしれません。世のお母さんは重たい米袋は持てなくても同じ重さの我が子は抱えて歩けるらしいので(母の愛は偉大!)、それと同様の「飼い主のチカラ」という可能性が高いです。

甲羅の下に手を入れるべからず

巨大ガメならではの怪我として、下敷きになる、というのがあります。

足を踏まれただけでも結構痛いのですが(55kgが4本脚に分散したとしても、脚1本に13.75kgの計算)、足は防ぐのが簡単です。私の場合、庭用の長靴は爪先に鉄板が入った「安全長靴」にしています。

ドラゴンの様な逞しい前足!

要注意なのは、飼育スペースを掃除するときです。カメというのは犬猫と違ってトイレのしつけができないので、掃除は欠かせません。なんたって、自分の排泄物を踏んで歩き回りますからね。

ですので、排泄しているのを見かけたら即掃除が鉄則です。

一刻も早くブツを撤去しないと、被害が拡大してしまいます(余談ですが、私の場合はペットシーツを雑巾代わりに使っています。そのまま捨てられるので便利!)。

ただし、この時に注意しなくてはならないのが、甲羅の下に手を入れない事。

大きいカメは手足も太いので、甲羅の下には人間の手が入るだけのスペースがあります。カメが汚れの上を歩こうとしていると、慌てて甲羅の下を掃除したくなりますが、これは大変危険です。というのも、甲羅の下のスペースは「人間の手が入るけれど、動かしたら甲羅に当たる」程度しかないのです。甲羅に手が当たると、カメはビックリしてしまいます。そして、カメはビックリすると脚を引っ込めるのです。

そうすると、それまで脚の分だけあった甲羅の下のスペースは一瞬でゼロになり、甲羅の下に差し入れた手の上に、55kgオーバーの身体が落ちて来る、という訳です。

甲羅は硬いのでクッション性はゼロ。岩……とまでは言いませんが、ゴムハンマーで殴られたようなもので、指は痣で変色し、1週間位は指が曲がりません。

まとめ:粗忽を憎んでカメを憎まず

このほかにも、カメ絡みの怪我はいろいろありました。

不意に突進してきた時は脛に甲羅が当たって痛かったし、しゃがんでいるところに後ろから体当たりされた時は、転んで手を擦り剥きました。

怪我はなくても、着ているシャツを齧られた事は何度もあります(薄手のシャツはカメに噛まれると穴が空きます)。しかし、これらの怪我は人間が注意していれば防げるもの。カメには言葉が通じませんし、犬猫と違ってしつけも出来ないので、とにかく人間が気を付けるしかありません。

注意不足で怪我をしたなら、カメが悪いのではなく、うっかりしていた私が悪いのだ、と思っています。

『粗忽を憎んでカメを憎まず』

これがケヅメリクガメ飼育20年間に得た私の結論です。

……念のため言っておくと、猫を飼っている人が引っかかれても猫が好きなように、私もカメが好きです。

自分のカメと他所のカメは見分けられますし、自分のカメは世界一可愛いと本気で思っています。しかし、カメを20年飼うと、「諦観」という言葉を噛み締めるようになりますね。

スポンサーリンク
記載内容につきまして

掲載記事に関しまして

当サイトの掲載記事は、UZUREA.NETスタッフやパートナーライターの主観によって執筆しています。内容については、実際の事象やスペック、用途と異なる場合がございます。
また記載する製品やサービスの内容が正式スペックや保証範囲の適用外となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をSNSでシェア