動画紹介 韓国発のビデオゲーム式バッティングセンターがすごい!バッセン新時代!

執筆: UZUREA編集部 アイコン UZUREA編集部

この記事をSNSでシェア

手軽に野球のバッティングとその爽快感を楽しむ事ができる『バッティング・センター』。老若男女を問わず、今でも多くの人達が気軽に楽しめるレジャーとして人気ですが、今回ご紹介するYoutube動画では、そんなバッティングセンターの最新事情を知る事ができます。

スポンサーリンク

最新の設備でバッティングセンターがVR野球に!?

Youtube 韓国のバッティングセンターはとても面白かった!スクリーン野球・LOTTE FITIN 東大門店5階

Youtube『トミモトチャンネル』が紹介するのは、韓国にある『LOTTE FITIN 東大門店5階』にあるバッティングセンターです。

ここのバッティングセンターでは最新の機器を導入し、試合形式でバッティングを楽しむ事ができます。

前方に大きなスクリーンが

一見して、馴染のあるバッティングセンターとは様相が違います。

前方にはスクリーンがあり、その中ではCGの球場と選手たちが動いています……。

プレイ前に、端末でチーム名などを設定します

プレイはゲーム形式で楽しめるらしく、まずはバッティングルームの外で各種設定を行えます。

設定が終わり、バッターボックスで実際の球を打ち返す、と言う流れは同じの様ですが……

映像と連動し、投球がスクリーンに空いた穴から発射されます。臨場感抜群

大きな画面とスピーカーから、野球の実況や映像が流され、否が応にもテンションがあがりそう。

バッターボックスの足元にあるペダルを踏むと投球される仕組み

ゲーム形式でバッターボックスにはいる為、バッターが足元の『ペダル』を踏む事で球が投げられます。これなら焦って交代したりしなくて良いし、安全ですね。

CG連動により投球タイミングも測りやすそう

場内の歓声や、実況アナウンスなどもあり、『実際の球をバットで打つ』という行為がある為、より現実に近いVRゲーム、という印象も。

ゲッツー崩れ……

バッティングの結果によってよって、進塁できたり、凡打に終わったりと、判定が下されます。

ヒットで思わずガッツポーズ!

どうやら、打球の方向、スピード、回転数などを瞬時に判読する高度なセンサーがルーム内にあり、それによって、アウト、ヒット、2塁打……ホームランなど判別されている様です。

う~ん、高機能!

試合形式のプレイが終了すると集計も確認できます

一通り、ゲームが終了すると、試合結果がモニターに表示されます。

多人数で遊びに来てもかなり盛り上がれそうです。

まとめ 関連情報

バッティングセンターと聞くと、ややアナログな印象がありますが、最新の技術と設備によって新しいスタイルのバッティングセンターも登場している様です。

アメリカではベースボールプレイヤーが、同様のシステムを用いてフォームやバッティングの自己分析などに利用する事も有るそうです。

なお、動画では韓国のバッティングセンターが紹介されていますが、国内では東京都町田市で『リアル野球ゾーン』と言う名でプレイが出来たそうです。……が、同サービスは既に2017年11月12日に閉店してしまったそうです(残念!)

リアル野球ゾーン webサイトより……既に閉店(泣

そんな訳で、韓国へ旅行に行った際には是非『LOTTE FITIN東大門店5F』へ足を運んでみてください!

ご紹介した動画には続編もある様なので、ご興味のある方は下記より『トミモトチャンネル』さんへアクセスしてみてください。

2018年11月5日追記

イオンモール幕張新都心にある『レジェンドスポーツヒーローズ』という施設にて『レジェンドベースボール』という名前で同様(?)のアトラクションが楽しめるという情報をメールにていただきました。匿名希望様、ご情報ありがとうございます!

スポンサーリンク
記載内容につきまして

掲載記事に関しまして

当サイトの掲載記事は、UZUREA.NETスタッフやパートナーライターの主観によって執筆しています。内容については、実際の事象やスペック、用途と異なる場合がございます。
また記載する製品やサービスの内容が正式スペックや保証範囲の適用外となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をSNSでシェア