Joomla! 無料エクステンション『J2XML』で記事やカテゴリをエクスポート/インポート

執筆: sirent-shy (uzurea) アイコン sirent-shy (uzurea)

この記事をSNSでシェア

今回はCMS『Joomla!(ジュームラ!)』 で中~大規模の会員制サイトやECサイト、ポータルサイトなどを構築する際に役に立つ無料のエクステンション『J2XML』を紹介したいと思います。

Joomla!は非常に優秀なCMSでJ2XML自体も以前から存在するエクテンションですが、国内ではWordPressなどと比較して日本語の情報がとても少ないため、この記事が皆様のJoomla!運用・開発でのお役に立てばと思い記載しておきます。

※本記事はJoomla! 3.8.2での動作結果を元に記述しています。

エクステンション J2XMLとは

Joomla!に登録されている記事やユーザ、カテゴリなどのデータをXML形式でエクスポート/インポートができるエクステンションで、ダウンロードは公式エクステンションページから可能です。

Joomla!をCMSとして利用する場合、中規模~大規模なサイトとなる場合も多いと思うのですが、数十~数百、時には数千件ある様な大量のコンテンツを管理画面から主導で登録するのは大変ですよね。そんな時に活躍するのがこのJ2XMLです。

具体的には、下記の様なシーンで役に立つと思います。

  • 現在のJoomla!を別サーバに引っ越しするときのデータ移行
  • テスト環境から本番環境へのデータの移行
  • 情報ポータルサイトやECサイト新規構築時のデータの一括登録

J2XMLの基本的な使い方

早速基本的な使い方を紹介します。

なお、今回は例として1記事をエクスポート/インポートする画像で紹介していますが、もちろん複数記事やカテゴリ単位での記事のエクスポート/インポートができます。

また、基本的な操作方法は直感的に分かりやすいものですので詳細説明は割愛しますが、ご質問があれば当記事のコメント欄などからお気軽にどうぞ。

J2XMLでできること

J2XMLでエクスポート/インポートできるJoomla!のデータは下記です。

記事
カテゴリ
※親カテゴリ>子カテゴリ>孫カテゴリのような
階層構造を持ったカテゴリも可能
ユーザ
Webリンク
閲覧アクセス
タグ
連絡先

これら以外にもサードパーティ製プラグインに対応やURLからインポート(恐らく外部サーバからデータを抽出?)が可能という説明が公式ページに記載されています。

J2XMLのダウンロード

Joomla!のオフィシャルエクステンションページからJ2XMLをダウンロードします。

GET JXML (V3.3.20※) をクリックします。 ※当記事執筆時点の最新バージョン

Download now をクリック

J2XMLダウンロードページ: https://extensions.joomla.org/extension/j2xml/

J2XMLのインストール

続いてダウンロードしたJ2XMLをJoomla!管理画面からインストールします。

Joomla!のエクステンションをインストールする方法ほぼ同じですが、念のため記載しておきますので参考までにご覧ください。

Joomla!管理画面にログイン後、上部のナビゲーションから

エクステンション > 管理 > インストール

と推移し、『Jiimlaエクステンションのアップロードとインストール』欄から

『またはファイルを参照』をクリック。
※もしくは J2XMLのzipファイルを管理画面にドラッグアンドドロップ

下記のように、『パッケージを正常にインストールしました。』とメッセージが表示されればインストール完了です。

データのエクスポート方法

まずは記事のエクスポート方法をご紹介。

Joomla!管理画面、ヘッダーメニューから

記事 > 記事の追加

と選択し…

エクスポート画面への推移

エクスポートしたい記事のチェックボックスにチェックを入れ、『Export』を選択すればOKです。

エクスポートする記事を選択

下記のデータがXMLファイルとしてエクスポートされます。

  • 記事
  • ユーザ
  • 連絡先
  • カテゴリ(階層構造があれば子カテゴリ配下を含む)

データのインポート方法

続いて、J2XMLの真価を発揮する多数データの一括インポートを順を追ってご紹介します。

サンプルとしてカテゴリに茨城県(関東 > 茨城県 > 市区町村)の都市を登録し、それらのカテゴリを設定した投稿データを30件程で登録したいと思います。

茨城県を選んだ理由は筆者が鹿島アントラーズが好きだという理由です

Joomla!管理画面から

コンポーネント > J2XML > Control Panel

と選択します。

インポート

更に、Openボタンを選択した後、

インポートしたいXMLファイル名を選択(今回はsample0.xml) > Import

と操作します。

インポートファイルを選択

インポート成功のメッセージが表示されれば完了です。

”….. successfully imported.”というメッセージが表示されます

以上でOK。ファイルがアップロードされ、エラーがおきなければ記事が追加されます。

まとめと補足

以上、簡潔ですがJ2XMLのご紹介となります。

シンプルですが、こういった機能は中規模~サイトでは必須となりますので、実用性は高いと思います。データの登録などはできるだけ自動化し、他のことに時間を割いて品質の高いサイトを作りましょう!

尚、同エクステンションはデータの一括登録に役に立つものですが、2018年1月現在確認できる最終アップデートは『Aug 18 2016』となっている為、Joomla! 3.7(2017年6月公開)から追加されたカスタムフィールドのデータはエクスポートもインポートも出来ません

カスタムフィールドの一括登録ができるエクステンションも探したのですが、今のところ見つける事ができていません。

ご存知の方がいたら情報提供いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
記載内容につきまして

掲載記事に関しまして

当サイトの掲載記事は、UZUERA.NETスタッフやパートナーライターの主観によって執筆しています。内容については、実際の事象やスペック、用途と異なる場合がございます。
また記載する製品やサービスの内容が正式スペックや保証範囲の適用外となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をSNSでシェア