iClever Bluthoothキーボード『Maruko (IC-BK13)』実機レビュー 【製品提供記事】

執筆: UZUREA編集部 アイコン UZUREA編集部

この記事をSNSでシェア

iCleverの薄型Bluthoothキーボード『Maruko (IC-BK13)』実機レビュー 【製品提供記事】
iCleverの薄型Bluthoothキーボード『Maruko (IC-BK13)』実機レビュー 【製品提供記事】

2019年3月5日に発売した、薄型Bluthoothキーボード『Maruko (製品型番:IC-BK13)』。

パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンでも使う機会が増えているキーボード。 2019年3月5日(火)にiCleverより発売さ...

人間工学に基づいたスタイリッシュなデザインで、164gと超軽量。そして最大3台までペアリングが可能という便利さの上、低価格……という事もあって発売から3日程で一時品切れになる程の人気の様です。

今回は、同製品の実機レビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク

iClever Maruko (IC-BK13) レビュー

iClever 『Maruko』は、外出先でのスマートフォン/タブレット操作時にキー入力を可能にするモバイル用キーボードですので、重さやサイズといった携帯性、そして出先でのメールや業務データ入力に際してのキータッチのしやすさなどといった所を中心にレビューしてみたいと思います。

製品のパッケージと同梱品

まずはパッケージと同梱品を確認、開封の儀です。

iClever Maruko (IC-BK13) パッケージ

iClever Maruko (IC-BK13) パッケージ

箱をあけると、本体は持ち運び時に便利そうなポーチに入った状態で梱包されていました。

iClever Maruko (IC-BK13) 箱を開封

iClever Maruko (IC-BK13) 箱を開封(上部の白い箇所の裏にUSBケーブルが入ってます)

iClever Maruko (IC-BK13) パッケージ内容:充電用USBケーブル(A⇔Micro-B)/マニュアル/保証カード/ポーチ

iClever Maruko (IC-BK13) パッケージ内容:充電用USBケーブル(A⇔Micro-B)/マニュアル/保証カード/ポーチ

本体の他の同梱品は、マニュアルと、保証カード、ポーチとUSBケーブル(Type A⇔MicroB/長さ80cm位)です。

USBケーブルは、梱包材になっている段ボールの裏側に収納されていますので、ケーブルが足りない!と勘違いしないよう、ご注意を(私は少しあせって探しました)。

本体各部をチェック

つづいて『Maruko (IC-BK13)』本体の各部を確認していきましょう。

本体の角は、滑らかな曲線を描くようにデザインされています。表面はキーも含めて心地いいザラザラとした仕上げで、指紋や汚れが目立ちにくいようになっています。

78キー構成の本機は、テンキ―は有りませんが、上部にファンクションキーが有り、右下にはカーソル(矢印)キーも有ります。

※ちなみに、同デザインのテンキーも別売りで発売しています([Amazon PR] iClever テンキー IC-KP08)。

Maruko (IC-BK13) 上面からの写真(上)と、手元から見た時の写真(下)

上面から(上)と、手元から見た時……風の写真(下)

電源スイッチは裏(底)面。スイッチはその個所だけなので毎回裏を見なくても、ブラインドで何となく手探りでON/OFF操作も出来そうです。キーボードのチルトスタンドは有りません。

裏(底?背?)面。 電源スイッチはこの位置

裏(底?背?)面。 電源スイッチはこの位置

充電用のUSBコネクターは、向かって右側の側面にあります。USB Micro-B端子

は、Androidスマートフォンなどと同じなので、携帯時にケーブルの流用もしやすそう。

Maruko (IC-BK13) 右側面のUSB Micro-B端子。ここから充電する

右側面のUSB Micro-B端子で充電を行います

以上が本製品のボタンとコネクターです。余計な機構やコネクタが付いていない分、シンプルで操作に迷う事はなさそうです。

キーの操作感と、各種操作について

『Maruko (IC-BK13)』は写真でもわかるとおり、各種キーが丸くデザインされていて昔のタイプライターを連想します。 見た目にもちょっとお洒落ですが、他にも操作感を良くする為の細かいデザイン上のこだわりが有るようです。

ひとつ気が付いた点としては、本製品はユーザーに向かって手前側の横1列のキー、ctrlfn(ファンクション)start/alt optspaceカーソルなどはやや丸く膨らんだ形状になっており、それ以外のキーは逆にややへこんだような形状になっています。

『Maruko (IC-BK13)』手前1列のキーはやや丸く膨らんでいて、他のキーはややへこんでいます(イラストではやや誇張しています)

手前横1列のキーはやや丸く膨らんでいて、他のキーはややへこんでいます
(イラストでは誇張して描いています)

これがどういった事を意味するのか、具体的な公表はないものの、エルゴノミクス(人間工学)デザインを基づいて設計されているという本製品ですので、きっと心地よくタイピングする為の何かしらの効果があるではないでしょうか。

また、キートップの外周だけツヤツヤな処理になっているので、ブラインドタッチをしている時に、指位置のずれにも気付きやすくなっている気がしました。

キーストローク(押したときの上下差)は、『1.2mm(誤差±0.2mm)』というスペックですが、これも実際に触ってみたところ、低すぎず、高すぎず、程よい高さに感じます。これまでのモバイル用のキーボードの多くは、薄さや軽さを優先させている為か、ややキーの押し込みが物足りなく感じる事があったので、個人的にはこの点が特に気に入っています。

静音声の高いパンタグラフキー構造を採用によって、出先の静かな環境……喫茶店などでも、騒音を気にせず執筆に集中できそうです。

『Maruko (IC-BK13)』メーカー提供の画像:パンタグラフキー構造で静か

メーカー提供の画像:パンタグラフキー構造で静かに

機器とのペアリング設定

さて、では実際にBluthooth機器とペアリングを設定してみます。やり方はかなり簡単でした。

ステップ1 本体の電源をON

まず、本体の裏面にある電源をONにします。

本製品は省電力機能があるそうなので、常時に入れておいても良さそうですが、OFFになった状態ではペアリングできないので、念のため確認です。

『Maruko (製品型番:IC-BK13)』電源ONで本体右上の電源ランプが数秒点灯します

電源ONで本体右上の電源ランプが数秒点灯します

電源をONにすると、電源ランプが緑色に点灯しますが、ランプは数秒後に消えます。これも省電力を優先させての設計しょう。

Bluetooth 設定

fn キーと、 Bluetooth 1 キー(※)を同時に押します。

※今回はMarukoに対して1台目の端末とのペアリングなのでBluetooth1キーを操作しますが、2台目の場合はBluetooth2、3台目であれば、Bluetooth3 を押します。

『Maruko (製品型番:IC-BK13)』Bluthoothキーは色が違うので実に分かりやすいですね

fn + Bluetooth キーを操作 Bluethoothキーは色が違うので実に分かりやすい

Bluetooth ペアリング開始

fn キーと、 C pairing キーを同時に押します。

本体右上のBluetoothランプ(電源ランプの左隣)が点滅します

fn + C(pairing) キー操作でBluethoohランプが点灯

fn + C(pairing) キー操作でBluethoohランプが点灯

ペアリング設定する端末からBluetooth機器の検索

利用する端末(iPhone、iPad、Android、PCなど)側で、Bluetooth機器を検索し『iClever BK13 Maruko』(※)が出てきたら選択。

※機器によっては一瞬『KEYBOARD』とだけ表示される場合もあります。

iPad でのペアリング例 デバイスに『iClever BK13 Maruko』が出てきたらタップして接続

iPad でのペアリング例 デバイスに『iClever BK13 Maruko』が出てきたらタップして接続

設定完了! 利用開始

以上で設定は完了。 とっても簡単です。

『Maruko (IC-BK13)』とiPad Proをペアリング完了! サイズ感もバッチリで、感度も良好。

『Maruko (IC-BK13)』とiPad Proをペアリング完了! サイズ感もバッチリで、感度も良好。

本機はver3.0対応のBluetooth機器なので、2019年3月現在に発売されている殆どの機器で最大限にパフォーマンスを発揮して利用できるでしょう。

まとめ

タブレットや、スマートフォンといったモバイル端末の性能が向上し、業務にも利用できるアプリが充実してきた昨今、ノートPCを持ち運ぶユーザーも減ってきているのではないでしょうか。反面、文字入力という面では、モバイル端末はタッチパネルではどうしても効率が良くない事もあり、Bluetooth対応のモバイルキーボードの需要も多くなってきています。

本製品は、そんな需要にあわせて、携帯性や長時間稼働といった基本的な機能もしっかりと作りつつ、一歩進んで『キータイプの負担軽減』『キータイプのしやすさ』といった面にこだわってデザインされています。

更に最大3台までペアリング設定を保持し、簡単な操作で切り替えが可能だという面でも、タブレットやスマートフォンを中心としたビジネス・スタイルのユーザーにとっては最適な選択肢のひとつだと思います。

折り畳みタイプなど、多くのモバイルBluetoothキーボードを販売している『iClever 』ブランドですし、価格も3,800円前後(2019年3月 発売日前後)とお手軽な部類ですので、モバイルキーボードの導入を検討している方へはかなりお勧めしたい製品です。

難点を挙げるなら……

あえて難点をあげるとすれば……写真を見るとわかるように、本製品には各キートップに『かな表記』がありません。なので、日本語を『かな入力(※)』していて、まだブラインドタッチが出来ないユーザーにとっては、少し使いにくいかもしれません。

※逆に、日本語をローマ字入力しているユーザーであれば、この点はそれほど気にならないでしょう。


関連リンク


スポンサーリンク
この記事が気に入ったらハートをクリックしてください

※SNSと連携していない、当サイトだけの評価ボタンです。お気軽に!
Loading...

この記事をSNSでシェア