動画再生ソフト 『GOM Player Plus』 1,500円で4K/UHD動画も快適再生可能【製品提供記事】 | uzurea.net

動画再生ソフト 『GOM Player Plus』 1,500円で4K/UHD動画も快適再生可能【製品提供記事】

執筆: ぽいんとう アイコン ぽいんとう

この記事をSNSでシェア

DVD、Blu-Rayや、保存した動画データを再生するアプリケーションは何を使用していますか? Windowsでは、8、10にOS搭載のDVD再生機能が無く、その選定に悩むユーザーも多いのではないでしょうか。

今回紹介する動画再生アプリケーションは無料で使える『GOM Player(ゴムプレイヤー)』の上位有料版にあたるWindows用ソフト 『GOM Player Plus(ゴムプレイヤー プラス)』です 。

スポンサーリンク

動画再生ソフト『GOM Player Plus』

GOM Player公式サイトには、『動画のすべて、NO.1メディアプレイヤー』という印象的なキャッチフレーズが記載されています。

Gom Player 公式サイト 『システム動作環境を確認するする』
Gom Player 公式サイト 『システム動作環境を確認するする』 ^^;

同シリーズの特徴としては、

  • 多彩な動画フォーマット再生に対応(
  • GOM Player独自のオンラインデータベースから利用可能な『映画字幕サポート』
  • 『360°VR動画再生機能』
  • UHDや4K動画にも対応

などが挙げられます。

対応動画フォーマット : avi、 ogm、mkv、mp4、k3g、ifo、ts、asf、wmv、wma、mov、mpg、m1v、m2v、vob、m4v、3gp/3gp2、rmvb、rm、ogg、flv、asx(映像) 、dat などに対応

無料版『GOM Player』と、有料版『GOM Player Plus』の違い

無料版の『GOM Player』も、多くの機能が利用でき、便利なアプリケーションですがインストール時や、アプリケーションの起動時にプレイヤー内に広告が表示されます。

広告が表示されるGOM Player無料版
広告が表示されるGOM Player無料版

有料版の『GOM Player Plus』は、この広告が非表示になるというのが一番の違いでしょう。 また専用のデフォルトスキンはフラットデザインのすっきりとしたUIに進化しています。 あとは困ったときのカスタマーサポートが有るか無いか、といった所。

利用料金は無期限ライセンスで1,500円と、とてもリーズナブルです。

インターフェイスも洗練され、広告も無い『GOM Player Plus』
インターフェイスも洗練され、広告も無い『GOM Player Plus』

無料版のUIと比べ、ボタンなども大きくなり、操作もしやすいのではないでしょうか。

『GOM Player Plus』をインストールする手順

『GOM Player Plus』を導入する手順はオンラインだけで簡単に行う事ができます。 まずは 『GOM Player Plus』のwebページにアクセスして、ページ下部のからインストーラーをダウンロードします。

『GOM Player Plus』のインストーラーをダウンロード
『GOM Player Plus』のインストーラーをダウンロード

64bit版と32bit版があり、それぞれ2GB以上のRAM(メモリー)と200MB以上のHDD容量が最小システム要件です。

ダウンロードが完了したファイルをダブルクリックなどで起動するとインストールが開始します。 最初に言語設定ができますので、日本語を選択してOKを押せば、後は、セットアップウィザードに従って操作していけば程なくインストールが完了します。

ライセンスの購入とライセンス登録

続いて公式サイトのライセンス購入ページにアクセスし、ライセンスの購入と登録を行います。 なお、無期限ライセンスですので1,500円でずっと使い続けるのは嬉しい所。

上記ページから、画面右側の『購入する』ボタンクリックでライセンス購入ページに推移します。

『GOM Player Plus』 ライセンス購入ページ 購入画面
『GOM Player Plus』 ライセンス購入ページ 購入画面

決済方法は、各種クレジットカードの他、銀行振込、コンビニ決済、WebMoney、NET CASH、nanaco、ビットキャッシュ、PayEasyなどに対応しています。 購入にあたっては、メールアドレスや決済情報に応じた入力が必用なので、間違えないように設定しましょう。

購入手続きが完了すると、メールアドレス宛にライセンスが発行されますので、『GOM Player Plus』を立ち上げて、ライセンスキーを入力する画面に登録します。

『GOM Player Plus』 ライセンス入力画面
『GOM Player Plus』 ライセンス入力画面

※もし上記画面が表示されない場合は、PCの買い替えなどで一旦認証を解除する場合は、GOM Player Plus上部の歯車アイコン(設定)をクリックし、設定画面から入力や認証解除が行えます。

登録が完了すると、次の画面が表示されて立ち上がります。

『GOM Player Plus』 ライセンス入力完了後の画面
『GOM Player Plus』 ライセンス入力完了後の画面

『GOM Player Plus』を使用してみての感想

『GOM Player Plus』の優れた点

『GOM Player Plus』は、動画を再生するまでの操作や、設定が分かりやすいという点が優れています。 各種のボタンUIは解りやすく、直感的に操作できるので利用者はすぐにこのソフトウェアに慣れる事ができるでしょう。

基本的な再生ボタンの他、画面右下のアイコンをクリックする事で、再生スピードやエフェクトを行える『コントロールパネル』や、『プレイリスト』を表示させる事ができます。

GOM Player Plus 画面右下のアイコンで様々な機能を制御
GOM Player Plus 画面右下のアイコンで様々な機能を制御

またサイズが大きい動画ファイルを再生しても、PCの負荷は小さく、途切れることなくサクサクと動作しました。 無料版と比べ、より動作が軽く感じました。

画面上部の歯車(設定)アイコンから開く環境設定画面』からも、さまざまな設定が可能です。

GOM Player Plus 環境設定画面
GOM Player Plus 環境設定画面

無料アプリ『GOM Remote』利用でリビングでも活躍

GOM Playerのオプション機能に、スマートフォンでGOM Playerを操作できる『GOM Remote』という機能があります。

『GOM Remote』 でスマホが動画プレイヤーの動画に大変身!
『GOM Remote』 でスマホが動画プレイヤーの動画に大変身!

これは、スマートフォンと、Windows両方に『GOM Remote』アプリをインストールする事で、スマートフォンをテレビのリモコンの様に操作して動画を操作できるという物です。

『GOM Remote』イメージ
『GOM Remote』イメージ

大型液晶やプロジェクターモニターにWindowsを接続して動画を閲覧するような環境を構築する人であれば、この機能でより快適に各種映像を楽しめるのではないでしょうか。

『GOM Player Plus』の残念な点

公式サイトでもアピールしている『字幕機能』についてはまだ発展途上の機能でしょうか。 ディスクや動画ファイルとの紐づけは公式サイトからテキスト検索するのですが、手もとの動画で試したところ最適なものはヒットしませんでした。

GOM Player Plus Resource Center
GOM Player Plus Resource Center

2019年8月現在213,211件の字幕データ登録が有るようですが、世界各国の言語が検索対象となるようなので、動画メディアの件数などと比べるともっと登録が増えないと『便利な機能』として利用できないように思えました。

また、GOM Player Plusは2019年8月現在、Mac版が提供されていないので、Macユーザーはこの便利なソフトを利用する事はできません。(無料版 GOM Playerは提供されています)

まとめ

『GOM Player Plus』は、4K動画やUHDもサクサクと再生できる動画再生ソフトとしてコストパフォーマンスに優れたアプリケーションです。

実際に利用してみて、広告が出ないといっただけでなく、各部が無料版とくらべて快適にかんじました。 1,500円という価格で無期限に利用できるので、Windowsユーザーは利用を検討してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら『いいね!』または『フォロー』で最新情報をチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク