ラバライトの様な幻想的な”マクロの色”の世界を体験。没入型映像作品『GALAXY GATES -銀河の門-』

執筆: UZUREA編集部 アイコン UZUREA編集部

この記事をSNSでシェア

私達の日常には実に様々な色が溢れています。

植物などの自然・天然物は時にとても鮮やかな色で私達の目を惹き魅了します。そして人間はそれらを模して作り上げた各種塗料を見の回りの様々な物に用いて日常を彩っています。

今回はそんな『色』をテーマと素材に使用し制作された没入型映像作品をご紹介いたします。

『GALAXY GATES -銀河の門-』

『GALAXY GATES -銀河の門-』と名付けられたこのショートムービーはフランスのクリエーター、Anton OilhackとThomas Blanchardによるクリエイティブユニット『WEARECOLORFUL』による作品。

塗料、オイル、液状の石鹸などの素材を用い、色と色が混ざり合う過程を超高解像度で撮影して制作されたこの動画は、無機物から生まれた抽象的な映像ながら生命や宇宙の神秘といったスピリチュアルなものさえ感じる内容となっています。

時に植物の繊維を顕微鏡で見たように

サイケデリックな惑星アートの様だったり

この作品を制作するにあたって彼らは、4ヶ月もの間クリエイティブに集中し、その間撮影した素材のうちたった2%を厳選して使用したそうです。

様々な色が混ざり合う様は見ていて飽きません

抽象的なマクロの世界に宇宙を感じる映像

タイトルは 銀河の門

作品の公式タイトルに「銀河の門」と日本語が含まれていますが、彼らはこの制作過程で日本での旅行を行い、そこで新しく『開かれた』手法を用いているとの事。

一瞬も同じ瞬間がない映像達

その他の作品やウェブサイト

塗料やオイルを混ぜて表現するという手法としてはLiquid Light Showなどもありますが、超高解像度のマクロ視点で観測したこの作品には、新しい感動と発見を覚えます。

彼ら『WEARECOLORFUL』が気になる方は、webサイトやViemoを訪れて公開されている他の作品を見てみると良いでしょう。

忙しい日々にふと疲れたときや、クリエイティブのインスピレーションに、カラフルで幻想的な作品に触れてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
記載内容につきまして

掲載記事に関しまして

当サイトの掲載記事は、UZUERA.NETスタッフやパートナーライターの主観によって執筆しています。内容については、実際の事象やスペック、用途と異なる場合がございます。
また記載する製品やサービスの内容が正式スペックや保証範囲の適用外となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をSNSでシェア