DOMMUNE『電気グルーヴ』”だけ”の5時間=300分 DJ生放送! | uzurea.net

DOMMUNE『電気グルーヴ』”だけ”の5時間=300分 DJ生放送!

執筆: UZUREA News アイコン UZUREA News

この記事をSNSでシェア

インターネット・ライヴストリーミングチャンネル『DOMMUNE』が2019年3月26日 火曜日、電気グルーヴの楽曲だけを用いたプログラムを全世界に向けて配信するプログラムを行い、インターネットを中心に大きな反響となりました。

スポンサーリンク

DJ Plays “電気グルーヴ” ONLY!! 5HOURS!!!!!   WHO IS MUSIC FOR? MUSIC IS FOR EVERYONE!

日本国内初のライヴストリーミングスタジオ兼、ライヴストリーミングチャンネルであるオンラインメディア『DOMMUNE』は、2019年3月26日12:02分、同日の19時~24時の時間帯でDJ Plays”電気グルーヴ”ONLY』 WHO IS MUSIC FOR? MUSIC IS FOR EVERYONE!と題し、電気グルーブ楽曲のみでのDJ配信を行う事を告知しました。

出演DJは、DJ WADAKEN ISHIISUGIURUMNLicaxxxと、いずれも国内外で高く評価されるテクノ・ダンスミュージックのトラックメーカー&DJ。

DOMMUNE 配信スタジオでの観覧は、オンライン予約 先着50名までとなっていますが、オンラインでは世界中どこからでも視聴し楽しむ事ができます。

インターネット ストリーミング配信の視聴はこちらから! http://www.dommune.com/

開催趣旨

WHO IS MUSIC FOR? MUSIC IS FOR EVERYONE!今回のピエール瀧氏の逮捕を受け、地上波のワイドショーでは、電気グルーヴ、ひいてはテクノミュージック/クラブカルチャー全般を、”違法薬物が蔓延している悪の巣窟”であるかのような報道が連日なされています…。世界のエレクトロニック・ミュージックを歴史的/学術的な観点から切り取り、SNS黎明期より数百時間にも及ぶ番組を 積極的に配信してきました我々DOMMUNEは、サブカルチャーの豊かな源泉であるクラブシーンを、ゴシップとして消費しようとするこのような報道に関しまして、大変遺憾なことと受け止めております。 そんな我々の番組に過去5回に渡ってご出演頂いた坂本龍一さんも、報道後すぐに「音楽に罪はない」と苦言を呈されていました。

(中略)

音楽メディアであるDOMMUNEは、ミュージックラヴァーの意思を受け、急遽本日3/26火曜日、まる1日5時間、電気グルーヴの音楽のみがプレイされるプログラムを全世界に向けて配信することに致しました。これはDOMMUNEがいま世に投げかけるべき精一杯の音楽愛、そしてこれまでエレクトロニック・ミュージックの”礼楽”を我々に与え続けてくれた電気グルーヴの産み出した音楽への敬意の表明だと考えました。 題して「DJ Plays “電気グルーヴ” ONLY!!!!!」本日は石野卓球氏主宰の「WIRE」にこれまで出演してきたアーティスト達 = DJ WADA、KEN ISHII、SUGIURUMN、Licaxxxがリスナーを代表し、19:00-24:00までの合計5時間、これまでリリースされた彼らの全音源からセレクト/プレイして、唯一無二の電気グルーヴの世界をサイバースペースに響かせてくれる筈です。

DOMMUNE 開催告知より一部抜粋 全文はリンク先にて

出演DJプロフィール

DJ WADA

「あまりにも長くDJをやりすぎて、生活がDJになってしまった。DJ抜きの生活は考えられない」(「ele-king」誌 1998年10,11月号インタビューより)

‘80年代初頭、六本木のディスコよりDJとしての活動をスタートし、現在そのキャリアは約30年を超えるDJ WADA。その豊富な現場での経験から来る、一見しただけでは説明できないほど複雑なEQの操作と巧みなフェーダーさばきに代表される正確無比なテクニックは、筋金入りのパーティー・フリークや同業者であるDJ達からも熱い支持を受ける。

KEN ISHII

アーティスト、DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、1年の半分近い時間をヨーロッパ、アジア、北/南アメリカ、オセアニア等、海外でのDJで過ごす。’93年、ベルギーのテクノレーベル「R & S Records」からデビュー。イギリス音楽誌「NME」のテクノチャートでNo.1を獲得、その名を世界に知らしめる。’95年、アルバム「Jelly Tones」(R&S/SONY)をリリースし、大ヒットを記録。’96年には「Jelly Tones」 からのシングル「Extra」のビデオクリップ(映画「AKIRA」の作画監督/森本晃司監督作品)が、イギリスの “MTV DANCE VIDEO OF THE YEAR” を受賞。世界に通用する音作りができる日本人のパイオニア的存在として、ワールドワイドで高い評価を得る。

SUGIURUMN

BASS WORKS RECORDINGS主宰。これまで7枚のオリジナルアルバムを発表し、シングルも世界各国のレーベルよりリリース。3シーズン連続で務めたPACHA IBIZAのミックスCDも好セールスを記録した。DJとしても24時間セットを幾度となく敢行。近年もIbizaやMancesterなど、頑丈な体と精神を存分に生かして、ワールドワイルドに精力的に活動している。2013年よりスタートさせた自身のレーベル、BASS WORKS RECORDINGSはすでに150タイトルを超え、ハイクオリティーなダンスミュージックを世界に発信し続けている。

Licaxxx

DJを軸に、ビートメーカー・エディター・ライター・ラジオパーソナリティーなど音楽にまつわる様々な活動を行う新世代のマルチアーティスト。

自身が愛するアンダーグラウンドな音への敬意を貫きながら、ジャンルや先入観に捉われずにLiquidroomを始めとする国内のあらゆるパーティーにDJとして出演。フェティッシュな選曲を貫きながらも、パーティーやオーディエンスのカラーにアプローチするDJが人気を博し、数々のメゾンのミュージックセレクター、ファッションブランドのショップサウンドにおける音のプロデュース、イベントの主宰やキュレーターを務める。

配信を終えて

同日は、多数のアクセスによりDOMMUNE Webサイトが一時的にアクセスしにくくなる程の状況に。SNSの情報によると、そうアクセスカウントは40万にも達成したとの事。(※配信はDOMMUNE Youtubeチャンネルにて閲覧も可能でした)

当サイトスタッフも配信元のDOMMUNEスタジオライブへ参加。ほぼ満員状態の中、参加者は皆、笑顔で楽しそうに電気グルーヴ楽曲を楽しむ最高の雰囲気でした。

会場は満員

会場は満員

会場内にはポスター (色稿?)

DJ WADA


関連情報

その後、TVメディアなど多媒体でも多くの反響があった同日の配信ですが、インターネット・ストリーミングコンテンツが……そして更に、音楽をDJ MIXして楽しむというカルチャーが、さまざまの媒体で注目され、議論されるという意味でも大変意義のある放送だったのではないでしょうか。

今回の企画や、その元となった事象に対しての意見は人それぞれですが、これまで目につく事の少なかったアプローチを行い、結果として、多くの人が注目し、議論する土壌を構築したという意味でも今回の企画はとても素晴らしい成果を残したのではないかと思う次第です。 DOMMUNEと宇川氏、出演DJ、そして参加した多くのリスナー達の活動が、新しい潮流を生み出していく事を願いたいと思います。

なお、石野卓球は 3月24日に、自身の関連楽曲のみでのDJ MIXをサウンドクラウドにて掲載、公開しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら『いいね!』または『フォロー』で最新情報をチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク